matyunagニャッシ

中国東北部、旧満州の旅。まとめ。

d0139939_13281344.jpg

車のナンバーを集めてみたよコレクション。真ん中のは結婚式カー。クリックすると大きくなります。

9月17日夜。前日行けなかった大連港へ行こう自主開催オプショナルツアーの巻です。
ホテルから港までは大人っぽくタクシーを使うことになりました。3台に分乗。
ドアに「3公里10元」と書いてあった。公里はキロのようです。
d0139939_12441910.jpg

私たちが乗ったタクシーは若いお兄さんが運転手で
小さな音で中国のポップミュージックらしきものをかけていました。
大変ジェントルな感じでしたよ。降りるときバイバイと言ってくれました。
ちなみに大連駅近くのホテルから大連港付近にあるコンラッドホテルまでで14元ほどだったかと。
d0139939_12471995.jpg

満鉄マンホールらしきものも発見。
あいにく大連埠頭の待合所はきれいさっぱり跡形もなくなっておりました。
大連港務局らしき建物が古くて風格がありました。が、脇の茂みになぜかこんなのが。
d0139939_12493212.jpg

え?どこから来た?アラスカ?
とか思いながらしばし見入ってしまいました。
d0139939_12502638.jpg

そしてまた歩く。延々歩く。
d0139939_1242087.jpg

路面電車が格納されているのを発見してみたり。

なんかさあ。
道路脇の植え込みに有刺鉄線があったりするんですよ。あれはナゼ?
きわめつけは大連駅の植え込みですよ。有刺鉄線プラス電流だった。



d0139939_12522469.jpg

なんだかんだで結局ホテルまで歩いて戻りました。
ホテル前で私は皆さんと別れて、気になっていたホテル目の前の小道へゴー。
d0139939_1253153.jpg

d0139939_12533967.jpg

「中原小吃街」だって。屋台通り。賑わっていました。22時半ぐらい。
d0139939_12545897.jpg

d0139939_12561151.jpg

d0139939_1255625.jpg

d0139939_12551561.jpg

d0139939_12552481.jpg

ほんの100メートルくらいの長さなんですが、謎の食べ物がたくさんあってちょー楽しかったです。
d0139939_12562948.jpg

はいお疲れ様。濃い1日だったね。
翌朝の飛行機で帰国するのですが、添乗員さんからのモーニングコールがなんと4時半で。
そんなわけで、この晩はちきりんさんが部屋を解放してくださって
みんなで(もちろん出入り自由)議論をしようのちきりんナイトが催されたのでした。

私は3時半くらいまで参加しちょっと仮眠を取って夜明け前に向かいのローソンへ。
d0139939_136214.jpg

中秋節限定ローソン月餅をお土産に買おうと思ってさ。

律儀に機内食。
d0139939_137273.jpg

ずっと一緒だったガイドの宋さんとのお別れが切なかったです。
大連から成田に向かう飛行機では、機内販売は盛り上がってませんでした。

思い出の品。列車の切符。
d0139939_13113127.jpg

楽しかったな!濃厚かつ刺激的だったな。
行く前に、無念の死を遂げた方が大勢眠る土地だからいろいろ連れて帰ってこないでね、とか言われましたが(ちなみにそのような能力は皆無です)杞憂でした。

全てはアスファルトに覆われていた。

というのと、9月の中国東北部がとても美しかったのが強く印象に残っています。
d0139939_13151679.jpg

添乗員さんが毎日まとめてくださっていた旅の記録など。
添乗員ってのは大変な仕事なんだな!!とびっくりしました。

今回の旅で一番影響を受けたのは、添乗員さんの仕事ぶりだったかもしれません。
フリーランスとはいえ、甘えた仕事ぶりだな自分!と反省しました。

私も仕事が終わった後のアンケート(そんなものないけど)で「非常に良かった」にチェックを入れてもらえるようなカメラマンにならねばならん、と決意を新たにした次第です。

お付き合いありがとうございました。
ウス(おわり)







[PR]
by matyu_nao | 2017-10-06 13:34 | 旅ゆけば | Comments(2)
Commented by smile39 at 2017-10-09 22:29 x
matyu_nao様
とても興味深く読ませていただきました。ありがとうございました。愛新覚羅溥傑・浩夫妻をきっかけに、「満州国」に関心を持った自分としては撫順の戦犯管理所も次回は絶対に!U社さんのツアー初参加だったのですが、添乗員さんのお仕事ぶり、見事ですよね。安心感がありましたよね(´▽`) ホッ
Commented by matyu_nao at 2017-10-10 20:11
smile39さま
こちらこそありがとうございます^^
愛新覚羅溥傑・浩夫妻がきっかけだったのですねー。私も行く前に本を読んでおこうかと思ってたんですが、そこまでたどり着きませんでした。
撫順の戦犯管理所はなんかほっこりする(笑)しオススメです。
私はパックツアー自体初めてだったので、添乗員さんにはとても感心しました。ほんと安心感ありました!