matyunagニャッシ

且坐喫茶

d0139939_12371320.jpg

私が通っている茶道教室は、昭和女子大のオープンカレッジです。残念なことに来年の3月で、オープンカレッジ自体がなくなることになってしまいました。残念すぎる。
良い先生や仲間に恵まれ、楽しく通っていたのですがねー。

3月以降どうするかについては、なくなるという話を聞いた時にすぐに決めていて迷いはありません。下手に他のカルチャーセンター的なところに移るより、いったんお休みした方が良いな、と。「辞める」という意識はないので、しかるべき時にしかるべき先生に出会えることだろうと思います。
お茶を始めた当初の、挙動不審にならずにお茶を頂けるようになりたいという目標は、ひとまずこれで達成です。
お茶の飲み方を忘れることはないだろうと思います。はは。

淡交社「なごみ」で同行させて頂いた、いしいしんじさんの連載「しゃざきっさ」でいろいろなお茶のかたちを垣間見ることができ、それをいしいさんの言葉で改めて確認させてもらうという贅沢な体験ができたことは、5年間続けてきた茶道の良いまとめになりました。

連載「しゃざきっさ」も『且坐喫茶』として出版されましたのゼヒ。

且坐喫茶

いしい しんじ / 淡交社


早いものでもう11月。炉開きの時期です。
というわけで、今週のお稽古で風炉は終わりでした。多分もう数年は風炉でお点前をすることはないだろうなあと、昨日のお稽古ではちょっと感傷的になりつつ丁寧にお点前が出来たと思います。
畳に正座して集中して、見えるものも見えないものも丁寧に扱う数十分間は大事な時間でした。またそういう大事な空間に戻れると良いなと思います。

多分、今度の目標は「挙動不審にならずに懐石を食べられるようになりたい」とかだと思われます。ふふふ。
来週からの炉のお稽古が楽しみです。
[PR]
by matyu_nao | 2015-10-30 13:03 | 茶道 | Comments(0)