matyunagニャッシ

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大きい声では言えないけれど

d0139939_21202434.jpg

やっぱNHKはいいですね!!
受信料は払って・・・ゴニョゴニョ

いまね、大台ケ原ってところの番組を見てるんです。
おもしろい!
木にぶらさがった泡からオタマジャクシが落ちて行く。
蝶って羽根が濡れると飛べなくなるんですね。へーへーへー。
あと、雨で濡れる目を一生懸命にぬぐっているトンボの映像が流れました。
ワイパーだよ(笑)
大台ケ原は日本で一番雨が降るところだそうです。
NHK大好きです。ハイ。
そして今雪の結晶の映像が。素晴らしい。
シゼンッテスバラシイ。

というわけで、写真はセブンイレブンのパンです。
ドーナツが食べたくて。ミスドのヤツ。たまにあの体に悪そうなクリームが食べたくなる。でも、自転車で10分程のところにしかミスドはないので諦めてセブン。ジャンキーさ加減ではいい勝負です。
今日は午後から作品撮りに行っていて、さつまいものクッキーを頂いたので
家に帰ってからもう一回撮っていたのです。
んで、ついでにこれも撮ったというワケでして。
家で撮ったクッキーの写真を眺めながら、私の写真には何かが足りないと
思ったり思わなかったり思ったんだけど。
誰か教えてくれないかなあー(どこまでも他力本願)

ホコリタケというキノコがいて、雨があたった衝撃で胞子を飛ばすんですって。
いろんなヤツらがおりますのう。

明日からケーキの撮影があるのですが、テーマがイースターとかすずらん祭りとかなんですよ。あと、ポワソン・ダブリル。
フランスでは4月1日はポワソン・ダブリル(4月の魚)ってゆーんですって。そういうのをいろいろ調べていて、ちょっと小ネタを仕入れてます。
すぐ忘れるけど。
きっとホコリタケのこともすぐ忘れるんでしょう。

四月馬鹿と言えばcoccoちゃんです。
君のいない四月が来る〜♪

d0139939_21522663.jpg

作品撮り中、がんばっているワタシの前にやってきてクッキーを狙うにゃんこ殿。
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-30 22:09 | 写真/料理 | Comments(5)

冬のいいところ

d0139939_12191992.jpg

いくら歩いても汗をかかない
お布団の中が楽園になる
PCで音楽を聴き続けても怖いくらい熱くなったりしない
暖かい飲み物をたくさんいれられる

というわけで、昨日は歩いてご帰宅。
職場から家まできっかり1時間です。
朝は雨が降っていたのでバスを使ったのですが
激しく渋滞していて1時間経っても着かず。
勘弁して頂きたい。
歩いた方が早いってどうなの。トウキョウ。

本日は新宿で遊んできます。
新しく出るカメラを眺めてこよう。
写真は前回の作品撮りの時のもの。スタイリングはパン職人さんのオクサマ(パンコーディネーター・・略すとPC・・PSとかPLCとかBAとかも候補で(笑))
次回はカメラがいいヤツになってるかもしれません。ウシシ。

新宿はほんとに美味しいもの過疎地帯で。
あれだけ店が溢れているのにねえ。あんまりな過疎っぷりに探究心に火がつきそうです。めずらしくカフェとか調べちゃいました。

あ、お勧めの店あったらこっそり教えて下さい。

そんなこんなで、情報交換/作戦会議/人生談義。
きっと実際話すことはちょーくだらないんだろうな。
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-29 12:34 | 日々あれこれ | Comments(2)

バランスは気にするな!

d0139939_20125466.jpg

寒いです。寒い。ええ。冬ですから。
うちのエアコンのリモコンがですね。動くんですけど、あのー電波?センサー?なにかは発しているのですが液晶がイカレているのですよ。
なので冷房なんだか暖房なんだか、設定が何度になってるか
まるでわかんないんですよ。
で、いまこの冬初の暖房をいれたんですが。勘で。
設定も勘で3度下げてみました。

それはどうでもいいですけど。
最近ちょっといいものばかり食べているような気がするので
バランスをとるべく晩ごはんにカップラーメンを食べてみました。
結論としてはそのようなバランスは取らなくてよろしい、ということで。

お昼はですね、神宮前にある最近お気に入りのレストランに行ったです。
原宿におつかいに行ったので。
鮮魚のポワレ、アサリとじゃがいものスープ仕立て。
鮮魚はメバルだとのこと。
今日のチャンピオンは前菜のプレートに乗っかってた
鰯のすり身を揚げたヤツ。サクサクとろとろ。お味もよろしく。
でもその隣に乗っかってたかぼちゃのポタージュも捨て難い。
前回行った時はサービス係は男性女性ひとりずつだったんだけど
今日は女性だけで、キッチンの方からお手伝いの人が出てきていた。
お手伝いの白衣の男性は不慣れな感じだったけど、お手洗いにたったお客さんのナプキンをたたんでいたりして、ほんわかした気分になりました。
いいお店です^^
彼も自腹で美味しい高い店にいったりして、そういうサービスをしてもらったりしたのかなあ・・・とか妄想は広がるわけです。

しかし「ビジネスランチ」とはいえ1500円なのですよ。
前菜盛り合わせ、主菜とパンで。安いわー。安過ぎる。
今度は高いランチを食べたいなあ♪
残念ながら本日は仕事の途中だったので、食べたらすぐに出ました。まさにビジネスランチて感じで。
隣の3人組は3500円のやつをとってて、羨ましかったにょー。

このところ写真を撮っておりません。
上の写真も、10月に撮った分です。ぶどうぱん。
ひとり逃亡中です。
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-27 20:35 | 食った食った | Comments(0)

かりんとう

d0139939_19295674.jpg

だって楽しいんだもんw

というわけで4連投。今回も「料理の本」での投稿です♪
写真ははなはだやる気が感じられず・・・反省しなさい。
(反省の現れがこのサイズだったり☆)
栗餅デス。
うまかったデス。
お上品な餡と栗の風味と食感と。餅の弾力。シアワセ。

や、もっとちゃんと写真撮る練習しようと思って
雨が降らないうちに隣の駅の和菓子屋さんまでちゃりちゃりって行って参ったですよ。昨日ね。そして、こいつと「銀杏」の上生菓子を購入して来たですよ。
・・・いちょう・・・の形だけど銀杏ってぎんなんじゃなくいちょうって読むんで良かったんだっけ、とアホなことを考えつつ。じゃあ、いちょうは他にどう書くんだと言われれば思いつかないわけですが。胃腸、と思ったでしょ今

でもしかし。
やる気がーなくなってー。食べちゃった。
美味しかったですよ〜。形がかわいい。そして黄色と見せかけて、下の方がほのかに緑だったりするわけですよ。芸が細かい!
んでから、織部饅頭もありました。
古田織部の織部焼。の織部だそうです。以下、この本より。

事典 和菓子の世界
中山 圭子 / / 岩波書店




「真っ白い薯蕷饅頭に、緑釉に見立てた緑のにおい(ぼかし)をつけ、梅鉢や井桁型などの焼き印を押したもので、江戸時代後期には作られている」らしいです。
ちなみに炉開きのお茶には、織部焼の何か一品を使うしきたりがあるそうです。そいうのって裏だの表だのって関係あるんですかね?
お茶亊も憧れます(うふふふ庶民)

この本面白いんですよ。
名称編、モチーフ編、素材・用語編にわけて和菓子の由来や形について解説してあります。ひとつひとつに写真かイラストが付いててわかりやすく楽しいのです。

で、なんでタイトルが「かりんとう」かというと。
去年お正月に帰省した際、お土産で小桜のかりんとうを買ってったのです。
そしたら、なぜか甥と姪の中で「なおちゃん=かりんとう」となってしまったらしく、3月に友人の結婚式で佐賀に帰った時、私が来るっていうんで「かりんとう買っとかないと!」て言ってたらしい(笑)
よくわかんないけど、かわいいです。
しばらく前にネットニュースで「おばバカ」という言葉が取りざたされていましたが(ごく一部?)あたしゃー12年前からおばバカですよ。はっはっはっ。
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-25 20:44 | 料理の本 | Comments(0)

ハンバーグステーキ/マロンスフレ

d0139939_13424585.jpg

天気予報では雨が降るといっていたから
外出は控えようと考えていたのですが、まだ降ってきません。

半ば雨を期待するかのように、窓から空を見上げてばかり。

どうしようかなあ。
新しくなった紀伊国屋に遊びに行こうかなあ、とか。
や。しかし食べ物屋に行っても現在の我が家の冷蔵庫/冷凍庫の状況じゃ
欲しいものがあっても買えないぞ、とか。
でもそっちのほうが好都合かしら。散財気味。

昨日の晩ごはんは冷蔵庫と相談してグラタンもどきを作りました。
ホワイトソースを作るべし、と思ったとき
そういえば小川軒のってどんなかな、と引っ張りだしたのがコレ。

小川軒の洋風料理―OGAWAKEN Since 1905
小川 忠貞 / / 世界文化社



家庭画報での連載をまとめたもので、写真はうちの師匠です。
なので師匠から頂いた本です。
スタジオにはこれらのポジがあって、せっせとスキャンをするのも私の仕事。

小川軒・・・行ってみたいなあ。

でですね。ベシャメルソース。
無理無理。おいらが家で作れるわけないわ、と諦めました。
ちょーうまそうです。
でも手間がかかるけど出来なくもなさそう・・・かも。もしかしたら。あるいは。そこは根性と情熱次第・・・かもしれなくもないかもしれない。
というわけで、腹へりの私はいつもの通り湘南スタイル、採れたてレシピを参考に作りましたにょ。


いやはや。ワタクシこのカテゴリだといくらでも書けるかも。
3連投ですからね(笑)


ハンバーグステーキが美味しそうで美味しそうで美味しそうで。
見て欲しい。
どのくらい美味しそうか。
あのですね。ドミグラスソースがですね。
鍋ごとくれないか。

まあ・・くれはしないでしょうがね。

あとね、クレープ・シュゼットとかね。
あとね、マロンスフレね。

先日行ったフランス料理のお店で、デザートに柿のスフレをとったんですが
わたしの頭の中を占めるのは、この本で見た小川軒の端正なマロンスフレなわけですよ(妄想バクハツ)
ちょっと・・・カジュアルなお姿でした。柿のスフレ。

稼げるようになったら絶対行こう。小川軒。
今はレイズン・ウィッチで我慢しとく。

雨降ってきましたなあ・・・。
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-24 14:08 | 料理の本 | Comments(2)

バジリコソース

d0139939_1439218.jpg

3連休ですよ。シアワセです。
今朝はちゃんと8時くらいに起きて、朝ごはんを食べ(ベーコンとマスタードグリーンをはさんだホットドック(?)とアリエッタのパン・オ・ミエーレ半分)
撮影で使ったバジルをたくさん頂いたので、ジェノベーゼをこしらえようとお買い物へ。

今期は結構な優秀さで頂いた食材をお腹におさめてます。
ウッス。
忙しいと食材をたくさん頂くけれど、忙しいので家でごはんが食べれないというジレンマがありまして・・・。
でもごった煮ごった炒めでもりもりと。

食材をたくさん頂くのはいいけれど、食費は浮くのか?という質問をされました。結局もらったものに何かを足して、あれを作ろう!と思うと買い足し買い足しとなって、逆にお金がかからないか?ということです。
ごった煮ではそういうことはありませんが、ジェノベーゼでは・・・・。
松の実買って、パルミジャーノ買って、頂いたバジルが水耕栽培的なものだからか華奢で、たくましそうなのをちょっと買い足して・・・てやってるとあっという間に・・・。
クルミはあったんです。オリーブ油があんまりいいのじゃないから、どうしようかなあって迷ったけれど贅沢は敵だ、と妥協。

で、レシピはこの本から。

アルポルト直伝 ちょっと贅沢イタリアン
片岡 護 / / 講談社




うちの師匠が写真撮ってます。
3年分くらいの連載をまとめた本で、私は2年分の撮影にくっついていってまして。片岡さんのお料理はおいしいです。しあわせな撮影でした☆
それで、一番印象に残っているのがこのバジリコソースなのです。
出来上がったものをちょこっと味見させてもらったのですが、感動的においしかった。おいしかったんですよー(と世田谷の片隅で叫ぶ)

あとねーセロリのトマト煮もマグロのグリル、ケッパーソースもおいしかったなあ。本には載ってないけどもっといろいろあって・・・・。

というわけで、さっき作ったジェノベーゼ/バジリコソースは明日パスタにでもすることにしまして。
冷蔵庫のものたちを消費すべく、また珍妙なものをお昼に作りました。
なおさんの創作料理の時間です。
ベーコンとレタスの黒酢炒め飯。わりといけてましたよ?
ひとりだと、こういう二度と作れない系を自由に作れていいですね(前向きに)

というわけで、おいしいモノに餓えている私は今晩、コム・ダビチュードに行って来ます。いくらのコースにしようか思案中です。
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-22 15:07 | 料理の本 | Comments(0)

肉じゃが

d0139939_20595098.jpg

プリングルスのサワークリーム&オニオンが好きです。
止まらない・・・・。


ところで、料理の本ってカテゴリを作っちゃいました。
好きな本がいっぱいあるから、ここで愛でようと。
こういうのマニアってゆーんじゃない?わーいマニアマニア(アホともいう)

今回はこれにしました。

土井家の「一生もん」2品献立
―みんなが好きな「きれいな味」の作り方。

土井善春




なぜなら今日の晩ごはんは、これに載ってるくずし卵のサラダを作ったから。
ちょこちょこ思い出しては作る料理がありまして。じゃがいもの重ね焼きとか。
タイトルはこの本の中で一番すきな料理の名前。
肉じゃがってあんまり上手に出来たことないんですが、このレシピで作った時は上手にできたんですよー。にゃはー。
写真もすっきりステキです。

今度はチキンカレーを作ろう。


やっと忙しいのがひと段落。
明日が終われば・・・・明日は長丁場でございます。
肩が凝ります。

そいぎ!
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-19 21:34 | 料理の本 | Comments(0)

こんな時こそ再録を。

再録シリーズです。
2007年2月13日に書きました。
現在の私とは考えていることが違うかもしれないけれど。
しかも長いけれど・・・・。読まなくていいですよ?
写真も当時のもの・・・まあいいか。これはこれで(諦めモード)


スーパーの焼き芋コーナーにて。
ものすごい情熱で芋入りの紙袋を選別するママを目撃。
片っ端から持ち上げていました。
パパのこともあれくらい熱心に選別したのかしら。(余計なお世話)
d0139939_21305980.jpg

昨日、代々木公園のへんから原宿青山を通過して渋谷へ
というコースをお散歩しました。
青山と言えばデュヌラルテです。
上の写真はデュヌラルテの新作。クッキー、かな。
周りはレモンのアイシング。甘酸っぱいです。
なんかねマカロンとクッキーの間の子みたいな感じ。
どちらにせよ美味。シアワセ。

いい天気の中てくてく(じょんじょん、でも可)歩きながら
またまたぼんやりと考えていました。
以下、こころの声。

(前略)家族を持つってすごいよなー
人を養うってすごいよなー
家族のためにお金を稼ぐんだもんなー
自分のものは買わなくても子供のものは買ったりもするんだもんなー

。。。。やっぱり元オリーブ少年って人もいるんじゃないかな
卒業しきれていない元オリーブ少年も
結婚できない世代を作ってる一因じゃないのかな
でもまてよ。
まあ良い悪いは何とも言えないけど、とりあえず天然生活さんたちは食や暮らしというものにある程度の関心を持っているから、そこはもう放っておいていいんじゃないか?我が道を行ってもらって、私も我が道を行った方が建設的だ。
むしろ問題は、イマドキの若い子達なんじゃ?
うちの師匠は中学生の娘がいて、その同級生の話とかをたまに聞くんだけど、母親が食事の用意もしないで遊びに行っちゃったりするらしい。師匠は、うちの娘は太ってる、イマドキの子は本当に細いよね。って言う。それはきっと、娘さんは美味しいものを食べさせてもらってて、食べる喜びを知っているからだと思う。いまの若い母親の世代って、親が共働きでひとりでごはん食べてたって人が多くなってきた頃なんじゃないかと思う。ちょうどそれがまだ問題になってなくて、放ったらかされてきた人たち。そういう人たちはきっと自分の子にも、美味しいものを食べさせてあげられないんじゃないかな。もちろん私は社会学者じゃないから統計なんて取ってないし、フィールドワークなんてしてないから憶測なんだけど。でも、そう的外れでもないと思う。

まじやばいーとかじゃなくて、ああおいしいって
人間らしくほっと幸せになるような瞬間をガングロさんたちは知っているのかな。と。

こないだ、某有名料理研究家のところでお雑煮を頂いた。
数種類の根菜を細長く切ったものと牛肉を煮た出汁に焼いたお餅。
その時、その料理家さんが話してた
「これを主人に食べさせた時にね、これすごく簡単にできるんでしょ?っていうから、簡単よーって答えたら、こういうのを子供に作って食べさせてあげたらいい子に育つだろうにねって言ってたのよ」って。
全くその通りだと思う。

若い子達がなー食に興味を持つようになればなー
いい世の中になると思うんだけどなー
とりあえずはっきりとした興味じゃなくていいと思うんだ。
潜在的に。
美味しいもので餌付けしとけばいいんだよね。
d0139939_2132493.jpg

これうまい。まじやばいー。
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-18 21:34 | 再録ズ | Comments(0)

ショコラとか

d0139939_20374784.jpg

いやはや。1週間ぶりですね。どーもどーも。

書くことないんですけど。

えー・・・・。
写真はお誕生日にもらったチョコレートです。
今年は高級チョコレートをもらうことがよくありました。こないだはイナムラショウゾウのチョコを頂きました。美味。

11月も半ばですよ。ビビります。
ついこないだネズミの年賀状を考えていたのに。
来年はなに年でしたっけね?

というわけで、高いチョコにハマりそうです。
チョコは好きなので、なんでもいいんです。安くてオッケー。
でも、高いチョコの何が美味しいのか。いや、あのーどこの店とかじゃなくて、どういう点を美味しいと感じるのかを追求したくなる、というか。
マカロンがそれなんですけど。
マカロンってそんなに好きではないんですけど、マカロン大好きって女性は多いではないですか。
マカロンの何にそんなに魅力を感じるのかを知りたくて、いろんなお店でマカロンを食べてみています。
・・・いまだに魅力はわかりません(汗)
・・・ラデュレに行きたいな♪

コーヒー豆を切らしていたので、チャリチャリっと買いに行って来ました。
かわいいカップ&ソーサーが置いてあった。安かった。
でもソーサーって使わないなあ・・・・かわいかったなあ・・・。
で、お店のおにいさんが今日は何にしましょうって声をかけてくれたのですが、そういわれるとどういうのを、て言えないなあと気付いたのです。
いつもストレートのを買うんですが、いつも行くコーヒー屋さんは農園の名前とかで出してあるので覚えるのが大変です(汗)
で、いれてみてこれ美味しいなあって思うものと、まあまあだなと思うものがあるので確かに好きな味の傾向というものがあるのですが、なんせ名前を覚えるのがですな・・・(アホ)
たぶん、世界地図を使って産地と名前と味の傾向をまとめて眺めればいろいろ掴めるんでしょうけど。
作ってくれないかなあ。

というわけで、書くことないといいつつもいつもだらだら書いてしまうのですが、ひとつ思い出しましたにょ。
おいしい茅ヶ崎に受け継がれた、採れたてレシピが更新されました。
今回はフルーツの採れたてレシピです。
写真をクリックして頂くと、大きく見れます。秋です。
ヨシムラさんの果物のイラストがステキです。

毎回毎回、その時に出来る限りのことをやってはいるのですが、あとで見返すとなんだかなあって思います。
せめて「まあまあだな」と思えるものを撮れるようになりたい。

明日もお仕事。明日は中華です!!

d0139939_21124084.jpg

どこまでいっても食べもののことばかり・・・・。
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-15 21:15 | 日々あれこれ | Comments(0)

栗そぼろ的な。

d0139939_19535728.jpg

成城アルプスのモカロールが食べたくて。
ケーキを買ったら撮らずにいられなくて。
モカロール大好きなのデス。しっかりした生地とバタークリーム♡

d0139939_19574075.jpgしかしこんなてきとーに撮ったものをアップしていいものか(汗)と。
小さくすればいいんじゃん?という安易さ。
これはマロンシャンテリーです。
マロンシャンテリーなるものは、日本人が考えたんですねー。へー。
ああシアワセ。





成城に行ったのは本屋へ行くためでもあり。
ついに図書館で借りることをあきらめて「翔ぶが如く」を購入して参った次第です。しかし途中で寄った図書館で古川日出男の「ベルカ、吠えないのか」も借りてしまい。「LOVE」を借りたかったんですが。しかしベルカも好きだからまあいいか、と。いまから読みます。
再来年のNHK大河ドラマ。龍馬役が福山雅治だそうで。
びみょー。
明日は仕事なので、また篤姫は見られないのかしら・・・。
いま本屋に出ている篤姫本の表紙の写真。

d0139939_2082098.jpgこれこれ。
この写真いいですよねー。
本はいらないけどポスターが欲しい。
ポスターってないのかなあ。


あれ。なんか書こうと思ってたことから脱線してるな(いつものことだな)

・・・そうです。
本屋に行って一個人も買っちゃった。
雑誌です。
特集っぷりが徹底していて好きです。

12月号はワインの特集でした。おもしろい。
んで、このワインがおいしいって選ばれてましたよ。
2000円以下で買える赤ワインベスト1だそうな。
スペインの・・・以下省略(名前長過ぎ)

d0139939_20165993.jpg

主役のパンは、熱いパン職人さんのものです。
パプリカパン。

近々またコーヒー特集があるみたい。楽しみ。
堀口珈琲の講座を受けに行きたいなあ。
というわけで本の世界へレッツトリップ。
[PR]
by matyu_nao | 2008-11-08 20:25 | 甘いものとか | Comments(3)