matyunagニャッシ

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ひとりは寂しい。

d0139939_20295340.jpg

うっかりしていたら2週間も放置しておりました。
働いていたり働いていなかったり仙台に行っていたり。

ありが豚応援ボランティアツアーについて書いときます。

19日8時新宿発、14時に名取着。
今回は30名ほどで行ってきました。
ネットで週末に行けるボランティアツアーを探して参加した、という人がほとんどで前回とはまた雰囲気が違っていました。
でも和やかで楽しかった。

作業は雑草の森があったところに埋まっているゴミを取り除く。が主な任務でした。重機でならしてあるから、土の中にいろいろ埋まっているようで。
あと、畑だったところだから畑に戻すために邪魔な石も拾い集めなければいけません。
拾うっていうか、埋まってるから掘り起こすんですけど。
人によっては、それもう耕してますよね?て感じで。
軽くなんか植えられそうなことになってました。

今回もコーンポスト(津波がきた時、高橋さん(父)が登って助かったところ)に登って、当時のこととかを話してくれました。

辺り一面水没して、たった一人氷点下の夜を過ごした時。
満月と星がきれいで、物音がなにひとつしない。
たまに魚の跳ねる音がするだけ。
その時に、気の合う人もいれば苦手な人もいて、喧嘩したり嫌な気持ちになったりもするけど、そういうことが幸せだったんだと思ったそうです。
ひとりは寂しかった。と。

その話がすごく印象に残りました。

そしてもひとつ印象深かったのが、晩ごはんのバーベキューで頂いたありが豚のお肉の味です。
前回より美味しいと感じたのでした。
なんでも前回の豚は津波で助かった豚で、今回は津波の後に生まれた豚だそうです。ストレスが全然違うはずだから前回より美味しいよ、って仰っていました。
ほー。
さらに今回の豚は水や餌が震災前と違うから、本当はもっと(清美さん(母)曰く「三倍」)美味しいんだよって。

いま、被災地には「本当はもっと・・」て思っている人がたくさんたくさんいるんでしょうね。

そんなこんなでたらふく食べてホテルへ。
眠かったのにうっかり宮崎あおいの蝶々夫人を見てしまい(明日も見なきゃ)

次の日の朝、ホテルの近くにあるらしい仙台大神宮とやらに散歩に行ってみたのは良いけど、iPhoneは充電で置いてきて持ってくハズの地図も部屋に忘れるというアホさ加減。
案の定たどり着けませんでした。無念。

2日目はひたすら石掘り。良い運動になったはず。
1日目は小雨だったので、富士登山のために買ったレインウェアが大活躍で嬉しかったデス☆

というわけで、チューリップとスナップエンドウも植え、牛タンも食べ、極楽湯とやらに寄ってくれたのでお風呂にも入れ、那須塩原のサービスエリアでついにレモン牛乳にも手を出し(わりと好きな味でした)バスの中ではひたすら眠って、予定通り21時に新宿に到着いたしました。

第三回のボランティアツアーは来週末12月3日4日だそうです。
私は3日にまた毛色の違った活動に従事いたす所存でして、残念ながら3回コンプリートとはいきませんでした。
第三回のお申し込みはこのHISのサイトからできます。
ありが豚美味しいよ〜^^
[PR]
by matyu_nao | 2011-11-25 21:14 | 旅ゆけば | Comments(0)

第二回蔵王ありが豚応援ボランティアツアー

d0139939_20165714.jpg

ありが豚応援ボランティアツアーに参加してきました。
前回のレポートはココとかココとかにあります。

一ヶ月半ぶりの訪問でしたが、だいぶきれいになっていました。
写真を見比べてもらえれば一目瞭然です。

ここは雑草の森があったところ。
d0139939_20201196.jpg

ここは豚舎があったところ。
d0139939_20212761.jpg

d0139939_20214578.jpg

仙台空港のほう。
d0139939_20221747.jpg


今回は写真少ないです。
1日目は小雨。2日目は晴れました。
2日目の作業後、きれいになったところにみんなでチューリップを植えました。
d0139939_20241195.jpg

おまけでスナップエンドウも。種の色がすごい!
d0139939_20254961.jpg


写真をまとめてお送りいたしました。
次は文章で。今から書きまーす。
[PR]
by matyu_nao | 2011-11-25 20:28 | 旅ゆけば | Comments(0)

忘れる/忘れないじゃない気がしてきた

d0139939_17214489.jpg

前々回のお稽古の時、先生が持ってきて下さったお干菓子。
すぐ湿気っちゃうという方もいますが、大事に(若干貧乏くさく)ジップロックに入れておけば、美味しく頂けます。

11月11日です。
みごとに1が並んでおりますな。

地震のあった時間に黙祷をという方は多いですが、津波はその後なんだね・・と切なくなります。
先日、ニュースで気象庁の津波予測の話が出てたんですが、これだけの被害を出してしまったと語る気象庁の方を見ているのは悲しかったです。

ツイッター(の私のタイムライン)やなんかでは、まだまだ原発事故のことも被災地のことも話題の中心なんですが、現実の世界で接する人の中にはこの人の頭の中にはこれっぽっちも震災関連のスペースはないんだろうなあ、という人も多いです。

そういう人を前にすると私は黙ってしまいます。
どうすればいいのかわからない。
どうもしなくていいのかな。

相変わらずの堂々巡りです。
堂々めぐってないで行動だ!という人と知り合ったりしているので、そういう人たちを応援してくっついていこう。かな。

このブログをたまにでもチラ見してくれてる人たちが
もし万が一忘れそうだったら思い出してくれますように。

美味しいお干菓子を食べて暖かい布団で寝られる私は幸せだ・・と言い聞かせます。
[PR]
by matyu_nao | 2011-11-11 17:33 | 日々あれこれ | Comments(0)

陰暦亥の月、初亥の日。

d0139939_18341753.jpg

パンです。
パリ空の「ポワール」。

うむ。
亥の子餅を買ってきたんです。
でも撮って食べちゃった後によくよく見たら、いまいちイメージしてたのと違っていたので来年またリベンジと言うことで。
d0139939_18244272.jpg

あまりの地味さに切ってみた。の図はどうぞ。
これ亥の子餅です。

11月1日がお茶の稽古だったんですが、私が通う教室ではその日が炉開きでした。本当は陰暦亥の月の初めての亥の日が炉開きなんですってー。
今年は11月4日だったんですってー。へー。

初めての亥の日っていつ?と調べていたら、おなじみの十二支の前になんか着くじゃないですか。甲乙とかああいうの。いつもなんとなく「ないもの」にしていたというか、いつもって言うほど陰暦の亥の日だ酉の日だと意識してないんですが、今日はじめてこれはいったい何なんだ。と調べました。ええ34年生きてきてはじめて。
はっはーん。なるほどねー。と思いました。
さあみなさんもウィキペディアへどうぞ→十干

いろいろ調べると面白いけど、すぐ忘れるんですよ。
どうすればいいですか?ほんっとすぐ忘れるんですよ・・・

ちなみに亥の日の行事は江戸時代によく行われていたそうですが、源氏物語にも亥の子餅を食べる話があるそうです。
猪は火伏せの神として知られる愛宕神社の使いでもあるので、亥の日に炬燵や火鉢に火を入れる習慣があったそうで、亥の子餅の炉開きに使われるようになった。と、以前ご紹介した「和菓子の世界」という本にありました。

ところで、炉開き。
先生がぜんざいを作ってきて下さったのです。
こっくり甘くて美味しかったです。
お箸は片方が食紅で紅く染めてあるものを使うのだとか。へー。
そして織部焼きの香合もご持参下さったとのことで。ほー。
あと、お茶杓の銘は「初〜」というのがいいわね、と仰ってました。「初雁」とか・・もういっこ何だったっけなー。
初鰹、とか思いついてひとりでニヤニヤしてました。

これまでお稽古で何をしたかってメモしてなかったんですが、これからは手帳に書いておこうと決めました。うふふー。
もうすぐ1年です。・・・は、早い。
[PR]
by matyu_nao | 2011-11-09 19:05 | 茶道 | Comments(0)

「医食同源!琉球伝承料理教室」

d0139939_20112659.jpg

お世話になっているリバリスランドさんでの料理教室に参加してきましたよ〜ん。よく考えたら料理教室というものに参加したのははじめてでした。

今回は「琉球伝承料理」だそうで。
最初の写真は「ゴーヤーンブシー」ゴーヤーと豚肉の味噌炒め(炒め煮?)
d0139939_20173478.jpg

ゴーヤーは熟れると種が赤くなるんですね。
今回は初めてみたものがいろいろありました。
d0139939_20181977.jpg

炒め煮だからこのくらい分厚くて大丈夫です。

はじめて見たシリーズその2。パパイヤ。
d0139939_20191797.jpg

先生。嘉陽かずみ先生です。
d0139939_20203320.jpg

d0139939_20214141.jpg

ゴーヤーワタの天ぷら。かき揚げ状です。
これはゴーヤーの葉っぱ。これも天ぷらに。
d0139939_20222691.jpg

「砂糖の素」て書いてあった(笑)欲しい。
d0139939_2023613.jpg

天ぷら揚がりました。
d0139939_2024984.jpg

あおさ。きれい。
d0139939_20251286.jpg

ミヌダル。蒸し上がりました。
d0139939_20262846.jpg

ミヌダルは豚肉にペースト状の黒ごまを塗って蒸したものです。
超手間暇かかってます。が、ご覧の通り超地味です。美味しかった。
d0139939_20272266.jpg

ゴーヤーンブシーできあがり。
d0139939_20285231.jpg

というわけで、いただきます。
d0139939_2029195.jpg

まとめますと、メニューはゴーヤーンブシー、ゴーヤーワタの天ぷら。アーサ汁、ミヌダル。あ、忘れてた。パパイヤはお漬け物になりました。

いやいやー。
料理教室って楽しいですねー☆
なんか作れそうな気になるわー。つーか、作ってみようという気になりますな。ミヌダルとかちょっと挑戦してしまおうかしら。
楽しくて美味しかった〜。
[PR]
by matyu_nao | 2011-11-06 20:38 | 食った食った | Comments(0)

女川カレー

d0139939_17202211.jpg

先週末に代々木公園イベント広場なるところで、<Food Relation Network × 東の食の会>とやらのイベントが行われておりました。
そこに出店していた「女川カレー」(女川カレープロジェクトのサイト

大学の後輩がこのプロジェクトをやっているNPOの方とお友達だとかで、イベントでカレーの売り子などをしてくれる人をなんとなく募集と聞き、なんとなく手伝ったふりをしてきました。

そして超簡単♪自宅で本格スパイスカレーキット「カレーブック 女川カレー」¥650も購入してきてみたというわけです。

ほんと。超簡単だった。
カレー粉で作るカレーってシャバシャバになりがちだけど、このカレーキットにはスパイスだけではなくて「フレーク」が入っているんですね。小麦粉とカレー粉が合わさったヤツ?ちょっとホロホロの。その塩梅がちょうど良いのでしょう。良い感じのカレーに仕上がるんですよ。
超簡単。
しかもそんな何時間も煮込むとかしなくていいし(普通しないんだっけ?)
最後に塩で調味するんですが、塩がないと全然味がしないけど、塩を入れたら突然美味しくなる。塩ってすごいですねー。いやいやいや。

お味は優しいです。
サイトを見てもらえればわかるんですが、女川での炊き出しから生まれたカレーだそうで、子供もお年寄りも美味しく食べられて、体が温まるスパイスが使われているそうです。キットには豆(ピンクマスール)も入っているので、タンパク質も摂れる、と。
スバラシイ。

女川の商工会も加わって、この女川カレーで雇用を創出しようというプロジェクトなんだそうです。
私は門外漢なので、どうすればそのプロジェクトが上手くいくのか全然わかりませんが、こうやって少しでも宣伝になればいいなと思います。
ほんの少しでも、人目に付けばチャンスも広がるかもしれない。

女川カレーやら、ありが豚や夏に言っていた足りてたの?Tシャツやら、あっちこっちちょこちょこアタマを突っ込んでしまうあたり、八方美人の天秤座らしいわ☆あは
と思わなくもないですが、出来ることを出来る範囲でやってりゃいいかなと。
とうわけで、12月には調布あたりのインターナショナルスクールで、足りてたの?の須永さんの新商品(?)であるところの「Help!Japan」パーカーの売り子をする予定デス。

それではいただきます、の図。
d0139939_19184233.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2011-11-05 19:18 | 日々あれこれ | Comments(0)

有限でした。

d0139939_22314078.jpg

ミシェル・ブラスのジャムを頂きました。うひゃっほ〜い。

行きたいなあ。行きたいなあ。行きたいなあ・・・。
洞爺湖。
周りでとても評判が良いです。

ミシェル・ブラスのミルクジャムを
パリ空のバゲットにこれでもか、くらい塗りつけて
目を閉じればパリの空の下〜にはなりません。決して。

いやしかし。
寝過ぎると時間が足りなくなりますねえ。
いろいろやりたいことがあるのに。
って、寝るのに時間使ってんだからあたりまえだろう、と
さっき気がつきました。

時間は有限です。
ジャムも有限です。

大事に食べよう。
d0139939_22382766.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2011-11-03 22:39 | 甘いものとか | Comments(0)