matyunagニャッシ

トーキョーですきな場所

d0139939_23221443.jpg

やっと古川日出男「LOVE」を読了。
短い小説なのですが、日々眠くて眠くて。今日も眠いのでとっとと書いてとっとと寝ます(でも書きたい)目標24時。
明日も中華な日です。

最後のページにアンケートがありまして。
そこに「東京であなたの好きな場所、行ってみたいところはどこですか?」という質問がありました。
好きな場所といわれて、すぐに思いつかないどころか
考えても出てこないということが判明致しました。
あらあら。
行ってみたいところはいろいろありますが。
すきな場所ありますか?
東京タワーはすきだけど。ああそうか。首都高からいちばんよく東京タワーが見える、あそこを通るのはすきだな。
あれはどこなんだ?
普段の暮しでは「東京」にいる、という実感は全然なくてどこにいても同じだと感じますが、高いところに登ると「ああ東京なんだな」と思います。
これ前に書いた気がする。

ところで、読書感想文ですが(苦手)
この本で一番すきなエピソードは、さすらいの料理人丹下健次朗38歳のところです。ここが読みたくてまた借りて来たのです(図書館で・・買おうと思いつつも)
刑務所から出て来たばかりの彼は移動キッチンを背負って、人々の憂鬱を殺す旅をしています。
食材による贖罪の旅。
これから料理人を目指そうっていう若者にはぜひとも読んで頂きたい!
丹下健次朗は人間だけじゃなく猫も癒します。
本日の食材であるところの鯛を使って「鯛のぱらぱらソテー・ブルターニュ風」とかなんとか作っちゃって。
イカす。
そして返って来たのは「猫の笑顔」です。
ステキ。
大好きです。この小説。
まあ多分・・・読めない人は読めないだろうけど。
うーん無理。意味が分からん、みたいな。
古川日出男は好き嫌いが結構ハッキリ分かれるんではなかろうか。
それはそれでイタシカタナし。
でも、鴨と鯛はとても美味しそうです(結局そこかい)


「鴉、愛と啼け!」
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-02 23:49 | 読んだもの | Comments(2)
Commented by churaphoto at 2009-02-03 03:35
私の好きな所はね〜「昭和記念公園」です。
あそこはホントにイイ。春夏秋冬、いつ行ってもイイ。
あとは・・。う〜ん、これ!ってところは無いなあ。

食材による贖罪の旅。おお。
最近何か面白い本が無いかと探してたのよ。
君とは色々趣味が合うから、読んでみようかな。

Commented by matyu_nao at 2009-02-03 20:58
これまたすごい時間に・・・寝なさい。
昭和記念公園ですか。どこだ?探して行ってみるよ。

そだね。churaさんはいけるクチかもしれない。
ちなみに2006年の三島由紀夫賞をとった本なんだよ。・・・そんな前の話なのか(汗)