matyunagニャッシ

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

赤ピーマンのムース

d0139939_22373163.jpg

みやじ豚が食べられる店がスタジオの近くにあるというので
先週行ってみました。
結局,みやじ豚はランチの時間は準備をしていないからというので
ランチセットの鹿肉のパテをとったんですが。
美味しかったです。でも丸い小さいパンがひとつしかついてなくて、パテとかマリネとか(紫キャベツのマリネがビミョウに甘くて美味しかった)そんなんなのに丸い小さいパンがひとつだけで。丸い小さいパンがひとつだけで(ひつこい)追加でもうひとつ頼んだら、100円取られてて。丸い小さいパンが100円で。
しかしあれですね。駒沢のガトーショコラは固くてなんぼなのか!?
こないだ行った店の(こっちは不味かった)ガトーショコラもびっくりするくらい固かった。

ああ。いいですそれは。いきなり脱線してます。
そんで、その丸い小さいパンの店にコート・ドールの斉須さんの本が置いてあったんで、読んでいたのです。パテが出てくる前とか、デザートの時とかに。
いやはや面白くって。
スタジオに戻ってすぐにアマゾンで注文しちゃいました。
それがこれ。

d0139939_22463187.jpg
「十皿の料理」斉須政雄
朝日出版社 1992年


斉須さんが大事にしてらっしゃる十皿の料理について、それとフランスで働いていらした12年間をかいつまんで。編集の方の聞き書きです。

料理カメラマンのアシスタントになってはじめてくっついて行ったロケ先が、コート・ドールでした。実は。

それで、この本の最後の十皿目に紹介されている「赤ピーマンのムース」も試食させて頂いた記憶があります。
でも、もったいないことにテンパっておったのでしょう,味を全く覚えていません。
きれいだな、って思った・・・?なんだこれ!?と思ったかもしれない(笑)
シェフのことはよく覚えています。
フランス料理のシェフっぽくなくて、坊主頭でピンクのポロシャツにエプロンって格好だったはず。へー・・・ぽくないなあって思いました。

この本を読んで、その印象に納得がいきました。
とても・・・んー・・・クリアな人だなあ、と。
こんなブログにちょろっと書いただけでは、言い表せませんな。と逃げてみる(めんどくさくなった)
きっとこの人が作る料理は美味しいんだろうなあって素直に思いました。
大人になったら行こう・・・でもちょっと急いだ方がいいかしら?とか。
でも絶対行こう、と決めました。

引用したいところが(たくさん感銘を受けたのでたくさんあるけど)

「僕は料理の道に入ってから、ずいぶんと多くの人の世話になりました。十代の頃,二十代の頃、三十代の頃。そのお礼は皿で返す。一人一人,訪ねてお礼を言いたいのです、まだまだ教えてもらいたいことはたくさんあるのです。その気持ちを皿にのせる。なぜなら、みんな僕に料理を教えてくれたのですから料理で返さなければなりません。厨房で作り,客席に運ぶ料理は、仕事です。しかし、その礎にはたくさんの人の心づくしの教育があって、その集約が皿です。決して忘れてはならない。」(P51)

何かを表現したいんだ、と思ったことはないです。
自分を表現したいとかそういうの。
伝えたいことはあるように思います。
そのひとつがこれだな、と。
育ててくれた人への感謝を写真にのせる。
今の私にはとてもタイムリーな一文でした。
忘れてはならないことです。


愛読書になりそうな気配が。
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-28 23:22 | 料理の本 | Comments(0)

小人のパン(違うけど)

d0139939_2149791.jpg

寒いですねー。
雨の日はバスか電車で通勤します。バスの方が好きです。
今日はバスで帰って来ました。
住宅街の細道を通り抜けてゆきます。
ちょうど自動車学校の教習時間だったらしく、わらわらと教習車がやってくるんです。細い道をぎこちなく動くのは、小人がきゃーきゃーいいながらゴニョゴニョしてるみたいで面白かったです。
1台は、でかいバスとすれ違うべく左に寄ったのはいいけど、右のウインカーを出したままというよく訳のわからないことになってました。もしや煽ってた!?
4台に囲まれ、その後続々と6台やって来ました。教習車。
あんなにまとめてははじめて見たかも(笑)もしや自動車学校に迷い込んでた!?

そんなアホなということで、昨日は作品撮りをやってました。
パンパンパン。
小さい食パン。エルブ・ド・プロヴァンスが入ってるんですって。
さっきはじめて気付いたんですが、エルブってハーブなんですね。「H」は発音しないからですな?
パンパンパン。美味しいパン。
写真撮りながら、新しいパン屋についてあーだこーだとお喋りするのは楽しいです。商品のラインナップに迷いがある!とか無責任なことを言いながら。
もうすぐ故郷に帰られます。
淋しいけれど、お店を開かれるのはすごーく楽しみです。
パンパンパン。

最近、身近なところで開店話が多くて楽しみ楽しみ^^

楽しみにしてますよー!!!

と、関係各位へ。どうも。
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-23 22:07 | 愛しのパン | Comments(0)

紀伊半島の写真。

d0139939_23394012.jpg


山と海に囲まれた町でした。

d0139939_23395298.jpg

レンタサイクル(たぶん・・・)
「誰がレンタルするの?」と先輩。
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-22 23:44 | 写真 | Comments(0)

紀伊半島の話。

d0139939_1837928.jpg

かれこれひと月分くらいネタがたまっておりまして。
2月のあたまに四川飯店で本の撮影がありまして、楽しかったー。おいしかったー。
その次の週に三重県に行った時の携帯写真を。本日は。

や、携帯じゃない写真もあるんですが、スタジオから持って帰ってくるのを忘れておりまして。まあまあまあ。
近鉄の駅のホーム。赤福の広告で埋め尽くされておりました。
ちっこいなこの写真(笑)
クリックしてもらうと大きく見れますので(もしよろしければ)

えとですね、一泊で行ってたんですけど三重県尾鷲市に。
おいしいモノは食べられなかったけど(なんとか牛とかなんとか海老とか)ご当地ものはちょこちょこ頂いて来ました。あ。お刺身はすごくおいしかった。
d0139939_1842263.jpg

左は尾鷲で泊まったビジネスホテルの。すごい名前です(胡蝶館)
真ん中が「カメノテ」というシロモノです。食べられますw
メニューには「タカノツメ」と書いてあって、まさかあの鷹の爪じゃないよねえと話をしてたんですが、これでした。
そんなに珍しいものではないらしい。そして貝ではないらしい。汁にすると美味しいらしい。こちらに詳しく載ってました。

d0139939_1928377.jpg甲殻類なんですって。
ていうかガメラですよね。
ガメラの爪。

そいでから、右のが「めはり寿司」というものです。目を見張る程大きいから、だそうです。高菜の葉っぱで包まれています。中にも高菜が入ってました。

あと、さんま寿司。鯖寿司のさんま版。
この辺であがるさんまは脂が少なくてお鮨にいいそうです。

あとねえ・・・特記事項はねえ。

なんかよくわかんないうちに(仕切ってたのがおじいちゃんで・・・)お風呂に連れてかれました(笑)
海洋深層水のお風呂だそうで。そういうの温泉とはいわないですよね?きっと。・・・もう今はサイトをもっていないところの方が珍しいのでしょうか。
調べたらすぐに出て来ますねー。夢古道の湯ここでした。
なんかよくわからないうちに、初対面の制作会社の方と裸の付き合いに(笑)
ソフトクリームが売られているんですが、海洋深層水の塩が隣においてあって振りかけてお召し上がり下さいって。食べてみたかった・・・。
この近くに三重県立熊野古道センターなるものがあって、そこも少し覗いたんですがけっこうな建物でした。尾鷲と隣町の檜でできていて、釘材を使ってないんですよ、とのこと。
すごーくいい香りがします。
展示も工夫してあって、面白かったです。熊野旅曼荼羅という絵があるんですが、これもまたステキでした。
いやしかし。
あの辺の山って。いますね。ありゃいますね。
モロがいますね。間違いない。
そんな感じです。山並みが美しかったデス。

あ。そうだ。マンボウも食べました。
噛みごたえがある帆立みたいでした。
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-21 20:03 | 日々あれこれ | Comments(2)

ま。いろいろあるよね。

d0139939_21142383.jpg

写真があるようでないようなので、携帯写真で。
車の撮影の帰り際、ロケハンで行ったとこにて。すげーです。
こういうのを見ると4×5(バイテンでも)・・・と思っちゃうのは刷り込みでしょうか。うずうずします。実行にうつすかうつさないかが分かれ道(笑)

というわけで
休みだ。休みだよ。

えっと4週間ぶり?土日が休みになるのは。がんばったー。
今日は早くあがれたので、サントリー美術館に行ってきましたにょ。
忘れないうちに感想を書いておこうと。
三井寺展を観てきたのです。国宝がいっぱい・・・・。
でもわたくし書とか絵とかあんま興味ないので(そっち系に国宝が多い)
まずですね。黄不動さま(不動明王像)かっこよかった。
守ってくれそう(笑)
後ろから見た時の肉の付き方とか、横から見た時の厚みとか。存在感が。腕の筋肉とか。すばらしいです。そんでから、千手観音菩薩立像。腕の出方が、なんというか。右腕側が特に美しく(なんでかはわかりませんが)あのたくさんの腕でいろんなことを救ってくれそう、というよりもですね。なんか違うんです。そうじゃなくて、と考えててしっくりきたのが「ま、生きてりゃいろいろあるよね」てことでした(なんかおかしいかも・・・?)
あのたくさんの腕が、いろいろあるよいろいろって優雅に笑っているというか。
てきとーにがんばっとけや、とりあえず何でも受け入れとけ、みたいな。そんな感じ(どんなだ)
阿弥陀如来立像は男前でした。ほっそり系です。
で、釈迦三尊坐像。美術品でした。信仰の対象としての仏像というより、鑑賞するための仏像なのかもしれない、と感じました。美しかった。繊細で。でも真ん中のお釈迦様の表情はさすがです。斜め前から見た時の目から頬のライン、眉のライン、目の伏せ具合。美しかったなあ。
円空のも何体かありました。やっぱり円空の像は好きだなあ。思い出すとほっこりなる。
そして如意輪観音菩薩坐像。
優雅な腕と重そうでどうなってんだ!?て感じの頭の飾り。あんなもんが彫れるなんて。
人間ってすごいですね。ああ。すごかった。
左の膝頭がつやつや黒光りしていて、ここが一番撫でやすかったのかなと想像してみる。その昔は拝まれていた仏像もいまではガラスケースの中で鑑賞されています。
でも、見る人の心を穏やかにするのは同じなのかもしれない。
はー。よく働いた日々のいい締めくくりでした。

休みだっ!
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-20 21:43 | 日々あれこれ | Comments(0)

きしめんパイの衝撃。

d0139939_1939361.jpg

働いております。なかなかの働きぶりです。

まずですね。
先日NHKのニュースで、「最近の若者」の消費動向みたいなことをやっていまして。若者代表と思われる、生気の感じられない20代半ばの男性がインタビューを受けていました。
あ、ちなみに「最近の若者」は必要なものしか買わないのだそうです。
堅実ですね。とニュースキャスター氏は言っていました。
若者代表曰く
車には興味ありません。
海外旅行にも興味はありません。
海外のニュースはネットやテレビで見られるじゃないですか。

浅はかだ。
この浅薄君め。

と。思いませんか?
ネットやテレビのニュースでなにがわかる!?
空の色やその土地のおいしいもの/まずいもの、そこで話される言葉や住む人達、そういうことを知っているのと知らないのではリアリティーが全然違うのに。
知っていたらまるで自分の田舎みたいに心配になったりするのに。
まったくねえ。
でもこの浅薄君たちはきっと、「リアリティーになんの意味がある?」とか言うんですよ。
知るか。自分で考えろ。
私だって海外は沖縄しか行ったことがないんだよ(灘とか湾とかは除いてみた)

行ってみてはじめて気付くことは山のようにあります。
ほう。金剛峰寺とは和歌山にあったのか、とか(学校でならったハズだが・・)そうだよね!言われてみれば「伊勢」海老じゃんね!とか。あ、そうか紀州犬か。紀州か・・・とか。ああ吉野葛ってこの辺・・・とか。
まあまあまあ自分の無知さ加減がよーくわかるのです。
はい。三重県に行って気付いたことでした。アホ丸出しですな☆
お土産を買う時間が、名古屋でしか取れなかったのですが赤福にしようかなあと悩んでいたら、きしめんパイと目が合いました。
わあ懐かしい!!と即購入。
ミニサイズ袋入りもあって、こちらは自分用に。箱入りを撮影差し入れお土産用に。
以前、姉が名古屋に住んでいて帰省の際に買って来てもらってたのです。
どこがどうきしめんなのかは謎ですが、好きだったんです。

しかーし。
長さが!長さが!短くなってたー!!!!
かなりショックでした。d0139939_2003540.jpg
箱は前の長さのままだったんです。それにね、縦じゃなく横向きにこの短いサイズが収まっていたのです。長辺じゃなく、短辺にそって!
長かったんですよ。この倍はあったんですよ。
長いのを食べるのが楽しかったのにー(泣)
激しくショックでした。ああ・・・・・。

次回は名古屋コーチンパイを買うことにします・・・。

そんでーあとはー。
そうそう。今日は撮影で代々木上原にいたのですが、新しいパン屋さんができていました。お昼用にお遣いに行ったのですが、変なとこにありますね。
クロワッサンは・・・・ノーコメントで。
それと、マルイチサンが!店内段ボールだらけでびっくり!
帰ってサイトをのぞいてみたら、案の定移転するとのことで。
広くなるのかな。イートインスペースできるといいな。
でも開店直後は行列だろうな・・・遠くなるな・・・(近くてもあんまり行ってなかったけどさ)

はー・・・おいしいものが食べたいッス。
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-15 20:15 | 日々あれこれ | Comments(7)

田舎

d0139939_20465591.jpg

なにやらバタバタしておりまして。眠いっス。

8日と9日と三重県尾鷲市に行っておりました。仕事で。
その話とかあるんですが。眠いっス。

柑橘シリーズ第二弾。
あんまりみかんとか買わないのです。
写真を撮るために買いました。八朔と伊予柑。
八朔を食べたら父を思い出しました。
うちではフルーツ係は料理人であるところの父でした。
いつもむいたり切ったりしてくれてた。
「ほら、食べんしゃい」と。
改めて食べてみて、八朔は好きだなあと気付きました。

三重にもみかんとかの畑がありました。
あと、お茶畑。「嬉野」という地名もあり、田舎っぷりも私の出身地にそっくりで懐かしい感じでした。

そいぎ。明日もがむばって働くデス。
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-11 20:54 | 日々あれこれ | Comments(0)

その矛盾を。

d0139939_2101539.jpg

先ほど、コーヒーをぶちまけてしまい(しかも毛布に)
なかなかの量だったのでしばし放心。

は。途方に暮れている場合ではない!と手近にあったティッシュで大まかに水分を吸収し洗濯機に押し込んでみました。
今晩は寒そうですねえ・・・・・(泣)

というわけで、先日お伝え致しましたイタリアンな鍋焼きうどんですが
「ELLE a table ON LINE」に別バージョンを載せてもらってます。
こちらで。レシピもあるので、立春を過ぎたとはいえまだまだ寒いこの季節にあちあちと暖まってみてはいかがでしょうか。か。
毛布が洗濯中の寒い夜などに。

あともうひとつお知らせが。
ワタクシの先輩が撮影をした本が出版されました。

蒸しなべレシピ

岩崎 啓子 / 河出書房新社



蒸し鍋って流行ってんですってね。ヘルシー?ヘルシー。
しかし先輩とちょっと戸惑っていたのですが。
これね具材を蒸したら脂とか灰汁とかが下に落ちるという仕組みで、それで「ヘルシー」なんだそうですが、その落ちた(うまみのある・・・?)汁に出汁なんかを足してそれで〆の麺だとかご飯だとかを食べるというレシピもあるらしいんですね。
それ食ったら一緒だろう。
灰汁も脂も結局食ってんじゃないのか!?フツーの鍋じゃだめなのか!?

とね。ま。いろいろね。いろいろいろいろ。
写真はステキです。とても。
書店で見かけたらどうぞお手に取ってみてください。
そして蒸し鍋の達人になってみてください。

そして矛盾点について私に熱く語って頂きたい。
あんたは浅はかだ。と。
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-05 23:04 | 料理の本 | Comments(2)

トーキョーですきな場所

d0139939_23221443.jpg

やっと古川日出男「LOVE」を読了。
短い小説なのですが、日々眠くて眠くて。今日も眠いのでとっとと書いてとっとと寝ます(でも書きたい)目標24時。
明日も中華な日です。

最後のページにアンケートがありまして。
そこに「東京であなたの好きな場所、行ってみたいところはどこですか?」という質問がありました。
好きな場所といわれて、すぐに思いつかないどころか
考えても出てこないということが判明致しました。
あらあら。
行ってみたいところはいろいろありますが。
すきな場所ありますか?
東京タワーはすきだけど。ああそうか。首都高からいちばんよく東京タワーが見える、あそこを通るのはすきだな。
あれはどこなんだ?
普段の暮しでは「東京」にいる、という実感は全然なくてどこにいても同じだと感じますが、高いところに登ると「ああ東京なんだな」と思います。
これ前に書いた気がする。

ところで、読書感想文ですが(苦手)
この本で一番すきなエピソードは、さすらいの料理人丹下健次朗38歳のところです。ここが読みたくてまた借りて来たのです(図書館で・・買おうと思いつつも)
刑務所から出て来たばかりの彼は移動キッチンを背負って、人々の憂鬱を殺す旅をしています。
食材による贖罪の旅。
これから料理人を目指そうっていう若者にはぜひとも読んで頂きたい!
丹下健次朗は人間だけじゃなく猫も癒します。
本日の食材であるところの鯛を使って「鯛のぱらぱらソテー・ブルターニュ風」とかなんとか作っちゃって。
イカす。
そして返って来たのは「猫の笑顔」です。
ステキ。
大好きです。この小説。
まあ多分・・・読めない人は読めないだろうけど。
うーん無理。意味が分からん、みたいな。
古川日出男は好き嫌いが結構ハッキリ分かれるんではなかろうか。
それはそれでイタシカタナし。
でも、鴨と鯛はとても美味しそうです(結局そこかい)


「鴉、愛と啼け!」
[PR]
by matyu_nao | 2009-02-02 23:49 | 読んだもの | Comments(2)