matyunagニャッシ

カテゴリ:日々あれこれ( 315 )

チョコレート

d0139939_1775858.jpg

今度チョコレートの本を撮らせてもらうので
テスト撮影をしようと奮発して高級チョコレートを買っちゃいました。

この写真を撮って
フリーになりたての頃、チョコレートのパッケージ撮影で
チョコについてるホコリを画像処理で取るという
地道なバイトをしたことがあったなあ・・・と懐かしく思い出しました。
ひとり隔離され、パソコンの前で延々ホコリ取り。

また延々ホコリ取りをする羽目になるのだろうか・・・・・・・・・
d0139939_1712971.jpg

ひと粒300円とかするチョコレートは
一瞬で食べ終えちゃうのが残念で買えないのですが
人間の脳がおいしい!と反応するのは一口目だけなんですってね。
あとは惰性で食べてるんですって。
チョコは潔くてよろしいってことですね。

ところで、今日またブルーハーツを聴いていて
20代にしか書けない詞というものがあるんだろうな
などとたそがれていました。
きっと20年後にはまた違った感想を持つのでしょうな。






[PR]
by matyu_nao | 2017-06-11 17:22 | 日々あれこれ | Comments(0)

ニャス

d0139939_2052093.jpg

姐さんベロでてますよ!

先日たまたま望遠レンズ(最大400mm)を借りてた時に
お庭でくつろいでいらっしゃったので。
このネコはいつもはベロしまってるんですけどね。
庭でくつろぐとベロが出がちになるんでしょうか。
かわいいのう。

レンズ欲しいのう。





[PR]
by matyu_nao | 2017-05-31 20:08 | 日々あれこれ | Comments(0)

粒マスタードの利便性に気づいた春。

d0139939_19471519.jpg

先日撮影あまりのスナップエンドウをいただきまして。
なんか良い消費方法がないかと探してたどり着いた
蒸し鶏とスナップエンドウのマスタード醤油和え(丼)
ちょー簡単でうまかったです。

ぼんやりしていたら5月ももう半ばですって!?
・・・ぼんやりしていたらフリーランス8年目に突入していました。
やばい。

撮ったものを見ては、もっと上手になりたいなあとげんなりしたりなど。
でも松永さんなら安心とかって
お仕事を振ってくださる方もいてありがたいなあ、と。

写真を撮らねば。





[PR]
by matyu_nao | 2017-05-12 19:54 | 日々あれこれ | Comments(0)

なんじゃもんじゃ

d0139939_1632944.jpg

近所に小さいけどステキな公園がありまして。
桜が終わったと思ったら、こんなほわっほわのが満開になってました。
d0139939_164149.jpg

ヒトツバタゴという木だそうです。

トネリコ(別名、タゴ)に似ており、トネリコが複葉なのに対し単葉であることから
「一つ葉タゴ」という和名がある、とのこと。

数年前のちょうど今くらいの時期に、取材で北九州に行った時に
たくさん咲いていたのを思い出しました。
真っ白でふさふさでステキなんですよ。

で、別名がナンジャモンジャノキなんだそうな。
なんじゃもんじゃ・・・・・






[PR]
by matyu_nao | 2017-05-01 16:09 | 日々あれこれ | Comments(0)

さくら

d0139939_13312733.jpg

八重桜がきれいですね。トーキョー。
青森はソメイヨシノが満開だとニュースで言ってました。
d0139939_13322639.jpg

これは何でしょうか。山桜?
d0139939_13324517.jpg

砧公園にて。
d0139939_1333421.jpg

今年は咲き始めてからが長かったですねー。
砧公園の桜は、今年は特にきれいだったように感じました。
d0139939_1334420.jpg

藤も咲き始めましたね。
新緑が美しすぎて目を奪われる今日この頃。
d0139939_13352619.jpg

うかうかしていたら、もう次のお稽古からは
風炉になるんですよ!
灰形作りで無心になれる半年がはじまります。






[PR]
by matyu_nao | 2017-04-23 13:40 | 日々あれこれ | Comments(0)

春ですし。

d0139939_16501722.jpg

こないだ作った謎料理。
ひじきペペロンチーノ混ぜごはんの上に、ズッキーニとブロッコリリー入りたまご。
横のキャベツはなんちゃってサブジです。

ところで9日に、とあるお寺に行きました。
何をしに行ったかというとお寺で婚活「吉縁会」の登録に。


お寺は、昔より地域に根差した活動をしており、和尚が縁組(今でいう婚活)のお手伝いをする事もありました。
お寺で『出会い・婚活』と言うと違和感を感じる方もいると思いますが、これはお寺本来の行いだと思います。

お寺が今、皆さまに何が出来るのか?を真剣に考えた結果、寺コン・お寺婚活の様な会を行う事は良い事ではないかと、現在の方々が参加しやすい形(吉縁会・婚活の会)には変わりましたが、開催に至りました。


だそうです。

3つくらい前の投稿でも書いていましたが
「アップデートする仏教」という本を読んだばかりでして。
ちょっと今、禅宗に興味があります(曹洞宗の教団運営とか・・・教義じゃないのか!

この本に書いてあることと、吉縁会の方々が「お寺が今、皆さまに何が出来るのか?を真剣に考えた結果」が真逆なのがおもしろいなあーと思いまして。

「アップデートする仏教」は、葬式仏教と言われるように現在の日本の仏教は形骸化している、これをアップデートしなければいけないというのが主な趣旨です。

「仏教は本当に幸せになれる教義と実践方法を完備している」のに
「慰めの宗教」になってしまって、人々の心の痛みを治療するはずのお寺は
ただの観光地になっちゃってるよねー、と。

こんな本がある一方で、お寺さんは何ができるのかを考えた結果
葬式と似た感じで婚活の場を提供することにしたと。

きっと「仏教」と「お寺」って違うものになっちゃってるんだな。

などど興味深く観察した次第でした。
私としてはどちらでも良いです。
お寺さんが縁組の手助けをしてくれるならありがたく乗っかろうと。
葬式も婚活も、まあありがたいことに変わりはない。

人間っておもしろいですねー。
ステキな出会いがあると良いなーうふふふふー。






[PR]
by matyu_nao | 2017-04-10 10:50 | 日々あれこれ | Comments(0)

#ohWhatABeautifulMorning

d0139939_14304221.jpg

先日、久しぶりにすずの木カフェに行った時の写真。
あいかわらず旨かったデス。

ところで「SHERLOCK」ですよ。
シリーズ4を入手しまして、いま4-2まで見終えました。
衝撃かつ泣ける。ジョンが・・・・。
最終話が気になるんですが、もったいぶってまだ見てません。

ところで、4-1でシャーロックがてきとーにあしらうクライアント(?)の一人に
前に日本人と付き合ってたことがあって、腕に彼女の名前を彫ってるというおじさんが出てきます。
その日本人女性の名前が「AKAKO」なんですよ。

変な名前。アカコ、て。

アキコの間違いじゃないのか?とか思いつつ
3-3での最後のシャーロックとジョンのお別れシーンで
ジョンの子供になんと名付けるかの話になり
シャーロックは実は女の子の名前なんだ(だからシャーロックにしちゃいなよ的な)
とかいう冗談を言ったりなどしてました。

4-1でも、また「It's not a girl's name」と言われるやりとりがあったりで
なんかよくわかんないけど「赤子(あかご)」とかけてるのかな、とか
わかったようなわからないような推測をしたりしています。

いやでも。これ。
シャーロックは実は女の子の名前なんだ、が伏線になってたりするかもよー
な4-2の終わり方でした。
もー。
たいていの人がぜんっぜんわかんないだろう話を書いてスミマセン。
読んでくれてる人は相当もの好きだろうからまあいいか。
早く日本でもやらないかな。字幕を見たい。

いやしかし。
シリーズ1はほのぼのしててよかったなーと
今日また1-1を見返したりしてました。
やっぱり 「A study in pink」 がいちばん好き。







[PR]
by matyu_nao | 2017-04-08 14:52 | 日々あれこれ | Comments(0)

人生は長くてチョロくて世界は広いです

d0139939_187053.jpg

寒いですねートーキョー。
寒いから1月に撮ったぜんざいの写真を。

まだ書きたいことがあったのでカルテットの話をひっぱります。ヒマだねー

前回、別府さんの「ちゃんとしすぎ問題」について書きましたが
あれは、なんというか、子供時代の自分に対する葬いというか
リベンジというか、落としどころを見つけるためだったんだろうな、と。
そして、ドーナツホールを通してやっとバイオリンを好きになっただろうとも。

それぞれ、すずめちゃんはまきさんとカツ丼を食べることで
まきさんは一連の事件などによって
子供の頃の思いの落としどころを見つけたんじゃなかろうかと思いました。
その一方で、まだ語られていない家森さんの子供時代。
特別編希望。

あとねー。
夫さんは登場するまで旦那さんでもご主人でもなく
「夫さん」と呼ばれ続けていましたが
家森さんの元妻は、その存在が発覚すると同時に「ちゃまこ」という名前が与えられ
奥さんでもお嫁さんでも妻さんでもなく名前で呼ばれていたのが印象的でした。

他人の配偶者の呼び方って難しいですよね。現代日本語。
そしてそれは社会のあり方と繋がっていますね。

最後のとこで、別荘が「For Sale」になってたのが
前に向かっていて良いなー、と。
リスは仕方ないにしても、車窓からの眺めは
もう少し上手に合成してほしかったですけど。
シャーロックは上手なんですよ。

だいたいそんなところです。
いつの日か私も、人生チョロかったーあははははーって言ってみたい。
あーおもしろいドラマだったー。






[PR]
by matyu_nao | 2017-03-27 18:21 | 日々あれこれ | Comments(0)

カルテット、夢問題。

d0139939_18154118.jpg

ガラス越しにオハヨウゴザイマスの図。

「カルテット」が終わってしまいました。家森さんが良すぎた。
高橋一生氏の顔が好きだということが判明しました。

夫婦関係が前半の主要テーマだとしたら、後半は夢を追いかけることについてだったかな、と。
私は独り者だし、一応「夢を叶えた人」の部類に入ると思われるので
夢を追いかけることについての方が身近に感じました。

とても印象的だったのが、別府さんが言う「ちゃんとしてきた結果が僕です」というくだり。
ちゃんと楽譜みようよ
ちゃんと練習しようよ
と子供の頃から周りに言い続けてきたけど、
ちゃんとしてなかった人の方が、いま世界中で活躍している、と。

だから、ちゃんとしてなくても良かったのでは?と気付いた今
ちゃんとしてない皆さんのことを好きだし全力で甘やかすのだ、と。

でも問題はそこではないんですよね。

子供の頃、ちゃんと楽譜を見てなかったとしても
ちゃんと練習してなかったとしても
「活躍している人」はある時点からは
絶対にちゃんと(というより他の誰よりもと言えるレベルで)練習もしただろうし
楽譜も読み込んだだろうと思います。
そこに情熱を注いで、続けられた人だけが
椅子取りゲームに勝てるんじゃないかなーと。
特に、音楽なんてかなりの競争率で難しい分野だと思われますし(カメラマンはそうでもない、経験者談)

最終回で別府さんは「弦を20年やってて好きになれなかった」と言ってました。
そこなんですよねー。
好きこそ物の上手なれー。


あとひとつ語っておきたいことが!


たまにカルテット名言とかで、以下のセリフが取り上げられています。

「注文に応えるのは一流の仕事。ベストを尽くすのは二流の仕事。我々のような三流は明るく楽しくやればいいの」

でもこれは違うんです!松永調べによると(なんだそれ)
だってこれいまいち共感できなくないですか?
私は・・・・そうか?と思いました。
注文に応えるってプロとして最低ラインでしょ?

なので、これはですね(松永調べによると)次の

「志を持った三流は四流だからね」

のための前振りだったんですよ。
志を持った三流は四流。
これこそまさに名言だ、と深く頷いた三流カメラマンですどうも。

ちなみに、その後一流ってなんだ?と考えた結果、出た答えを発表します。
周りに一流として扱ってもらえる人
です(松永調べ)

二流までは自己申告でいいと思うんです。
わたし二流でーす、と。
でも、一流ってのはその人の仕事を一流のものとしてきちんと扱わなければ
というプレッシャーを周りに与えるもののこと、かなと。

徒然と考えていたわけですよ。ヒマですから。

最後に。
あんな形でコンサートを開いてもただの自己満足じゃないか
という意見をツイッターで見かけましたが
ゆっとくけど自己満足ってのは難しいんだぜ?

20年写真撮ってて、自分を満足させられた写真なんて
撮れたためしがないっつーの。それは別なところに問題が潜んでいるのでは・・・・。





サンキューパセリ

[PR]
by matyu_nao | 2017-03-25 18:48 | 日々あれこれ | Comments(0)

春ですねえ

d0139939_19531527.jpg

缶入りのオリーブオイルをいただきまして。ずいぶん前に。
ついに使い終えたのですが、缶がかわいすぎるから捨てられず
花を活けることにしました。
で、ラナンキュラスを買ってきたの巻。という写真です。
すごい長持ちしました。ひと月愛でました。

ちょいちょい来し方行く末について考えるんですが(なんでこんなことになったんだ、と)
最近もそういう時期らしくぼんやり「あの時・・・」とか思い出してます。走馬灯のように

もうすぐ「6」が出るんですが
山本ゆりさんの「syunkonカフェごはん」という本を1冊目の時から撮らせてもらってます。
1冊目の撮影の時は
山本さん(妊娠発覚してたけど)も担当編集者(彼氏はいたけど)も独身でした。

なのに今や、二人とも二児の母で家も建てましたね。

それにひきかえ、私のこの変化のなさは一体どういうことだ?とね。
何も変化していない。見事なまでに。
びっくりです。
いやあびっくりだ。

とかいう話を別の編集者さんにしたら、そのうちでっかいのが来るんじゃない?と。
そのうちが来る前に死んでしまうんではないだろうか。

とか思います。
ま、思ってるだけじゃ何も変わらないという話ですね。

そんな中、それでもこころから尊敬できる人や信頼できる友人が方々にいて
毎日お風呂で温まれて、気持ちの良いお布団でぬくぬく寝られて
ああ幸せだなあと、良かった確認もしています。
布団が天国すぎてヤバイです。

すずめちゃんがかわいすぎるのもヤバイです(「カルテット」の話)
ありすちゃんもサイコーです。はたで見てるぶんには。
最終回が待ち遠しい。


あ、そういえば「SHERLOCK」シリーズ4を入手。
1話目から衝撃の展開。






[PR]
by matyu_nao | 2017-03-19 20:11 | 日々あれこれ | Comments(0)