matyunagニャッシ

ひき続き。古代小麦の巻。

d0139939_20261295.jpg

左がアムフルスので右がショーマッカーのです。
名前はどちらも「ディンケルブロート」

ディンケルはスペルト小麦(古代小麦)のことだそうです。
小麦の原種なんですって。
詳しくはこの西尾製粉のサイトへどうぞ。

アムフルスのディンケルブロートは白っぽいです。そして細長い。
d0139939_20182179.jpg

焼きが浅いパンの味がして(まんまですね)最後にほのかに甘みが残りました。
気泡が美味しそう。

ショーマッカーのはこんな。
d0139939_201938100.jpg

てっぺんが良く焼けていてころんとかわいい。
水分多めでもっちりして、ほのかに酸味があります。

同じ名前なのに全然違うものですねえ。
どちらもスペルト小麦100%だそうです。
私はどちらかといえばショーマッカーの方が好みでした。


あと、これはディンケルとは関係ないのですが。
ショーマッカーの「ベルリーナラントブロート」です。
d0139939_20275491.jpg

直訳するとベルリンの田舎パン。
なんでベルリンなのかは謎です。誰か教えて下さい。

ショーマッカーのベルリーナラントブロートはロッゲンとヴァイツェンが半分ずつだそうです。はい。覚えてますか?
ライ麦と小麦ですよ。
これは半分ずつということで、フランスパンのお店に売ってるのと同じような味。
あ、なんか食べ慣れてる味だ、と思いました。
でもサワー種を使っているからほんのり酸味があります。
上の良く焼けたカリカリもいい感じでございます。

まずいなんちゃってドイツパンを食べてしまって偏見がある方は、こちらから取りかかられるのもよろしいかと存じます。
そんなこんなで。もうちょっとひっぱります。ハイ。
[PR]
by matyu_nao | 2013-05-06 08:00 | 愛しのパン | Comments(1)
Commented by 履歴書の住所 at 2013-06-15 11:56 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!