matyunagニャッシ

翻訳についてあれこれ

d0139939_1712532.jpg

ずいぶん前にフィルムで撮ったものをずいぶん前にスキャンした写真です。

お世話になっている方に教えてもらってこれを読みました。

翻訳教室 (朝日文庫)

柴田 元幸 / 朝日新聞出版


2004年10月から2005年1月にかけて、東大文学部で行われた柴田氏の翻訳の授業を、ほとんどそのまま文字化したものだそうです。
章の頭に元となる小説(英文)があって、それの翻訳についてあれやこれやと検討されていくわけです。

まえがきに

この本のなかで、ということは実際の授業のなかで、教師と学生たちが、それなりの熱を込めて論じ合っている/いた問題は、翻訳とか言葉の綾とかいった事柄に関心をお持ちでない方々からすれば、大半はどうでもいいことにちがいない。

という一文がありました。

ほんとそうだろうな、と(笑)
でも私は言葉の綾には昔っから興味があって、さらに近年(遅ればせながら)英語にも興味を持ち始めたので、たいそう楽しく読みました。
読み始めるとなぜかかなり集中できてしまう本で、電車の中では要注意でした。
言葉というものに興味関心がおありの方には、激しくオススメいたします。

で、この本がおもしろいのよーという話をしたら
元(?笑)オーストラリア人の友人(翻訳の仕事をしておられる)がこれを貸してくれました。

翻訳夜話 (文春新書)

村上 春樹 ・柴田元幸/ 文藝春秋


村上春樹氏と柴田元幸氏が翻訳に関するあれこれについて、語ったり質問に答えたりしたのを文字化したものです。
それと、同じテキスト(ポール・オースターのとレイモンド・カーヴァーの小説)をお二人がそれぞれ翻訳されたものが載っています。

この本も大変興味深かったです。
語られていることは翻訳についてのことなんですが、それは写真にも通じるところがあって、つまり何にでも通じるんでしょうね。
物事への対峙の仕方は普遍なんだなと思います。

最後の方、文章のリズムの話で柴田さんのこういう言葉があります。

僕、このごろますます感じるのは、やっぱり黙読してても呼吸はしてるんだなと思うんですよね。翻訳の授業をやっていても、ここに点を打て、全体に読点をもっと工夫しろとか、とにかくそればっかり言っているんですよね。こないだなんか、「この授業では、読点は人格上の問題だ」とまで宣言した。(p212)


こういう片寄った発言が大好きです、ワタシ。
そしてその通りだと思います。あは。
ブログを書いていても、SUMAUの連載 を書いてても、どこで読点を入れるかはいつも気にしています。
ここには入れたくないけど、でも平仮名が続いちゃって読みにくいかなーとか思ったら
どこかを漢字に直してみるとか。
何も考えてない風でしょうけども、意外と考えていたりしてたりする風なのですよ。意外と。存外。なにげに。

そんなこんなです。

そうそうそれとですね。
長編小説とかになると、翻訳には年単位の時間がかかるようです。
知らなかったー。すごいね大変なんだね。
海外文学をまた違った視点で楽しめるようになりましたよ。なに読もう!?まずは村上訳サリンジャーかな・・・
「SHERLOCK」をアホほど見るための口実から始まった英語学習ですが、
なんだか思わぬ感じで世界が広がっておりますデス。
楽しいデス。イエッフー。
[PR]
by matyu_nao | 2015-02-08 18:11 | 読んだもの | Comments(0)