matyunagニャッシ

カテゴリ:音楽( 25 )

平和や愛や夢や希望もウソでなければ連れて行くよ

d0139939_171274.jpg

駒場、ルルソールのサンドイッチ。
初台のアニスというレストランのパテがででんと挟まっています。
感動の厚み。

ところで、昨日たまたまブルーハーツを聴きまして。
YouTubeの埋め込み方がわからない。
「青空」という曲の歌詞がね。

神様にワイロを贈り
天国へのパスポートを
ねだるなんて本気なのか?
誠実さのかけらもなく
笑ってる奴がいるよ
隠しているその手を見せてみろよ

生まれた所や皮膚や目の色で
いったいこの僕の何がわかるというのだろう

運転手さんそのバスに
僕も乗っけてくれないか
行き先ならどこでもいい


というところが特にこころに響いたわけです。
この曲は作詞も作曲もギターの真島昌利さんです。
甲本ヒロトさんの太くて柔らかい声は本当に良いなあと
今さらながらにしみじみと思ったわけですよ。
ブルーハーツはCDよりライブの方が良いですね。

愛するTHE BOOM にも「都市バス」という名曲があります。
バスが流行っていたのか?

あとね「情熱の薔薇」も良いね。
でもしじゅうにもなると、その薔薇を咲かせ続けるのは至難の技だともわかってきたりしたりしなかったりね。







[PR]
by matyu_nao | 2017-05-17 17:17 | 音楽 | Comments(0)

愛のかたまりだった

d0139939_2057109.jpg

1. 島唄
2. You're My Sunshine
3. Human Rush
4. TOKYO LOVE
5. berangkat-ブランカ
6. いつもと違う場所で
7. そばにいたい
8. 月さえも眠る夜
9. モータープール
10.10月
11. 光
12. 釣りに行こう
13. おりこうさん(メドレー:ないないないの国〜都市バス〜過食症の君と拒食症の僕〜逆立ちすれば答えがわかる〜雨の日風の日)
19. 蒼い夕陽
20. TROPICALISM
21. 手紙
22. I'm in love with you
23. この街のどこかに
24. 不思議なパワー
25. 風になりたい
26. 真夏の奇蹟
27. 世界で一番美しい島
28. シンカヌチャー

アンコール1
29. 星のラブレター
30. 明日からはじまる

アンコール2
31. 愛のかたまり


2014年12月17日、武道館にて。THE BOOM の最後のライブでした。
かっこよかったー。
セットリストはネット某所より拾ってきた物なのですが、返ってきてすぐメモってたのとほぼ同じでした。
エライ!私!
13の「おりこうさん」のメドレーに「きっと愛してる」も入ってた気がするんだけどなー。違ったかなあ。
とりあえず「いつもと違う場所で」が♪それが愛だ、と終わってからの「そばにいたい」で涙腺決壊。
ひとりで号泣してきました。
「月さえも眠る夜」が聴けたのが嬉しかった。
「不思議なパワー」がちょー楽しかった!ヘイ!
「釣りに行こう」で客席にマイクを向けた時の宮沢氏の嬉しそうな顔が忘れられません。
今福さんが相変わらずかっこよかったなあ。
やっぱりホーンが入ると違いますねえ。迫力があってすばらしかった。

最後の「愛のかたまり」は宮沢氏のギターだけで、とちやん山さんタカシくんがコーラスという、涙を拭わずにいられない代物でした。
この時のために作られたような曲だと思いました。

「明日からはじまる」で僕らの青春は明日からはじまる、と宮沢氏がうたうので素直に従いまして、私の第2の青春は12月18日からはじまることになりました。
新しい青春の中で、これからの4人の活動を楽しみにしています。

そして、やっと、仕事で宮沢氏を撮るということを誰はばかることなく目標に据える決意もできました。

ありがとう
忘れない
バイバイ バイバイ
[PR]
by matyu_nao | 2014-12-26 21:14 | 音楽 | Comments(0)

25 PEACETIME BOOM

d0139939_22312615.jpg

3月の終わりに解散が発表されたんですねーという投稿をして
あっという間に半年がたち、最後のツアーがはじまっております。
THE BOOM のはなしです。

チケット取れないかなあと不安だったのですが、なんとか入手し
10月11日の渋谷公会堂での公演を眺めてきました。
渋谷公会堂って名前元に戻ったんですね。

ここに書いておくと、後で見返したり出来るから書いとくことに。
この前に見たのは2010年夏の日比谷野音でのライブだったみたいです。
まあ!4年ぶり・・・。
確かにね。ここ数年はファンクラブも辞めちゃってたんですよね。
でも気持ちを新たに(笑)やっぱり追いかけ続けようと思いました。ハイ。

MCの貴公子が「いま、一冊の本をパタンと閉じたような気分です」と言っていました。
確かにその通りだな、と。
THE BOOM という本は閉じられたけど、それはいつでも私たちの手元にあって
開きたくなれば開けるんだ、と。
実際、ライブに行く前に89年に発売されたファーストアルバムを引っ張り出して聴いていました。

だから終わったという気は全然しないのではあります
が、これまでのライブで、ほぼ言葉を発することはなかったギターのタカシくんが
最後にコメントをされた時は涙腺決壊いたしました。
まあね。それまでに充分緩んでいたのですがね。

それと、これまで数十回ブームのライブには行っているんですが
はじめて「私は今、宮沢さんと同じ空間で声を合わせて歌っているんだ」と気付きました。
あれ。またアホ発言?
なんで今までその発想が出てこなかったんだろかー。
本当の意味で「一緒に歌ってる」のにねー。
いやあ、我ながら呆れました。あはは。なのでいろいろ一緒に歌ってきました。

とちやんは、いつも要塞のようなドラムセットに囲まれているのですが
そのセットが今回は金と銀で(金さん銀さん?四捨五入すると還暦だから?)ライトに光ってすごくきれいで
忘れないようにしようと思いました。
パーカッションの伊藤さんは相変わらず良い仕事でした。和太鼓まで叩いてた。
和太鼓の音ってすごいね。
あと、サポートメンバーのオーノカズナリさんがツイートされていた会場の写真。
d0139939_2251184.jpg

すみません。勝手にスクリーンショットです。
ステージからはこんな風に見えてたんですねー。私は画面右側二階の非常出口のランプがある辺りの後ろの方にいました。渋公は狭いから意外とよく見えた。

3時間のサービス版のライブ(あっという間だった)で、特に印象に残ったのは
「気球に乗って」と「中央線」でした。
若かりし頃の彼らの瑞々しさと、年を経て落ち着いた彼らがいい具合に混ざり合ったすばらしい演奏でした。
今回も、感慨深いのと同時にいろいろと触発されてまいりました。

さてさて。年末の武道館公演まで2ヶ月。
私はどんな日々を送るのだろうかー。
[PR]
by matyu_nao | 2014-10-12 23:05 | 音楽 | Comments(0)

元祖わたしをつくったもの。

d0139939_19373766.jpg

THE BOOM が2014年をもって解散するそうです。
あ。いま「まだやってたのね」とつぶやきましたね!?

1993年。テレビで「島唄」を歌う宮沢和史に一目惚れ。
次の日に「島唄」を買いに行ったかレンタルに行ったか・・まだ私の生まれた町はそこまで寂れてはいませんでした。
ほどなく、その頃に出ていた「FACELESS MAN」というアルバムを買いました。
初めて行ったTHE BOOM のライブは、その次の「極東サンバ」のツアーでした。
福岡サンパレス。
なつかしー!!!!
私は今でもこの2枚のアルバムが一番好きです。

宮沢氏の元へ嫁ぐ予定でいたのですが、確か1995年くらいにご結婚されたのではなかろうかと。
しばらく立ち直れませんでした・・・・。

THE BOOM を好きになってから、音楽雑誌をせっせと読むようになり(PATIPATI とか!たぶん今でも実家のどこかに切り抜きが眠っているハズ)いろんなミュージシャンを知りました。
それまでは、ふつーにテレビによく出ている誰でも知ってる人の音楽を聴いてたので、私の人生はここで大きく変わったんじゃないかと思います。

聴く音楽くらいで人生変わるか?と思われるかもしれませんが
食べるものが変われば体調が変わるように
こころの栄養分であるところの音楽が変われば考え方も変わって当然かと。

そんな風にTHE BOOM と、彼らを通じて知ったミュージシャンたちが私を形作ってきたのでした。あの時テレビ越しに運命の出会いをしていて本当によかったと思います。
ああ・・だから未だにリアル運命の出会いがないのか?そうなのか?神様的にもう運命の出会いさせちゃってることになっちゃってたりしちゃったり?
ではせめてあと9ヶ月の間にブームと仕事をさせて下さいカミサマ。

いいともも終わったしねー。
別れの季節だねー。
d0139939_2044797.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2014-03-31 20:05 | 音楽 | Comments(1)

明日へ 誤魔化せ

d0139939_17513824.jpg

毎日毎日暑いですね!!!!

と、暑苦しい写真を出してみる。

目黒通りと自由通りの交差点あたりにあるパン屋さん。
トシオークーデュパン(たぶん)のクロックムッシュです。
胃袋を威圧するボリューム感のわりにペロリと食べられました。ウス。

ところで、星野源の「STRANGER」ヘビーローテーションな日々です。
いいですね!!星野源!!

今日のタイトルはそのアルバム中の「パロディ」という曲の一節。
大好きです。誤魔化せ!て。
私もそのように生きてゆきたいものです。

いま流れているんですが「ある車掌」という曲のふんふん言ってるコーラスのところも好きです。

あと「夢の外へ」という曲の歌詞をちょっとご紹介。

自分だけ見えるものと
大勢で見る世界の
どちらが嘘か選べばいい
君はどちらをゆく
僕は真ん中をゆく


なんか笑っちゃいました。私も真ん中派です。中庸。
君は、と聞いたあとに自分の姿勢も示しているところが好ましいと思います。なんの話だ(笑)

あの歌詞とかクレジットとか書いてある冊子はなんていうんでしょうか?
あれ。あれの最後の方にご本人によるひと言解説が載っていて、それがとても面白いです。
歌詞には買って最初に聴くときに目を通すのですが、このアルバムは何度も歌詞を確認しながら聴きたくなります。

どれもいいんだけど、いちばん好きなのは「季節」かなあ。
この曲のベースは今話題(私の中で)のハマオカモト氏みたいです。
星野氏のギターも好き。

そいぎ。ちょっと涼しげな写真にてお別れを。
d0139939_1812171.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2013-07-13 18:14 | 音楽 | Comments(0)

仏教寺院で異国の音楽。

d0139939_15224691.jpg

さて。
一体どういうことになっている写真でしょうか。
d0139939_15231790.jpg

バイオリンとお堂。

台東区蔵前にある長應院というお寺さんに
空蓮房という「瞑想ギャラリー」があるそうで→サイトはこちら
そこで友人の写真家、新井卓くんが個展をやっています。6月7日までです。

新井くんは、ダゲレオタイプという果てしなく手間のかかる方法で写真を撮っている作家です。
本人はチャラいんだか気難しいんだかよくわかんない感じですが、ステキな作品なのでぜひ一度ご覧になって下さい。

その展示と連動してLive performanceなるものが行われたのでした。
こんな風にシュールな感じでした。
まあゆっても仏教も異国からやってきたものですしねー。
d0139939_15284899.jpg

ご出演は、サンポーニャ奏者・青木大輔さん、バイオリン奏者・戸島さや野さん、ギター奏者・笹久保伸さん、リフレクション(映像演出的な)と朗読・新井卓さん。
上の写真の白いシャツの方がサンポーニャの青木さんです。
面白い楽器でした。アンデス地方の楽器なんですって。
コンドルは飛んでいく的な音がしてました(我ながら酷い例えだと思いました。いま。)

観てた場所の関係でギターの笹久保さんは撮れませんでしたが、とてもいい音のギターでした(すごい人なんですよね・・こんなこと書くと失礼なのか?ドキドキ)
お三方とも素晴らしかったです。ウス。

なんか肌寒いままですが、もうすぐ紫陽花の季節ですね。
d0139939_15492383.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2013-05-04 15:54 | 音楽 | Comments(0)

キノコみちとはなんであるか。

d0139939_16134467.jpg

このところ、坂本美雨の「I'm yours!」ばかり聞いています。

「ラブトラベル」という曲の歌詞が好きです。以下抜粋。

君のね、ステキなところを 数えて 歩いていたら
とても遠くの町まで 辿りついていた

誰もいない線路わきの小道で
電車の風を頬にうける 4秒
清らかな夕陽の照らす少年は
今と同じ強い目をした君だった


でですね。
「誰もいない線路わきの小道で」が「誰もいない線路はキノコ道で」と聞こえるのです。
空耳アワー。

最後の「雨とやさしい矢」も好きだけど7曲目の「More Speed,More Light.」がいちばん好きです。
そんで3曲目の「甘い匂い」は矢野さんの声にそっくりです。
声って似るよねー私も母の声に似ているらしいです。

で、今日の写真は7月にいったU-zhaanのライブでもらったイナバのタイカレーです。こないだイエローカレーも発見したので、レッド・グリーン・イエローを制覇しました。これで全部なのか?

というわけで、もうすぐ撮影を担当させて頂いた缶詰レシピ本が出ると思います。ウス。
[PR]
by matyu_nao | 2012-10-27 16:27 | 音楽 | Comments(0)

2012年4月27日。桃梨ライブ於さかなのみうら。

d0139939_16214334.jpg

さんさカフェでお昼の休憩をとって14時半から「さかなのみうら」さんでの桃梨のライブを見せてもらいました。

いつもは仮設住宅のある集落の集会所などでライブをされているようなのですが、みうらさんとこの従業員さんたちからライブを見られない!見たいぞ!という声があったそうで、今回はみうらさんでもやることになったそうです^^
ちょっと空模様が怪しかったのですが、お店の前のスペースではじまりました。
d0139939_16442048.jpg

d0139939_16443729.jpg

2曲ほど終わったところで、雨が本降りに!大変だ。
でも何事もなかったかのように速やかにセット替え!で、お店の中で仕切り直しに。
一番上の写真は仕切り直し後の、中での写真です。
さかなのみうらさんは、もちろん被災されているのですがいち早く営業を再開され、物資の配給の拠点となる活動をされているそうです。
d0139939_16505292.jpg

季節ごとにみんなが歌える歌を取り入れているそうです。春は朧月夜。
d0139939_1651518.jpg

d0139939_16531211.jpg

d0139939_16535482.jpg

d0139939_16551752.jpg

d0139939_1655678.jpg

3人目のメンバー(?)狐さんも登場デス
d0139939_16562723.jpg

ライブ中、この写真が目にとまりまして。
いつどこで撮られた写真なんでしょうね。聞いておけば良かったな。
d0139939_16593570.jpg

d0139939_16595947.jpg

ライブ終了後、記念撮影大会。真ん中は社長のみうらさん。
d0139939_170428.jpg

先日ここで書いた桃梨のイベントの時(こちらの記事です)ベースのJIGENさんが、最初は音楽を演奏することに意味があるのかと考えていたけれど、ライブという「場」を作ってそこに集まってきてくれた人たち同士で交流がうまれればいいなと思う、という風なことを話されていました。
ライブ、楽しかったなあ。
d0139939_1751833.jpg

d0139939_1753419.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2012-04-30 17:12 | 音楽 | Comments(0)

桃梨

d0139939_20373231.jpg

去年の3月、震災直後にちょっと帰省してた時に撮った写真です。
整理をしていたら目に付いたので。

昨日は桃梨というバンドのライブに行っていました。
桃梨は歌う人とベースの人の二人組という変わった編成です。
ちょーかっこいいです。
桃梨のお二人はソウルフラワーユニオンのメンバーでもあります。
去年の夏に奄美ナイトというイベントではじめて見たんですが、衝撃でした。JIGENさんの奏でるベースの音を聴いて、ベースってこんなにいろんな音が出るものか!と。
そしてうたの美保子さんの美しい歌声。
はじめて見た時はJIGENさんに釘付けだったのですが、昨夜は美保子さんに釘付けでした。蝶子さんよかった〜(蝶子と花男の悲しい恋の歌があるのですよ)蝶子さんの気持ちを思ってうっかり泣きそうになりました。

でですね。
桃梨のお二人は、毎月のように被災地に音楽イベントをやりに行かれています。それと同時にTシャツを届ける活動も続けられています。
詳細は桃梨のサイトへどうぞ。
私はツイッターでその様子を知っていたのですが、昨日のライブは「昨年5月より被災地に入り、毎月のように演奏活動を重ねてきた桃梨が、今まさに伝えたい事、届けたい歌と演奏を心を込めて贈ります。桃梨の新企画となる「トーク&ライヴショー」」だということでコレは行かねば、と参加してきた次第です。

あっという間の2時間半でした。
最初の1時間がお話コーナーでした。ちょっと遅れて到着してしまったので、立って話を聞かないといけなかったんですがそんなの全然気にならないくらい。

1年たってなんか区切りをつけたがっている人たちもいるみたいだけど、何も前進していない始まってすらいない、と。
やっぱり高速道路の無料化が終わってしまって、被災地に行く人は激減したそうです。お金も落ちなくなった。今年の3月11日あたりはイベントの話も山のようにあったけど、それを過ぎるとぱたりと何もなくなった、とのこと。
JIGENさんが昨日のイベントの前に、被災地ライブで知り合った方と電話で話していて、イベントに来る人たちに何か伝えたいことはあるかと聞いたら、忘れないで欲しいと言われたそうです。

ちょっと離れると、もう何事もなかったかのような世界が広がっているけど、でもまだ

いろんな人のいろんな生活があって、世界中いろんな問題が山積していてどこに焦点を合わせればいいのか考えると途方に暮れそうになるけど、身近なところから考えていくしかないと思います。
だから私は自分の身近なところで起こったことで、伝えたいことをひつこく書いていきます。しつこく?

桃梨のお二人も1回だけじゃ全然伝えきれるハズもないから、同じ企画で第二弾、第三弾もやるとおっしゃっておりました。
次はここでもありますよーってお知らせします。

というわけで、やっとタイミングが巡ってきたらしく来週南三陸町に行く予定です(同乗者絶賛募集中!)

これ桃梨の被災地ライブをまとめた動画です。

[PR]
by matyu_nao | 2012-04-21 21:17 | 音楽 | Comments(0)

エイサーとかストリングスとか

d0139939_1951581.jpg

昨日は音楽の日でした。
新宿でエイサーを眺めてから下北のライブハウスへ。
新しくて小綺麗なライブハウスでした。が。
カレー炊き出し(?)コーナーがあって会場中強力なカレー臭が。

観に行ったのはハーモニック ハンモックというバンドです。
たまに観に行く(この時とか)ワレンキャというバンドでパーカッションをやっているきょうこちゃんが、ハーモニック ハンモックでもパーカッションをやっているとかで。
きょうこちゃんの変幻自在の楽器使いを眺めてきました。
馴れ馴れしくきょうこちゃんとか書いてますが、まともに話したことはありません(笑)でも、前にここでムービーをはっつけた気がするんだけどな。
なにが「でも」なんだ?

まあいいや。写真写真。
きょうこちゃん。いろんな楽器に囲まれています。
これ全部、家に置いてあるんですかね?
d0139939_20053100.jpg

d0139939_2012319.jpg

前に出てきたよ。お隣はドラムの方です。
きょうこちゃんはなにげに右足にも楽器を付けていました。
d0139939_201569.jpg

誘ってくれたK嬢。がんばってました。
私は甚だしくライブ向きじゃないレンズを付けて行ってたのでごにょごにょごにょ
d0139939_2025756.jpg

ハーモニックハンモックはですね。なんかすごかったです。
よくわからないんですが、インディーズのバンドであると思います。
インディーズでサポートメンバーでストリングスが入るなんて。すごい。
バイオリンの方もサポートメンバーかと思いきや、オリジナルメンバーさんでした。あと、リーダーがいい味出してました。
歌声が気持ちよく、楽器の音も厚くてステキでした。
もっと大きいところで聴きたいですねー。ステージ狭そうだったし。

対バンで出てたふたつのバンドも、とても上手でした。
日本のミュージシャンは層が厚いんだなあと妙に感心したのでした。

あ、写真いっこ忘れてた。
d0139939_20193319.jpg

有名な方の作品だそうです。
[PR]
by matyu_nao | 2011-07-31 20:25 | 音楽 | Comments(2)