matyunagニャッシ

どれもおいしい。

d0139939_17515116.jpg

ドイツパン研究中。
どうしても食べ比べてみたかったんです。
この写真を撮りながら、これがやりたかったんだよ〜とニヤリとしてしまう。ええ。アホです。

ベッカライカフェリンデ「ロッゲンブロート」
ショーマッカー「ロゲンブロート」
アムフルス「ロッゲン」

の順で並んでいます。
まあ私が食べ比べてみたところで、それを語る言葉を持たないという。
ざんねん。

結論的にはどれも美味しかったです。あは。

ちなみに「ロッゲン」はライ麦、「ヴァイツェン」が小麦です。
ブロートがパンという意味なので、「ロッゲンブロート」というとライ麦のパンということになり、ショーマッカーとアムフルスのはライ麦だけでできています。
リンデのはライ麦82%だそうです。

今回は同じ名前で売られているものを比べたくて、これらを選びました。
リンデでは「ロッゲンザフトブロート」というのも作られていて、これはライ麦100%です。
「ザフト」はジュースという意味らしく、その名の通り水分が多い感じの生地です。

これね。↓リンデのロッゲンザフトブロート。
d0139939_1852764.jpg

これだと、ショーマッカーのロゲンブロートに似てるでしょ?
そういえば、ショーマッカーのロゲンブロートには粗挽きと細挽きがあって、今回のは粗挽きです。

ロッゲンとロゲンはお店の表記に従っています。念のため。

この中で一番複雑な香りがして、余韻も残ったのがショーマッカーのだったかなあ。
どれも「ドイツパンって固くてすっぱいんでしょ」という感じは、一切しませんでした。
ちゃんと作られたものは美味しいのです。

切ってない姿はこちら。リンデ。
d0139939_18104646.jpg

皮のところが香ばしくて良い。皮は固いんだけど、中と一緒に食べているうちに混ざってきて、飽きないです。オープンサンドとかで、どんな具にも合って良さそう。

ショーマッカー。
d0139939_1813590.jpg

上の焼き目が美しい。ワタシ美味しいデス、と言っています。

アムフルス。
d0139939_1814432.jpg


やっぱりドイツパンってやつは、一緒にハムとかソーセージとか食べたくなりますね!!
ちょっとパサッてしたハムとか!!

お腹へってきた。
まだまだ続きます。アホのレポート。うふふふふ。

あ、ドイツパンについてのオススメ記事→「パンラボ」ショーマッカーの回。
[PR]
by matyu_nao | 2013-05-05 18:23 | 愛しのパン | Comments(0)