matyunagニャッシ

d0139939_22443619.jpg

特筆事項はないのですがちょっと更新しとこうよ、と。

かれこれ30数年生きてきて、いまさらながら気付くことが多くいやまことに恐縮というかただのアホというか、田舎に生まれ育ったからということにしておこうかおそらく関係ないなみたいな。

本を読むのは子供の頃から好きでした。

でもついこないだ、はじめてハードカバーの単行本?というものの価値に気付きました。フォントや行間、いわゆる装丁というヤツなんですかね?装丁というものをマツナガ発見しました。アホですともええアホです。
森見登美彦氏の「有頂天家族」が文庫化されましたね。
文庫を買おうかと思ったのですが、ハードカバーのほうの細かい町の絵が好きで。あの絵が載ってる方がいいなあって思ってブックオフで(重ね重ねごめんなさい)ハードカバーを買った次第です。

あと、いしいしんじ氏の「雪屋のロッスさん」を図書館で借りて読んだのですが、あれも凝った作りになっていました。ステキでした。
お話もとてもステキでした。

本にはそういう楽しみもあるんだなあと知ったのでした。

そろそろ読書の秋でよろしいでしょうか?
[PR]
by matyu_nao | 2010-09-06 22:54 | 読んだもの | Comments(4)
Commented by いぶ at 2010-09-07 15:08 x
さるすべりが美しいです。
いしいしんじの「プラネタリウムのふたご」、読みかけだったのを思い出しました
Commented by matyu_nao at 2010-09-08 11:51
いぷさん
ありがとうございます。・・・・もしかしてい「ぷ」じゃなくてい「ぶ」で・・すね?すすすすみません(笑)いぷさんでもかわいいなあと思ったんですけど(汗)
「プラネタリウムのふたご」読んでみます^^
Commented by いぶ at 2010-09-14 22:53 x
ぶだけどぷに見えるね!
Commented by matyu_nao at 2010-09-14 23:45
いぶさん
大変失礼しました☆「プラネタリウムのふたご」ただ今より読みます!