matyunagニャッシ

頑固について考えた。

d0139939_20593814.jpg

最近よくグリーンスムージーを作っています。
セルフィーユは向いてないなって学びました。

ところでですね。
先日、友人に「頑固だからな〜」と言われました。
そいつぁー納得できねえなあ。デス。

私は基本的に人の話は聞きます。聞きますよ。
そこに異論はあるまい(誰への挑戦状だ)

んで、頑固指定をされた翌日に安富歩氏の「生きる技法」を読みましたらば、冒頭「はじめに」のところで

とはいえ、これが正しいかどうか、私には確信がもてません。どうぞここに書かれていることを鵜呑みになさらないでください。そしてご自身の人生のなかで、役立つところを役立てて、役に立たないところは捨てて下さい。(p16)

と書かれていました。
そうだよね!!!とガッテンしたの巻。

人からのアドバイスや話なんかはちゃんと聞いています。
そしてそれを、自分の中にあるフィルターを通して納得したら従うし、納得しなければそれは違う気がするぞ・・と思うのです。
そのフィルター(ザルでもふるいでも何でもいいけど)の目の詰まり具合が人によって違うだけなんじゃないでしょうか。

ふるいの方がイメージしやすいかな。
ふるいにかけて、残る方をとるか、下に落ちた方をとるかで逆になるんですが、例えば下に落ちた方を自分の中に取り入れるとしましょう。
すると、ふるいの目は詰まっている方が納得して自分の中に取り入れる割合がひくくなりますね。
詰まっていると「頑固だ」と言われやすくなるのかと。
でもそれだけ、自分の基準がハッキリしていると言うことになりますまいか。

頑固ってのはね(今日は(似非)江戸っ子だな)「立て板に水」っていうでしょ。アレですよ。
「聞き流す」っていうでしょ。あれもですよ。
聞き流すの方は、逆にふるいに残る方を取り入れるパターンですね。全部下に落ちちゃって、取り入れるものなど何もないという状態です。

というのを、お風呂で考えていました。
異論反論絶賛受け付けます。

だから、人にはそうそう「頑固だ」などど言わない方がよいと。
それって結局、自分が言ってることを聞かないなんてアホだなってことでしょ。自分どんだけ正しいんだ。

というわけで、ふるいの目は調節できないけど掃除はします。
感度を上げて取り入れられるように。
そして今度お風呂で「ふるいの目の大きさは調節できないのか」について考えてきます。
d0139939_21224450.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2012-06-16 21:22 | 日々あれこれ | Comments(0)