matyunagニャッシ

秋の夜長に異文化について考える。

d0139939_182434.jpg

クリームパンを撮りおえて半分食べてしまいましたの図。

最近、和菓子の話かシャーロックの話かしか書いていない気がしますが、気にせず参りましょう。

So I'm basically filling in for your skull?
お気に入りのワトソンくんのセリフです。
一番最初のお話であるところの「A STUDY IN PINK」より。
このお話がシーズン2までの全6話のうちでいちばん好きかな。うん。

「SHERLOCK」のセリフをせっせと解読していると、推量を表す言葉の多さにうんざりします。話し手がどのくらいの確率でそう思っているかによって、選ぶ言葉が変わってくるわけですよ。覚えられんのじゃ。
しかも助動詞にも副詞にも、推量を表す用法やら意味があって一緒に使ったりするでしょ。
それだけ、自分がどう考えているかを明確に伝える文化なんだろうな、と思ったわけです。

日本語なんて、もうコレ全体的に「かもね〜」て感じですしね。で結局何が言いたかったんですかね?て人いますよねー。あははー。

まだ日本語字幕で見ていた頃に、「Thank you」てワトソンくんが何回か連発するシーンで「ありがとう、すみません」と訳されていたことが面白いなあと思いました。
そして「I'm sorry」って「ごめんなさい」という時と、「残念です」という時にも使うでしょ。同じ言葉で、そのふたつの気持ちを表す文化の人たちと分かり合おうなんて!!
昔の人たちはさぞ大変だっただろうなあと・・。

でもその一方で「more or less」は「多かれ少なかれ」という意味なんですよね。
同じだ!

違う言葉を話す人たちが、世界中に山ほどいるって面白いことだなーと素朴に感心しています。
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-30 18:57 | 日々あれこれ | Comments(0)