matyunagニャッシ

<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

パリ空と密教美術。

d0139939_20104838.jpg

いやいやいや。あっという間に土曜日です。
今日はなんだかんだでだいたい寝てました。お布団大好き。

昼頃起きてパリ空へお昼ごはんを調達に。
ついつい買いすぎてしまいます・・。

今日はレバーサンド(レバーペーストががっつりはさんであった)
クロワッサン(やっぱり美味しい)なんかの果物がのったパイ
あとブリオッシュ。
写真は、前回買ったパッションフルーツのタルトです。
d0139939_20175571.jpg

見てるだけじゃわからないけど、フォークを入れたらとろとろでした。
美味しかったなあ。
今日のレバーサンドもそうだけど、飾り気がなく過剰なところ(レバーペーストはさみすぎw)が好きです。ははは。

あ。そうだ!
東京国立博物館の空海と密教美術展を見てきました。
またしても終了間近。ぎりぎり。
空海なのに書はほとんど見てこなかったという。
東寺の持国天立像と増長天立像がかっこよかったー。ほれぼれ。

ココに画像が載ってました。

あと、これも東寺の大威徳明王騎牛像がですね。
水牛の上に座ってらっしゃるんですが、水牛の頭からおしりまで多分1メートル半くらいあるんですね。木造なんですね。
継ぎ目がない!
どこから見ても継ぎ目がないということは、1本の木から彫りだしたってことですよね!?すごいよねー。すごいわー。

それといつも思うんですが、特別展は大盛況なのに本館の方は閑散としていてもったいない。本館の方にもいいものが並んでいるのになあ。
今回は運慶とその周辺とかなんとかいう展示があって、神奈川のお寺にある仏像がきていました。十二神将立像が面白かった〜。
ひとつのチームに12人もいたらいろんな人がいるよねーって感じで。
みなさま大変個性的でした。

そんなこんなで。
[PR]
by matyu_nao | 2011-09-24 20:47 | 甘いものとか | Comments(4)

華麗なる京蒔絵。

d0139939_20364197.jpg

京都の清水寺にて。の写真。

いやいやいや。あっという間に土曜日ですね。
あっという間に9月も半ば。

というわけで、久しぶりに宣伝を。

今日9月17日から日本橋の三井記念美術館で
華麗なる〈京蒔絵〉-三井家と象彦漆器-
という特別展が開催されています。

すごいですよー。
ため息が出っぱなしなお宝が展示されているハズです。

3月頃に京都に行ったという話を書いていたかと思うんですが、その時のが象彦さんの仕事だったんです。動画の仕事です。
リンクを貼った展示案内のページの一番下にある「几帳蒔絵硯箱(きちょうまきえすずりばこ)」を3月の撮影の時にまじまじと見せて頂いたんですが、なんてこったい!て感じの手仕事です。
ぜひとも見て頂きたい。

でですね。
その三井記念美術館の会場で流されているビデオが、工藤スタジオの仕事なんです。ハイ。工藤スタジオは私の師匠んとこです。
動画の仕事の時は、師匠・先輩・私の3人体制で乗り込みます。

テレビ見ながら書いているからまとまりがないですね。写真で誤魔化そう。
d0139939_20482078.jpg

ビデオは塗りと蒔絵です。
ぜひとも見て頂きたい。
ちょっと入場料が高いんですけど。1200円。まあ普通といえば普通ですが。

ご興味のある方はぜひともお出かけ下さい。
11月の半ばまでです。
d0139939_2056333.jpg
d0139939_20562140.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2011-09-17 20:58 | 日々あれこれ | Comments(4)

忘れられるわけもなく

d0139939_2136535.jpg

銀座のみやざわという喫茶店(?)のサンドイッチ。エビカツ。
美味しかった。
サンドイッチのテイクアウトは夜しかやってなくて、夜買いに行ったら出勤前のおねいさんたちがいらっしゃいました。

9月11日。
アメリカの同時多発テロからもう10年になるんですね。
あの時は実家でお風呂上がりのマッサージをしていました。
なんの映画だ?と思ったことを覚えています。

3月11日から半年。
満潮時には1階が浸水する建物の上の階で、ライフラインを絶たれたまま暮らす方が未だにいらっしゃるそうです。
高圧洗浄機を借りてきて除染しても放射線量が下がらず、妻と子供と別れて住む男性の話も報道されていました。

鉢呂氏の辞任には本当に失望しました。
表現はちょっとストレートすぎたかな、と思わなくもないけれど
福島第一原子力発電所から半径20キロ内にある町が死の町であるという発言のどこに嘘があるんでしょう?問題があるんでしょう?その通りじゃないですか。
取り残された家畜たちは飢えて死んで、腐っていってる。

放射能をくっつけてやろうか云々の発言だって、真偽の程、その時の状況は不確かなまま。そういう発言を聞いたという記者は誰かわからないまま。

前にご紹介したIWJが鉢呂氏の辞任会見を中継し
いまアーカイブで見られるようになっています。→コチラ

16分あたりで、ある記者が所属も氏名も名乗らず辞任の理由を「説明しろっていってんだよ」と言っています。
もう呆れてものがいえん。
目上の人に、一国の大臣に、この発言ですよ。
これが情けなくって、私は涙が出てしまいました。
それに「敬意を持って質問しなさいよ」と抗議したのは、フリージャーナリストの田中龍作さんという方だそうです。
んで件の記者はそれに対して「うるせえよ」と。
IWJのスタッフの方によると、その記者は自分の記者証をワイシャツの中に隠して名前とかがわからないようにしていたそうです。

どうしてくれよう。

もうどうしていいのかよくわかんないから、とりあえず震災関連のニュースを地味に流し続けているニュースウオッチ9に激励のメールを送ってみました。

どうすればいいんだ!!!
[PR]
by matyu_nao | 2011-09-11 22:06 | 日々あれこれ | Comments(2)

世界は広い

d0139939_2016267.jpg

たった今ニュース速報で鉢呂経産大臣が辞意表明と。

・・・・・もう。
なんなんだこの国は。
猛烈にこの国の政治家とかメディアとかに失望・・なう。みたいな。


話題を元に戻すとして・・・・・はあ。

写真はずいぶん前にいった等々力のカフェです。ポジです。

このところ、今まで知らなかった世界をのぞき見ています。
いろんな世界があるもんだ、と。

世界は広く深いです。

d0139939_20234458.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2011-09-10 20:25 | 日々あれこれ | Comments(0)

大地の子

d0139939_20391180.jpg

山崎豊子「大地の子」読了でございますー。

読み応えがありおもしろくて文庫4冊すぐに読み終えました。解説にも書かれていましたが、たくさんの人に読んで欲しい物語でした。
ちなみに読んでいる間中、頭の中にいたのは上川隆也さんでした(笑)

なんだろなー。
なんで私こんなに何にも知らないんだろう、と思います。
「大地の子」は満州の開拓に行っていて、敗戦と共に帰って来れなくなった残留孤児の話です。満州の開拓団のことも、敗戦の年の8月15日以降のことも、あと中国のことも全然知らないなあと我ながら呆れます。
大学の時、ヒマだったよね〜?みたいなね。

「大地の子」は冒頭からかなり壮絶です。
日本の降伏が決まったんだけど、ソ連の侵攻は止まらなくて開拓団がソ連軍から逃げるところから始まります。関東軍はソ連の進軍を恐れて、まだ開拓団の人たちが逃げていないのに橋を壊したりしてて逃げようにも逃げられない。
7歳だったか8歳だったかの主人公は、殺されていく大人達の遺体の下で生き延びます。

こないだ紹介した「昭和史」からの引用です。

日本が、ソ連侵攻に関してもっと真剣に考えるなら、直ちに満州に天皇の使者を送り、政府同士で戦闘停止の決め事をきちっとしなくてはいけなかったのです。
ソ連としては降伏文書に調印がなされるまではチャンスがあるのだとガンガン攻めます。
無知であった日本は、8月17日大元帥陛下の命令にしたがって関東軍も武器を投じて無抵抗になりました。それでいいと思ったのです。(p490)


むむー。
しかしながら、国際法とか人道的にとかいう面から見てソ連のやったことってどうなんだろう?とも思います。

で、いま続いて山崎豊子「不毛地帯」にとりかかりました。

こちらは陸軍の作戦課参謀だった人が主人公です。
いまシベリアに抑留されているところです。
こっちではね、関東軍の司令官がソ連軍と停戦協定の話し合いをしているシーンも描かれます。在留邦人をすみやかに帰国させるよう要望しています。

むむー。
多分どちらもちょっとずつ本当なんでしょうね。
知れば知るほど知りたいことが増えるねー。
シベリア抑留だってナゾです。なんで!?と。そんなことしていいの!?
読みたい本が山ほどあってヤバイです。
ブログ書いてる場合じゃありません。

というわけで「大地の子」絶賛オススメいたします。

エンディングが素晴らしいので。
大きく書いとくか。
「大地の子」はエンディングが素晴らしい。

今の私のこころにピタリとはまりました。
私も大地の子なんだと思います。
[PR]
by matyu_nao | 2011-09-04 21:18 | 読んだもの | Comments(0)

カメラをむけるもの

d0139939_22365072.jpg

二つ前の投稿で仕事チックじゃない人吉の写真を、と書いていましたが
この旅館の椅子の写真とひとつ前の熊本空港の写真しかないということに先ほど気がつきました。ああ・・・。

写真を撮っているとよく何を撮っているんだろう、と
カメラを向けた先を見てしまいますね。
私なんぞは他人からしたら何でもないモノを撮っていることが大半です。

家族からはよく「そがんとまで撮っとね」と言われました。
そんなものまで撮るのか、という意味ですね。プチ佐賀弁講座
最近はもう慣れてきたのかいちいち言われなくなりましたけど。

この写真もきっと撮っているのを端から見れば、寝起きに何をやっているんだ。て感じでしょうよ。まあ一人旅なので端から見ている人はいませんでしたけどね。何か?ははん。

朝の光がきれいだったのです。それだけです。

d0139939_2245249.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2011-09-02 22:46 | 写真 | Comments(0)

富士登山(未遂)まとめ

d0139939_17402424.jpg

フィルムをスキャンしたモノです。熊本空港にて。

というわけで富士登山でございますが。
まさかの台風直撃。
もちろん中止です(号泣)

なんなのその動き!?
と富士の山頂から台風に向かって叫びたいくらいです。

ほぼ準備は整っていたわけですが。いやあ・・・・
登山に備えたんだか台風に備えたんだかわかりゃしない。

奇しくも防災の日だそうで。
登山用のザックに諸々詰め込み非常持ち出し袋を作りましたとも。フギー!

まあ自慢ですけど災害への備えは万全です。
レインウェアも、これで雨でも自転車乗れるジャン?みたいな?みたいな。

まあそういうわけで、事前にお忙しい中作って頂いてた用意するものリストから用意したものをまとめてみます。
買ったもの。
登山靴。親切な店員さんを捕まえましょう。
靴下。意外と高いです。でも靴擦れするかもしれないから2足、別のメーカーで買っとくといいと言われました。
レインウェア。みなさん口々にちゃんとしたものを用意した方が良い、と仰いまつ。ちゃんとしたものは3万円〜4万円ですな。私(身長168cm)で女性用LLサイズでした。
ザック。30リットルくらい入ればいいらしく28リットルというのを買いました。意外と入らないんだね。んでヒモがやたらと出てる。なんのヒモかわかんないのがいくつかある。やっぱり腰骨のとこで固定するととても楽!カメラ機材用リュックもこうあるべし!ザックはレインウェアを選んだ後に選ぶのがオススメです!!!ナゼなら色があるから。レインウェアの方が高いので、レインウェアの色に合わせてザックを選んだ方が妥協が少なくてすむかと。
スポーツ用サポート機能付きタイツ。「イチローがはいてるようなヤツ」です。私はワコールのCW-Xとやらにしました。アマゾンで買うと中止で使わなかった場合返品できます(泣)
サングラス。登山用品店では意外と品揃えが少なかったのでネットで調べてアマゾンで。大きさは特に気にしなくてもいいみたい(よほど顔が小さい人じゃなければ)アマゾンで買ったので(以下略)
速乾性のTシャツ。山ガールさんたちのおかげでかわいいのもたくさんあるようです。
ファーストエイドキット。「ファーストエイド」ってなんだろう・・と薬局のバンドエイドコーナーの前でしばし立ち尽くす。応急処置セットです。ネットで検索すれば出てきました。
懐中電灯。登山用品店のポイントがもらえたので軽いヤツを買いました。太陽光で充電できる!
携帯食料。固形ハチミツってのがあったので買ってみました。新宿の好日山荘には3種類あった。フリーズドライの食料がほとんどでした。
水に溶けるティッシュ。30円。モンベルの。ロールもあった。
非常用シート?銀色の毛布代わりになるヤツ。これは災害用に。
日焼け止め。海山用を買いました。3000メートルはちりちりするくらい紫外線が強いのだとか。

あとは買っていないけど用意するものを思い出してメモ!
ストック(杖)友達から借りました。
帽子。かわいいのがいろいろ売ってあった。
携帯酸素。ネットとかでは気休めだから、それよりむしろ深く呼吸することを心がけた方が良いと書いてあった。けど、気休めでも持って行った方がいいと3人ぐらいから言われた。あ、タブレットの食べる酸素というのも売ってあった!
カイロ、マスク、防寒着。山頂は寒いんだそうです。砂が飛んでくるそうです。
水。500mlのペットボトル2本がちょうどいいらしい。ゴミは持って帰るのでできるだけ小さくつぶせるのがいいんだと。

あとは忘れました〜。
しかしあれですね。登山ってサバイバルなんですね。
災害用になんか準備しとこうと思ったら、登山用品店に行くと良いですよ。
きっと一挙に揃います。

それでは実際登ってみようの巻☆来年お届けいたします。

登山キット揃っておりますので、登山のお誘いはいつでも受けて立ちますゼ!
イエス!
[PR]
by matyu_nao | 2011-09-01 20:54 | 旅ゆけば | Comments(4)