matyunagニャッシ

今さらですが。昭和史。

d0139939_21423765.jpg

京都は・・先斗町の外れで出会った姐さん↑

読みたいと思っていた本がちょうど図書館にあったので借りてきました。
これ。

昭和史 1926-1945

半藤 一利 / 平凡社


最近よく読んでいるChikirinの日記というブログで紹介されていたのです。

半藤さんが講義形式でお話しされたのをまとめた本で、とても読みやすいです。けっこうな厚さなんですがするすると読めます。
昭和のはじめから敗戦まで。
ひとつひとつの事件を詳しく語られることはないですが、年代順に線で繋がるように語られています。
おかげさまでとっ散らかっていた頭の中がまとまりました。
西暦と昭和が重なった。
戦争に向かっていく姿がよくわかった。

衝撃だったのは、沖縄戦とシベリア抑留についてです。

これから線に繋がった点を面にしていきたいです。
もうすぐ読書(と食欲)の秋ですからね。

あと、明治以降の天皇陛下は素晴らしい方々なんだなと。
国とか故郷というものについて考えたりしています。
そういうのもうちょっと若い頃から考える機会があってもいいと思うな。
[PR]
by matyu_nao | 2011-08-22 22:10 | 読んだもの | Comments(2)
Commented by satokin at 2011-08-29 14:50 x
初めてコメントします、satokinと申します。
昭和史、読破お疲れ様でした。
秋の味覚に触発されて
点と線が大きな面になりますことをお祈り申し上げます。
京都の姐さん、イイですね!
Commented by matyu_nao at 2011-08-29 21:24
satokin隊長
コメントありがとうございます。この度はお世話になります!!
京都の姐さんはなかなかドスがきいてましたw
ただいま山崎豊子「大地の子」に取り組んでおります。