matyunagニャッシ

<   2013年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

一日が終わるのはあっという間でおどろく。

d0139939_21524532.jpg

久しぶりにiPhone写真でも。
d0139939_21524925.jpg

d0139939_215397.jpg

d0139939_21533030.jpg

d0139939_21535957.jpg

d0139939_21541036.jpg

d0139939_21544149.jpg

d0139939_2155479.jpg

d0139939_21581927.jpg

d0139939_21583917.jpg

d0139939_2157897.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2013-05-31 21:59 | 日々あれこれ | Comments(0)

飛行機っておっきいね!機体工場見学の巻。

d0139939_18432936.jpg

ANAの機体工場の見学にいってきました!!羽田!!(詳細はこのANAのサイトへどーぞー。)

めっちゃかっこよかったですどーん!!!

いやこれ。4×5持って乗り込みたいですね。持ってないけど。
線がね(線?)柱?横の。横だから柱じゃないのか?梁?(どんだけアホなんだ)いっぱい!!
ま。とりあえず写真見て下さい!
ちなみに、工場内には柱はないそうです。広々使うため。
d0139939_1849287.jpg

d0139939_1850975.jpg

この日は、飛行機が4機あったかな。
787と767とボンバルディアだったと思います。たぶん。おそらく。ざっくり。

私知らなかったんですけど。一番驚いたのは燃料タンクは羽根のところってことでした。ハイ。
知ってた?

というわけで、またまたアホほど写真あります。
[PR]
by matyu_nao | 2013-05-29 19:10 | 日々あれこれ | Comments(0)

キリンさん。

d0139939_2016368.jpg

以前、お仕事をさせて頂いた『UVレジンだからできる大人ジュエルなアクセサリー』の著者であるところの、a.k.bさん達がホビーショーに出展されるというので、見物に行ってきました。4月のおわり。

ホビーショーは大盛況で、女子のみなさんが手作り用のあれこれをあれこれとお買い上げになったりしたりして。
その隣では何かよくわかんないけど食品の見本市みたいなのをやってて。
あれなんだったんだろうな。
とかいいつつ、私は食べものの罠にまんまとはまりキリンラーメンとあいなったわけです。
d0139939_20233971.jpg

めっちゃ気になるパッケージ。
『大人ジュエルな〜』でご一緒したスタイリストさんと、このラーメン屋さんの前でばったり。
ふたりとも釘付け(笑)
ふたりして5食パック、トートバック付きをご購入の巻でした。

5食とはコレいかに。
[PR]
by matyu_nao | 2013-05-27 20:31 | 日々あれこれ | Comments(6)

パンコレ速報。

d0139939_1950171.jpg

今週末の(局所的)ビッグイベント「パンコレ」にさっそく行って参りましたとも!おうとも!

パンラボさん企画(多分そんな感じ)で池袋の東急ハンズにて開催中の「パンコレ」
詳しくはパンラボブログへどうぞ。

マツナガのお目当ては上の写真、レフェクトワールの特製ラン○パック。
名付けて「ランチメック」だそうです。
と、dancyu5月号に掲載されたという「夢のホットドッグ」
d0139939_19544546.jpg

これがですね。旨かった。

ロブションのクロワッサンにソーセージスタイル流行というイカした名前のお店のアンドゥイエットを挟みます。
別々に売ってあるので、家で温め直して挟みます。
丁寧な説明書付きです。
クロワッサンの温め方曰く「まず、ソーセージを挟むための切り込みを入れる。トースターかオーブンを充分に予熱しておく。30秒加熱、スイッチを消し中でそのまま1分放置(買った翌日の場合は1分30秒)」
先日ポイントで交換した某イケメンシェフモデルのフライパンに付いてきたお料理レシピより書かれた手順が多かった。
アンドゥイエットもあたためます。そして挟みます。

美味しかったです。肉が!!塩気が絶妙。そこにクロワッサンのバターの香りと甘みがおそってくるんですよ。ちょっとまた買いに行こうかな・・・。
の気持ちを込めて食べかけ写真。ストロボつけたまま夢中でむしゃむしゃ・・(苦笑)
d0139939_207597.jpg

いやこれ。やるな流行。お店に行かなきゃ!!

そして、高級ランチメック。
d0139939_2091951.jpg

シャラン産鴨のモモ肉のコンフィ。ジャガイモのピュレ入り。贅沢。
そして、スモークサーモンのタルタルとキャロットラベ。
d0139939_2095934.jpg

サーモンごろごろ。レフェクトワールにも行かなきゃねー!

私は池田氏(パンラボの著者)の何を尊敬しているかというと、パン屋さんを巻き込む力というか愛というか、あの行動力です。
パン業界の超強力営業マンだと思います。
しかし夢のホットドッグはほんとに夢のように旨かった・・・

今日の戦利品。
d0139939_20141040.jpg

かわいいレターセット。どん助というパン屋さんの(これも美味しかった!バゲットにバタークリームが挟んである。バゲットを噛みしめるとじゅわーっとバタークリームの甘さが溶ける)カニのパンは三茶のシマパン。
食パン二つはまあなんとなく。カタネベーカリーとロブションの。
そしてランチメックとホットドックセット。

もっと山のように色んなパン屋さんのパンが並べられています!
あんまり欲張ってもね、とランチメックとホットドックセットだけ買えりゃあいいやと思って行きました。
だって限定商品以外はお店に行けば良いんだもんね。あは。

行ったのが平日なので、時間帯を書いてもなんの参考にもならないかと思うのですが、あ!パン好きな方は一日池袋で過ごす覚悟で行くと良いかもです。
午後には時間差で商品が届くようですので。
は!その前に、行くならパンラボブログを熟読して、何を買うかを考えて行くことを激しくオススメいたします!!
26日までの開催ですよ〜☆
[PR]
by matyu_nao | 2013-05-24 20:27 | 愛しのパン | Comments(0)

生きていくということ

d0139939_1943171.jpg

『先祖になる』という映画を観ました。

陸前高田市気仙町で被災された佐藤直志さんという方が主人公です。
直志さんは昭和9年生まれ。生業は農業と林業。「きこり」さんだったのですね。
被災したお宅は結婚する時に建てたそうです。
2階の床上20センチくらいまで浸水した家を取り壊して、新しい家を建てるまでの物語です。
ちなみに新居に使われた木材は、海水をかぶって伐採するしかなくなった地元の杉です。
樹齢は80年とかだそうです。
80年育まれた木を瓦礫として処分することがいたたまれなかったと、直志さんは仰っていました。

観てみたいと思いつつ逃してしまっていたのですが、観られて良かったです。
たぶん観ている間の私の状態は「号泣」て感じじゃなかったかと(汗)
や。もともと涙腺は決壊していてすぐ泣くんですけどね。いやはや。

今回は、両国の回向院での長野・善光寺出開帳に合わせての上映会でした。
参道に回向柱とやらが立てられていたのですが、柱には陸前高田の杉の木が使われたそうです。
その木を切ったのが直志さんをはじめとする「市民の皆様」だったようです。
そんなこともあってか、上映会では池谷監督と直志さん、直志さんを支援している菅野剛さんの舞台挨拶もありました。
この舞台挨拶が良かった!聞けて良かった!行って良かったー☆
というわけで、映画の中でこころに残った言葉と、舞台挨拶でのお話を中心に書きたいと思います。

ところで、この映画を観てみたいなあと思ったのは、写真に惹かれたからでもありまして。
公式サイトのトップページ→『先祖になる』公式サイトにある直志さんの写真。
良い写真ですよね。
フォトジャーナリストの増池宏子さんの写真みたいです。
増池さんらしき方も舞台挨拶の撮影でいらっしゃっていました。カメラがかっこよかった。
ボディの黒い塗装がハゲハゲでね。
ヘビーに使ってるんだなーかっこいいなー、と。
もうなんていうか・・ちゃらい若造ですみません、みたいな。すみませんの域にも達していないみたいな。

まだ全国各地で観られるようですので、とりあえず観た方がいいと思いまよ。オクサン。
舞台挨拶で監督が、これは震災の映画ではないんですよ、と仰っていました。
私たちが忘れてしまった、生きるために大事なことが詰まっている映画なのだと。

いやー・・・上手に伝えるボキャブラリーと根気がなくてごめんなさい。
直志さんは震災から1週間で、もう自分とこの畑は使えないと思い、知り合いの休耕田を借り受ける算段をつけたそうで。
瓦礫の片付けが終わるかおわらないかの内に、蕎麦の種を蒔いたりしていました。

そういえば、語り部さんも、戦争を体験した世代の人たちは逞しかったですよーと仰っていたなあと思い出しました。
あと、土があるってのは大事なことだ、とも思います。
土がないと人間生きていけないよ?
どこもかしこも、こんなにコンクリートとアスファルトで覆っちゃって・・都会は弱いだろうなあーとか考えちゃいました。
もちろん便利なんですけどね。雨が降ってもぬかるまないし。
でも、便利なところと、土や川(土手とかね)を残すところと、賢く使い分けないといけないんじゃないかなあ。

そうそして、農作業をしながら直志さんは、やってもらうばかりじゃ申し訳ないから・・と仰るのでした。

舞台挨拶で、菅野さんが「私たちの復興はもう終わりました」と話されていました。
これからは地域のために働く、と。
もちろん、自分たちの好き勝手にやってんだからそれでいいだろうよ。町を作るとなるとそんな簡単にはいかないんだよ、とイラッとくる人もいるでしょう。
バスツアーの時にお話をしてくださった、米崎町の佐藤一男さんのお話と考え合わせると、「復興」てなんだろうねと思います。
「やってもらうばかりじゃ申し訳ない」って言って、自分で動いてる人の「復興」はもう終わっちゃったという。
この辺についても考えさせられます。

長々と書いておりますが、舞台挨拶で聞いたタイトルについての話に触れて終わりにします。
「先祖になる」という言葉は、作中には出てこなかったと思います。
元になったのは監督でも直志さんでもなく、菅野さんの言葉だったそうです。
菅野さんのお宅は両隣がお寺と神社という高台にあって、先祖代々、山の災害には気をつけろと言い伝えられていたとのこと。
もし津波がうちまでくるようなら、町はもうおしまいだから、と。
でも今回、町が全部飲み込まれるような津波が来てしまった。
だから、自分は山にも海にも気をつけろと後世に言い伝える先祖になるんだ、と監督に話したんだということでした。

あと最後にひとつ。
「ふじきり」という言葉が出てきて印象に残っています。
たぶん「藤切り」です。
山の木のてっぺんに絡まって咲いている藤の花を、あああんなところに・・って眺めていたことを思い出したんです。

気仙町にはケンカ七夕というお祭りがあります。その時に使う山車を毎年作るみたいなのですが、山車に使う木材をくくりつけていくのに、どうやら藤の枝を使うらしいのです。
毎年同じ時期に町の男手を集めて「藤切り」をやるらしく、その様子も映画の中で見られます。藤の切り方や、また別の場面では、木を切り倒した後に梢を挿し木して神様に感謝するやり方。
そんなことも、代々受け継がれていくことなのだろうと。
震災のあった年のケンカ七夕は、山車が一台だけだったみたいです。一台でも作れたのは奇跡的なことだったのかもしれません。
その、山車が一台だけだったケンカ七夕の最後に、青年団の男性が町内会解散なんてありえない、オレらは諦めたくないんだと言っていて、マツナガ号泣。

大学に入ると同時に故郷を出て、町内会とか青年団とかと無縁の生活を都会で送ってきた私には、正直どうしてそこまでその土地にこだわるのか理解できませんでした。
でもあの場面をみて、浅はかだったなあと思いました。
ああいう繋がりを大事に思う人生もあるんだと。

・・・長かったですね。
もし全部読んで下さった方がいたら、お礼申し上げます。ヒマなの?←失礼な
ついでに映画も観にいってください。
私はもう一回観たいです。
d0139939_21453127.jpg

朝の散歩の時に撮った藤。
[PR]
by matyu_nao | 2013-05-22 21:54 | 日々あれこれ | Comments(0)

2013年5月、陸前高田。その2。

d0139939_1803949.jpg

りんご園にお邪魔した後は、米崎町女性会のアップルガールズさんたちに、「がんづき」作りを教わりました。
d0139939_17160100.jpg

がんづきは蒸しパンみたいなお菓子です。
日本製粉の全国粉料理MAPというステキな代物に説明がのっていました。

以下引用。

ほのかな甘みの元となるのは、黒砂糖や玉砂糖(ハチミツと粗糖を煮詰めてつくる再製糖)。そのために色は茶色っぽくなります。これを「黒がんづき」一方、上白糖(白砂糖)や牛乳を加えて、白く仕上げたものを「白がんづき」と呼びます。
トッピングにするのはクルミや黒ゴマがポピュラーで、まるく蒸された「がんづき」の上にちらばる黒ゴマを、月と雁(かり)の姿になぞらえ「雁月(がんづき)」と呼ぶようになったという風雅な名の由来があるそうです。

引用おわり。というわけで、くるみ。
d0139939_1745141.jpg

d0139939_17443359.jpg

がんづきは蒸し上がるまで20分ほどかかるので、蒸している間にアップルガールズさんご指導の下、踊りました。

ひとつは、やなせたかしさんが作られたという「陸前高田の松の木」
もうひとつは、昔から盆踊りとかで踊られてきたであろう・・なんとか音頭とか、なんとか節とかいうアレ(名前を教えてもらったはずですが・・・面目ない)
その盆踊り的な踊りの時の写真。
d0139939_1821558.jpg

前で踊っていたお母さんの所作がとても美しくて。

きっと、お祭りの時なんかは、婦人会とか町会とかで揃いの浴衣を着て踊ってたんだろうなあ、と想像するとなんともですね・・・。

と踊っている間に蒸し上がりました。
d0139939_175776.jpg

私が入ってたグループは若干トラブル発生で、それもまた楽しかったです。
がんづき名人、トラブル処理中。
d0139939_1852836.jpg

そして、みんなでおやつタイム。
d0139939_17573671.jpg

甘いとしょっぱいの無限ループ。

美味しくおやつタイムを終えて、ホテルに戻ってひとっ風呂浴び、ホテルで夕飯。
夕飯後、米崎小学校仮設住宅自治会長の佐藤さんのお話を聞きました。
佐藤さんの眼差しが印象深かったです。あえて書いちゃいますと、怒りと諦観、静かな暗い目でした(あくまで私の印象で、的外れかもしれませんが)でも話が終わった後の雰囲気とかで、優しい人なんだろうなあと思いました。

地震の予知は出来ません。防災はできないけど、減災はできます。
みなさん、よく使う駅の避難場所は確認していますか?
住んでいる地域の避難場所は確認していますか?
私は常にこのペンライトを持ち歩いています。
地下道などで停電にあって真っ暗になった時、まずどこを照らしますか?
足下じゃなく、上を照らして下さい。周りを明るくして下さい。
そうすると、周りが落ち着きます。
周りがパニックにならなければ、あなたの安全も確保されます。

といったお話をしてくださいました。
あと街作りが進まない理由とか。
ツアー参加者の中にも、ずっと支援を続けている人とかいて、そういう人の行動力(と人なつっこさ)には感心しました。
みんなそれぞれ、何か出来ることはないかなと考えている。
私は写真撮る意外、何か出来ることはないものか・・・・ぬぬーん。

そんな夜でした。爆睡。ボキャブラリーと思考能力の問題でね。諸々すみません・・・。

では2日目のBBQのもようを。
[PR]
by matyu_nao | 2013-05-21 20:04 | 旅ゆけば | Comments(0)

2013年5月、陸前高田。

d0139939_21245445.jpg

岩手県は陸前高田市に行って参りました。
今回は以心伝心バスツアー パン屋さんと行く陸前高田というツアーで行ってきたのでした。
詳しくは上のリンク先を読んで頂ければと(「パンラボ」というブログにとびます)

今回も長いですよー。でも、聞いてきた言葉をできるだけ正確にお伝えしたいです。
私の中で陸前高田ウィークでして、いろいろ入力されててまだアウトプットが追いつけてないんですけども・・。
あったことをなぞるだけでも。とりあえず。

2013年5月10日23時、東京発。
11日7時くらいに陸前高田に到着しました。
宿泊先である大船渡のホテル丸森にて2時間ほど休憩した後、バスに乗り込み語り部さんに市街地(だったところ)を案内して頂きました。
ガイドさんは椿の里・大船渡ガイドの会から来て下さった方でした。
元バスガイドさんだそうで、聞きやすくユーモアを交えてお話しして下さいました。

バスから。窓越しなので変な色ですが。
d0139939_21352330.jpg

d0139939_21353751.jpg

碁石海岸の穴通磯。
d0139939_21385091.jpg

駐車場からこの写真を撮れるスポットまでの遊歩道の脇は、赤松の林でして。例のアレが採れるそうですよ。
松茸は買うものじゃなく、貰うものだと仰っていました。
うちの田舎では、みかんがそれにあたります・・・・。みかん対松茸・・・

バスで案内して頂いたのは9時半から12時くらいまででした。
あっという間だった。
国指定の名勝だったという高田松原があったあたりに、追悼施設が建てられていました。
今年のあたまくらいに出来たみたいですが、ガイドさんは私もはじめて行くんです、と。どうしても行く気になれなかったそうです。
d0139939_21542438.jpg

追悼施設がある辺りから。市民会館だかがあったのだとか。
ちょっと生々しいお話も聞かせて貰いました。

津波が来た時、ガイドさんは職場にいて、地震のあった日は会社の方のところに身を寄せたそうです。たぶん自宅は流されてダメだろうなとは思ったけど、実際見るまで信じられなかった、と。
そして実際見たのは震災から2週間ほどたってからだったそうです。
何一つ見つからなかったと仰っていました。
ご自身も被災された方ですので、時折声がつまったりされるわけで。
それでも話して下さるということの重みを、忘れないようにしないといけません。

んでからお昼ごはん。
お昼ごはんは、広田町のお母さんたちが作って下さっていた茎若芽カレーなどを頂きました!!
d0139939_2224758.jpg

d0139939_223177.jpg

和え物?も。美味しかったです☆☆
d0139939_224366.jpg

そしてなんと!牡蠣までも!!!もちろん地元産です。ありがたい!!!
あとで出てくるアップルガールズメンバーさんの妹さんちが、養殖業を営まれているとか。
d0139939_2244722.jpg


テンションあがったところで折りたたみますか。
[PR]
by matyu_nao | 2013-05-20 22:45 | 旅ゆけば | Comments(0)

いちごが届きました。

d0139939_2131088.jpg

宮城県は亘理町の鈴木観光いちご園さんのいちごが届きました。

農家のこせがれネットワークがやっている「マイファーマー 東日本大震災復興支援プロジェクト」で、2012年の3月頃だったか、いちご苗のオーナー募集があったんです。
それに1口だけ出資したのでした。

オーナーになるといちごを届けてもらえて、いちご狩りのチケットを頂けます。
いちご狩り行きたいんですけどねえ。悩み中。

いちご美味しかったですよー。
ちょうどタイムリーに、日本酒の会という名目の家呑み会みたいなの(笑)にお邪魔する日に届いたので、たくさんの方に食べてもらえました。
順調に再建できてるといいなあ。
d0139939_21133870.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2013-05-13 21:14 | 日々あれこれ | Comments(2)

メイハネ!!

d0139939_2035659.jpg

第二回にひき続き、第三回にもお邪魔してきました!サラーム海上さんの出張メイハネ。
今回は、旬の食材を使った中東料理とかそんなだったかと。

上の写真は「イスラエリーサラダ」だそうです。爽やか。
そしてビーツのサラダ。
d0139939_20748.jpg

にんじんのサラダ。これ美味しかったー☆
d0139939_2075871.jpg

アボカドのホモス。上に乗ってる赤いのはトマトとザクロです。
なんか今回ザクロ多かった。
d0139939_2011353.jpg

鶏レバーのクミン炒め。
d0139939_20113731.jpg

そしてメインがモロヘイヤのシチュー。
d0139939_20122988.jpg

お肉と一緒に。
d0139939_20132159.jpg

ごはんにかけて食べます。
d0139939_20134260.jpg

モロヘイヤのシチューを作ってみたいなあと思いました。
ちなみに一袋(40g?)で二人分できるとのことでした。
モロヘイヤを鰹出汁で伸ばして(フープロとかにかけてね)うどんにかけて食べるといいんじゃないか、とか妄想してます。

デザート。ヨーグルトのパンナコッタ。
d0139939_20192645.jpg

そんなこんなで美味しく頂いて参りました。ごちそうさまでした。
d0139939_20163189.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2013-05-08 20:18 | 食った食った | Comments(4)

いろいろ入ってました。

d0139939_15404181.jpg

ショーマッカーの「オプスト」です。果物という意味だそうです。
いちじく、くるみ、クランベリーが入っているとのこと。
いちじくの種がぷちぷちで、なんだかシリアルを食べているような感じでした。
クランベリーのほのかな甘さと酸っぱさが良いデス。

そしてこちらがアムフルスの「フルヒテブロート」
d0139939_15493586.jpg

これねー。すごいです。
割った時の香りがすごかった。濃厚で。
いちじく、くるみ、あんず、カレンズ、アーモンドが入っているそうです。
カレンズあたりがラム酒漬なのか、それとも生地に直接練り込まれるのか、とってもラムです。ラム!
大人様向けでございます。
あんずの酸っぱさがアクセントになっていて良いデス。
薄くスライスしてワインのお供にどうぞって感じでしょうか。

そういえば、「フルヒテ」も「オプスト」も果物という意味らしいのですが
ドイツ語がわからない私にはどう違うのかがわかりません。
ぬぬぬ。
これはドイツ語も学ばなければいけないのか!?

フランスにパンを食べに行く!の次は、ドイツにパンを食べに行く!ということになりそうです。にゃはは。

というわけで、全貌を見せるとひかれそうでちょっとナンですけど。
d0139939_1558827.jpg

これプラス、クロワッサンとプレッツェルを買っているのは内緒です。

ただいま、ドイツパン天国です。
お昼にせっせと食べてます。充実しております。
[PR]
by matyu_nao | 2013-05-07 08:30 | 愛しのパン | Comments(5)