matyunagニャッシ

<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

じたばたじたばたあっぷあっぷ。

d0139939_1840340.jpg

ゴールデンウィークに北鎌倉に行ったときに撮った写真です。
フィルムは時間がかかります(笑)

ところで昨日からひとりでじたばたしてました。
人生にはいろいろありますね。
人に思ってることを正確に伝えるのは難しいもんですね。
まったくこんな子に育っちゃってもう・・・。と。ね。

しかしこんな子でも、力になろうとしてくれる人がいるなんて。
ありがたいことです。
ナームー。

前にも書いたんですが、すぐ泣きます。
嫌なんです。
なので9月は涙腺強化月間にしたいと思います。
どうすればいいんだ?

まあとりあえずありがたいと。

ジタバタした後に甘いものを与えられ、鼻をすすりながら食べる。
って小学生じゃないんだから。
ほんっと(笑)はずかしい。

ありがたいですよ?
[PR]
by matyu_nao | 2008-08-30 18:53 | 日々あれこれ | Comments(2)

自覚

d0139939_19524989.jpg

武田双雲さんの取材に行って来ました。

とても楽しい方でした。
いい意味でアンバランスな。すごくちゃんとした大人なんだろうな、ってとこと目をきらきらさせて朝の洗顔について話す子供みたいなところが同居した人。
子供がいるかいないかで、人間ってずいぶんかわるんだろうなあ・・と考えてみたり。そしてダークサイドを見てみたい。
書道展を観にいけばダークサイドもみられるかしら。

武田さん、編集さん、代理店の担当の方、私。みんな30代前半(ロストジェネレーションなんだそうですw)
なんだか、いつまでも若いつもりで「社会人」という自覚が持てません。
でもねー。子供産んで育てたり、働き盛りだったり、そういうので世の中を動かせる年代になったんだなあって実感しました。アホですか?
同い年くらいの人間だけで、何かを作っちゃって世に出しちゃっていいんですね。
あ。アホですね?
そうか。
年代とか年とかじゃなく、私の問題だ。
自分に自信がないからだ。
はい。
自信はやったことからしか生まれません。やりましょー。てきとーに。

そんなこんなで、乗り換えの駅でお昼ご飯食べようかなって思ったら、てんやと目が合いました。生まれて初めて入ってみたの巻。
天丼。意外と食べれたどーん。
でももうはいらないだろうな。どどーん。

d0139939_20242226.jpg

この本が欲しいデス。
[PR]
by matyu_nao | 2008-08-28 20:28 | 日々あれこれ | Comments(4)

煮るなり焼くなり

d0139939_22132164.jpg

昨日の放送の話ですが。
グルーヴラインでピストンさんはまたポニョをかけてました。
ぽぽぽぽーにょぽーにょぽにょぽーにょぽーにょぽにょ
そして
ポニョが煮付けになったみたいな、ね。
と仰っていました。
おもしろいけどまずそうです。

ふと思いついてちょっと検索をしてみたところ
やはり考えることは同じらしく、調理法を考えている人々がいました。
まずそうだから、あんまり考えたくないですね。

写真はイデミの失礼イデミセンセイのマドレーヌです。
リッチなラム風味。白いのはショウガせんべいならぬショウガリッチマドレーヌ。
なにしろリッチです。なんか微妙な写真ですね。
どこが微妙なのかしら。

ポニョの煮付け。
・・・・・。
[PR]
by matyu_nao | 2008-08-26 22:31 | 甘いものとか | Comments(0)

いやはや今日もだいぶどうでもいいカンジで。

d0139939_2018371.jpg

女と女の戦いです。日曜日。
いいですねえ。家定さんが亡くなってからちょっとつまんないなあと思っていたら、女の戦いが始まりました。
昨日からなんだかんだで何もせず。ごろごろごろごろ。雷か?オヤジギャグか?

男子バレーの決勝戦はおもしろかったですね。
真鍋の解説も。
「ナシメントがそこにいてますからねえ」
そこだけ関西弁。いてますいてます言ってました。
アメリカの平均身長2メーター超えてるんですか。巨人の国ですか。ネットが低く見えるんですけど。でも、ひと昔前に比べるとずいぶんラリーが続くようになったんですね。アメリカのエースはかっこよかった。

長ネギを消費しなくてはいけなかったので、栗原はるみさんの本にあったじゃがいもと長ネギのグラタンを作ってみました。
ホワイトソースは採れたてレシピのヤツです。コチラ。
ホワイトソースって意外と簡単に、冷蔵庫にあるものですぐできちゃうんですねー。てきとーでも大丈夫だし。
あと、ココのアイデアもオススメでつ。うしし。

写真はこのところ、スギノスギノ言ってるイデミスギノのです。
とても繊細なケーキさんたちでした。
ショーケースに並んでいるケーキの半分がテイクアウトできないってすごい。
写真のやつはチョコとバナナ。チョコバナナもイデミの手にかかるとこうなるようです。さて撮ろうと眺めてから、地味だ。と失敗に気付き。このような写真を撮るに至りました。はっはっはっ。
言葉では説明できません。複雑だから(忘れたから)
でもお上品で丁寧で美味しいです。600円で贅沢な気分になれます。

オリンピック終わっちゃうのか。またテレビがつまんなくなる・・・。
[PR]
by matyu_nao | 2008-08-24 20:55 | 甘いものとか | Comments(0)

好みの問題☆

d0139939_20174039.jpg

黒芥子。ヘーゼルナッツ(ですよね?)大人なパン。

率直に感想を書こうかと。Mなんですって(笑)
もうちょっとしっとりしている方が好き。あとほんの少しパンチがあった方が好き(どこにどういうパンチかはわかりません。て無責任だな)ヘーゼツナッツがアクセントになっていてすごくいい。香りもすごーくいい!
そして見た目がよろしいかと。よろしいと思いません?

熱いパン職人さんからの頂き物なのです。シアワセ。いろいろシアワセ。

昨日は念願のイデミんちに、いや失礼イデミさんちに乗り込んで行きまして(とかゆって前を素通りし、あれー?と思いながらぐるりと一周してみるの巻。ちなみに前を通ったことは何度かある・・・のに・・ね?)
なんだかんだで生菓子(プチガトーってゆーの?)を3つも食べるハメに(自ら追い込む)プラス焼き菓子ふたつ。
そんなこんなで、水曜木曜とまともな食事を摂っておりませんでした。

パンもケーキも大好きだけど、やっぱり米は安心するデス。
はあーん日本人でよかった。と思った夏休み最終日でした。

明日休みになっちゃってうれしーんですけど。むほーん。

何をしてくれようかしら♪

d0139939_20345121.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2008-08-22 20:38 | 愛しのパン | Comments(0)

えにっき

d0139939_2001238.jpg

夏休みです。

夏休みといえば絵日記です。絵は描けないので写真日記で。しかも携帯。
日曜は肌寒かった。
17時青山集合。その頃から雨が本降りになってしまい、散歩もままならず晩ごはんを食べるべく予約していたお店に早めに行ってしまう。
途中、久しぶりにデュヌラルテへ。
はじめてリュバーブジャム(あ、コンフィチュール?)を買ってみた。
2週続けてのイタリアりょーり。
ズッキーニのフリット。仔羊の薫製ハム。仔羊の煮込み?パスタ、魚介の煮込み。魚介の煮込みが旨かった。まああれだけ色々いれて鉄鍋で煮込めば美味しくない方がおかしい
ここんちはカプチーノにかわいく絵を描いてくれる。
d0139939_2091235.jpg

ダウンライトで暗い店内。これがせいいっぱい(汗)
かわいいでしょう。うさぎちゃん。飲むと鼻の下がのびてエロウサギに。
相変わらずのぐだぐだな会話(ワタシぐだぐだ係)写真学校で得た宝物。

火曜のお昼はフランスりょーりを食べに連れてってもらいました。
アミューズっつって出て来たのは、キビナゴのフリット(だったハズ)
d0139939_20145276.jpg

前菜のガスパチョ。
茶色いのは鮎のテリーヌ(だった?)でかいキュウリ。角のようにつったっているのはセロリでした。夏です。
前菜もう一品が田舎風パテ。しみじみおいしい。ピクルスも。
メインはお魚。
d0139939_2020478.jpg

甘鯛。ブールブランというソース。えんどう、おくら、スッキーニ。カロリーが高いんであろうソースに、みどりのソースも合わさっていた。
手間は贅沢。
そして何より!!パンがおいしかった。あまりのおいしさに、自家製ではないんじゃないかという推理だったけど自家製だった。
パン食べるためだけに行ってもいいかも!
最近やったこと。感じたこと。がんばっていること。これからのこと。
大事な大事なつながり。
デザートのことを忘れるところだった。
シュークリーム(でかい)とチョコのアイス。っていうと感じがちがうな。えーっと、なんて書いたら高めのフレンチになるんだろう(笑)

で、その店のうらにあるお菓子屋さんで手みやげを調達し、友人の職場にその師匠を訪ねる。一番上の写真は、そこんちの時計。プロジェクターですよ。かっこいい。
よそんちを訪ねるのはおもしろい。
あわよくば、と持って行っていたポートフォリオも見て頂け有意義な時間。
友人の仕事が終わるのを待たせてもらい、晩ごはんへ。
d0139939_2037878.jpg

問題のモツ煮込み(だった?)の辛いスープ。私はこれが怪しいと思う。
他には卵焼き、肉じゃが、とんそく。
壁に貼ってあるのは韓国とタイ。不思議なお面。
なに喋ってたんだっけ。2時間について。しまなみ海道。これからのこと。鹿児島のおいどんと佐賀のおいどん。ここにも写真学校の宝物が。
食事をしていたのが22時すぎくらいまで。
ナニゴトもなく分かれて、お風呂に入ってナニゴトもなく就寝。
しかし(笑)
午前4時に気持ち悪くって目が覚めました。まさか食べ過ぎ!?とか思いつつ、しばらく苦しんで(苦しかった〜)胃の中のものを吐いたら治った。
あれが怪しいと思うのよ。
友人はゲリピーたったとのことで、食べ過ぎではなかったようdeath。

で、早起きして(といっても8時とか・・・)イデミスギノに行こうと思ってたけど、今日は断念。
結局いちんちだらだらテレビを見てた。夏休み5日目。
ああ・・・もう終わっちゃうよ(泣)
夕方に保険屋さんであるところの大学の後輩と会う。お仕事の顔をしている。久しぶりに会ったら安定感が増していた。私も仕事のときは違う顔をしているのだろうか。

明日は夏休み最終日。念願のイデミに!!!
そして、また新しい出会い。楽しみ。
私も前へ進まなければ。適当に。適宜適切適応・・・。カメ。
[PR]
by matyu_nao | 2008-08-20 21:02 | 日々あれこれ | Comments(6)

合い言葉は

d0139939_2018283.jpg

夏休みです。
エステに行こうと企んでいたけど、出遅れてしまい予約がとれそうにありません。
今日は練習用にケーキを買いに行こうと思ってたお店が休みでした。
意気消沈です。

ネセサリー。
いま、ニッサンNOTEのCMをみて、何て言うの?
こころから癒されたというか。
ものっっすごくどーでもいーじゃないですか。
あの限りなく意味のないバカバカしいところが、もー・・・人生ってそうあるべきよね!!!って。ね。

生きるってネセサリー。

と思いたい人はどうぞ試乗を特訓してください

いやはや。合い言葉は大殺界と天中殺、にしようと思ってたんですが急遽変更。
合い言葉はネセサリーで。お願いします。

そんなこんなで、意気消沈しておったわけですが、今日は結構がんばったんですよ。ネセサリー!打ち合わせにゆき、ケーキ屋を巡り、昼食もそこそこに練習し(練習のついでが上の写真です)食器を返しにゆき、納品にゆき、作品集用の写真をプリントし、スタジオにいらしていた先輩に写真を見て頂き。
いやはや。
がむばろう。いままで食べ物以外のものを撮れるように練習しようと思ったことなどなかったので、撮ろうと思ったってことが第一歩ということで自らをなぐさめ。あーしかしいいのかそんなんで(汗)ネセサリー!
いやだからね。大殺界と天中殺と厄年がいっぺんに巡ってくる年を目前に、いまのうちにがんばっとかないと!と思ってて、その決意をしたためようとしたところ、ネセサリーで膝カックンなワケですよ。

てきとーにがんばります。暑いし。

ネセサリー。
[PR]
by matyu_nao | 2008-08-18 20:52 | 写真 | Comments(2)

好むと好まざるとに関わらず

d0139939_20304992.jpgd0139939_2031155.jpg

ハンバーガー
2連発。


今日もまた携帯写真のみ。





左が近所に出来たばっかりのお店。
コジャレていて、わりと美味しかったしそのうち雑誌とかに載るんでしょうね。ホールを一人でまわしてるお姉さんが、とてもいい人そうなんだけど鈍臭くって手伝いたくなりました。バイトで雇ってくれないかな。
右はクアアイナ。なにげに初めて行きました。黒芥子が歯に挟まる・・・。
いもが旨かった!!

というわけで、水曜日が突然休みになったので「スカイ・クロラ」を観て来ました。レディースデイだし。この夏の話題作をきちんと押さえてみました。
クロラの意味が気になって、何年かぶりに英和辞典を引っ張り出してみたり。
本当はクローラーって伸ばすんじゃないかと思いますが、クロラにしたとこがいいなあと漠然と考えるの巻。

後ろの席の人が袋菓子をガサガサやっててうるさかった。さすがに本編がはじまったら自粛してましたけど。でも空中戦がはじまるとすかさずガサガサいわせてて、ちょっとウケました。でもああいう、他人がいっぱいいるって気配の中で映画を観るのが、映画館の醍醐味かと。おもしろかったから集中できたけど。
あ。
ネタバレありかもしれません。念のため。

主人公のひとりが死んでしまう結末なのに、妙に救われる感じがするのはなぜかしら。なんか爽やかな・・・。空のせい?気のせいかもしれないけど、一番最後の水素の表情がかわっていたからか。
そもそも生きている実感がある・ないってのがよくわからない。生きている実感ってなに?どんな感じ?
そう思う人間に対しても、それなりの説明が用意さていた。はー、そんな感じー・・・と。私のように感じる人もいれば、そうそうそうなのよって思う人もいるかもしれない。そうそうって思った人に、なんらかの希望を示せる映画であればいいなあ。押井監督のメッセージが伝わればいいですねえ。
押井監督が映画で言いたかったんじゃないかってことを、宮崎駿監督はテレビの密着ドキュメントのひとコマでふと口にしていた。
美しい夕焼けを眺めつつ「死んだらもう見れないねえ」
ものすごーくどうでもいいことだけど、そういうことなんだと思う。
生を慈しむ?
逆に、死んだらもう見れないけれど、自分一人が死んだってその夕焼けは繰り返されるってところに、安心したりもする。
話が逸れました。

あと何が書きたかったんだっけ。
いろいろ考えたんだった。キルドレって呼ばれる子たちの親はどうしたんだとか、どうやって生まれて来たんだ、とか。この子たちを殺して、大人は何とも思わないんだろうかとか。完全な平和が実現されてたという世界なのに、全然生気がなく描かれているのは何故だろう、とか。それは今の日本と同じなんですかね?そうかな?
ティーチャーといわれる大人をおとしても、きっと何も変わらないだろう。
大人は狡猾だから。
ティーチャーだってきっとたくさんいるんだよ。
もしティーチャーの不在が少しの間続いても、それは単に危機管理能力がない大人が指揮を執ってたってだけの話。キルドレが再生産されるように、ティーチャーだって再生産される。とかなんとか。考えてました。
主人公は最後に「キル・マイ・ファーザー」といってティーチャーに挑みます。
でも、何かが変わるかもしれない、と挑み続ければ少しずつ変わって行くと信じますか。
そのために再生産されるのだと。

なんかまとまりがないなあ。
思いついたらまた書くデス。

d0139939_20322133.jpg


d0139939_20331813.jpg


映画館を出た後の渋谷。
生きるってなんですか。
[PR]
by matyu_nao | 2008-08-16 20:34 | 読んだもの | Comments(0)

海が太古に戻るくらい。

d0139939_20303480.jpg

写真だけ再録です。写真がなくてマイッタマイッタ。
実家のさくら。べろがかわいいのう。

ポニョを観ました。
つべこべ言わずに笑っとけ!て感じでした。
ストーリーはそっちのけで、でももうどうしようもなくわくわくするシーンがあるってすごいですよね。まあストーリーはそっちのけ
どこだったか忘れちゃったけど、一緒に走りたくて足がうずうずした(笑)
ソウスケ長い人生がんばれよ。

食べ物を魅力的に描く作家は、誰がなんと言おうとスバラシイです。
ハチミツを牛乳に溶かした後のスプーンをなめた時のポニョの表情。
蓋を開けた時のラーメン。
サンドイッチ!!

古典的(?)で外せないのは、バターになるトラ。
村上春樹もいいですよー。ノルウェイの森のみどりちゃんは無敵です。
あと、ハリー・ポッターといえば、ヌガーです!

ハリー・ポッターの作者のインタビューで、食べ物の描写にはこだわったというのを読んだことがあります。子供のころ読んだ本に出てきたおいしそうな食べ物を忘れられない、と。同じことを盛り込みたかった、と。

江國香織も食いしん坊だと思います。
江國作品で一番すきなのは「流しのしたの骨」なんですが、あれに出てくる食べ物を全部書き抜いたことがあります(バイト中。給料泥棒の名はほしいまま)
いま住んでいるとこの隣の駅で「櫻子」を発見した時は、興奮したな(まだ入ったことない笑)

あとなんかあったっけー。
オススメあったら教えて下さい。

d0139939_20502212.jpg

似たようなものを撮っている。ふふふ。
私のは携帯ですが・・・。ポニョを観た後の飛行船。
[PR]
by matyu_nao | 2008-08-11 20:56 | 読んだもの | Comments(5)

両毛の旅

d0139939_1982180.jpg

今週は両毛と呼ばれるあたりをうろうろしておりました。
あーつーかったー。

さかのぼろう。
2泊3日だったのですが、3日目が群馬県は館林での取材で。
37.9度 だったそうです。
勘弁して下さい。

いやさ。さすがに朦朧としてしまいましたね。
重いものを抱えて歩くとねえ。うふふふふ。

今回は携帯写真のみでして。
最初のは、わたらせ渓谷鐵道に乗っかった時のもの。
さすがに山の上は涼しかった〜。
行ったところで、印象的だったのは栗田美術館
なんでホームページがふたつあるんだろう。
すごい見応えがありました。伊万里、鍋島の焼き物が集められているのですが、佐賀県人としては誇らしいような、なぜこれが佐賀ではなく栃木にあるのか・・・と思ってしまうような。
ステキだなーと思ったのが、染付けの傘形皿ってやつ。
栗田美術館のサイトでも見られるので探してみて下さい。本物の方が断然いいけど。
足利はよかったですよ。また行きたい!
足利学校もいい建物でしたわ。
そして晩ごはんを食べようと30分くらい(暗い、車しか通ってない)町をさすらって、たどり着いたお店は白髪の看板ムスメがめちゃくちゃチャーミングで、とてもほっこりした気分でホテルに帰れました^^

そして田村耕一陶芸館。こぢんまりとしているのですが、やっぱりねえ。人間国宝になるような人の作品はねえ。いやはや。
ちょうど「文様展」というくくりで展示がしてあったのですが、ほたるぶくろの文様についての田村耕一の文章も添えてあってですね。
最後に「願いをこめた文様にしたい」と書いてあって。
いままで、うつわに描かれた文様をそういう風に見たことがなかったので、上手く言えないんですけど目から鱗?感銘を受けたのです。ええ。

ほたるぶくろのうつわは、多分忘れないと思いマス。

そうそう。裕福な家庭に生まれた方だったらしく、やっぱり文化を育てるにはパトロンとか必要なんだよ!!と。美しいものは、作者を蝕むかもしれないけれど大事なものだと思うのです。

あとなんだっけー。
d0139939_19375337.jpg

これ!さざえ堂!これもおもしろかった。
堂内をぐるぐるまわって上まで行く間に、仏像を拝み。ぐるぐる下まで戻る間にも仏像が、100体。お得なカンジ(笑)
堂内がぐるぐるしてるからさざえ堂っていうんですって。
とても興味があります。なんであんなもん作ったんだろう。
江戸時代に作られたみたいで、たぶんエンターテイメントだったんじゃないかと。
レジャースポット。
ネットじゃあんまり出てこないから、図書館とか行かないとダメかな。誰か研究してる人いないのかな。

えとー、あと陶芸家さんにお会いしたのですが、その方はずっと親戚がやってる食堂を手伝ってたんだけど病気になってしばらく働けなくなった時、ヒマだったから陶芸教室に通ってみた。それが元で、陶芸にハマって今では陶芸教室を開いていらっしゃいます。陶芸をはじめてみると、いろいろやりたいことが広がって、お華や茶道、そうすると着物も着たくなる・・・って世界が広がったんだそうで「楽しいですねえ」っておっしゃってました。
すごーく羨ましかった。
あんな風に楽しいって言えるっていいなあ。

あとねー。
いもフライですね。うん。今回は小麦粉の旅でしたな。
うどん。うどん。ラーメン。まんじゅう。焼きそば。うどん。
うどん。そば。 みたいな。
いもフライにも衣ついてますんで。
どの町に行っても、やっぱり寂れる一方だよって言われるけど、いもフライみたいな地元の名物が土産物だけでなく生きているのはいいことですよね。
ま。いもフライをお土産で買って行く人はなかなかいないような気もしますが。
お客さんはどんどん来るけど、地元の人ばっかだったし。
うちの田舎にはないなあって寂しく思ったのでした。

おう、なんか長くなりましたな。
凝縮された3日間。終わってしまえばあっという間だったけど、何やってたんだか思い出せない凝縮っぷり。

d0139939_2055679.jpg

うどんの町館林のど真ん中に、大きい讃岐うどんのお店がありました。
[PR]
by matyu_nao | 2008-08-09 20:14 | 旅ゆけば | Comments(0)