matyunagニャッシ

正しい知識ともったいない。

d0139939_20285382.jpg

シニフィアンシニフィエの栗のパン。
なんだっけ。バゲット・オ・マロン。たぶん。
栗の粉が入ってます。季節じゃないのになぜかありまして、結構良いお値段だったのでかーなーりー悩んだけど買っちゃいました。うほほー。
しっとり甘くて栗風味。そして周りの焦げっぷりが香ばしくてステキです。

先日お仕事でご一緒したデザイナーさんと、パン屋談義をしていて
このパンの値段を言ったら「えー!?高いねー。ケーキより高いじゃん」とのこと。
ほう、なるほどね。そういう考え方もあるなあと。そう考えると安いなあ、と思った次第です。ハイ。


ところで、エコ談義の続きですけど。
今日はためしてガッテンをやってますね。関係ないけど「ためしてガッテンをやってる」と「ためしてガッテンがあってる」てどっちが方言でしたっけ?
あってるの方かな・・・?あれ。方言ですよね?
まあいいけど。
ためしてガッテンでエコ特集かなんかやってて、お料理対決があったんです。料理で出すCO2の量を競うってヤツです。
1・20年ほど前から環境問題に関心を持ち活動をしているエコおばさん
2・病院などで食事の指導などもやっている管理栄養士さん
3・あんまりやらないけど料理は好きなお嬢さん
この三人の対決です。

エコおばさんはすごいんですよ。茹でるよりレンチンとか、廃油は石けんにとかいろいろがんばっているんです。
管理栄養士さんは豪快です。おいしいが一番!な人でした。
お嬢さんは問題外で。油を流しに捨ててました。びっくりした。

で、この3人で何品か作ってCO2の排出量を計りました。結果は、エコおばさんと管理栄養士さんはほぼ同量。
なんにも考えないで豪快に料理をしているように見えた管理栄養士さんと、20年積み重ねてきたエコおばさんが同量です。
しかしここにカラクリが。管理栄養士さんはためしてガッテンマニアだったんですと。ガッテン流の調理法だと無駄がない、と。揚げ油なんか捨てなくていいらいしです。酸化するっていうけど、全然問題ないんだって。だから、濾して炒め物とかで使い切っちゃえば、それが一番無駄がないですよね。
もちろん、だからってエコおばさんがずっとやってきたことは素晴らしいことで、その価値が失われるものではないと思います。
これを見て大事だなあって思ったのは、正しい知識です。
知らなかった、ていうのが一番愚かですね。きっと。
竜馬も言ってました。ええ。
あ?竜馬じゃなくて司馬遼太郎が言ってたことになるの?
まあいいか。
というわけで、コチラにエコ調理対決のときの放送の内容がまとめてありました。
参考までに→ココー。

6月18日の記事で頂いたコメントに、もったいないというのが正しくエコなのかもねっていうのがあって、本当にそうだなあって思いました。
いやいや。さすが。ノーベル賞は伊達ではございません。

d0139939_2174039.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2008-07-02 21:10 | 愛しのパン | Comments(2)
Commented by yu-king at 2008-07-07 13:25 x
方言は「あってる」だと思います…。
今日はキャンドルナイトのイベントが各地であるんでしょうねー。
うちでロウソク灯したら、猫のヒゲが燃えそうで怖いからしません(笑)
もともと暗い環境が好きで、あんまり電気をつけないのでまあいいか、と普通に過ごします。

昨日、「素敵な宇宙船地球号」でグループエコ活動のが“あって”ましたー!
大体平均で20~30%削減できてる家庭が多いのですが、
なかに「マイナス90%」とかの家庭があって笑いました。
なぜに2倍に!?
Commented by matyu_nao at 2008-07-08 20:47
あるで正解?昨日さ、姉から送られてきた手紙やなんかのなかに、サガテレビのメモ帳が入ってて。キャラクターが「ミランバくん」だったw

しかしマイナス90%ってどうなの(笑)
私も暗いとこすき。ネクラなの☆塩さんはさすがに炎には一定の距離をとるのでは?生存本能とかさ。