matyunagニャッシ

和菓子研究所 蛤形

d0139939_21121213.jpg

『辞典 和菓子の世界』によりますと、貝の中でもっとも和菓子とのつながりが深いのは蛤だろうとのこと。
貝殻をうつわの代わりにして、飴とか錦玉羹(きんぎょくかん)を流し込んだものなどもあるそうです。

蛤って対の二枚貝が他の貝とは合わないということですが、アサリとかだと合うんですかね?なんか合わなそうですけどね。合ったりもするんでしょうね。
いかん。
こんなかわいい和菓子を前に、リアルなアサリを思い描いてしまった。
失礼しました。
[PR]
by matyu_nao | 2015-03-21 21:17 | 茶道 | Comments(0)