matyunagニャッシ

和菓子研究所 椿餅

d0139939_20364022.jpg

『源氏物語』(三四帖「若菜上」)にも名前が出てくる歴史のあるお菓子だそうです。

とらやのは「煎った道明寺粉と肉桂を混ぜて蒸した生地で御膳餡を包み、椿の葉ではさんでおり、独特の香ばしさが特徴です。」とのこと。

ほんと肉桂の香りがほわーんとなかなか強烈でした。

椿の葉で挟むとか。なんか雅やかですね〜。
[PR]
by matyu_nao | 2015-02-27 20:43 | 茶道 | Comments(0)