matyunagニャッシ

<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

イスラエルの Nir Zook 氏

d0139939_18292615.jpg

今週末は日仏学院で美食の祭典とやらが行われております。
それの「イスラエル熟練シェフ ニール・ズークによるプレステージランチ」へと出かけてきました。
d0139939_18313947.jpg

Nir Zook さん。テルアビブで「コルデリア」というお店をやってらっしゃるとのこと。
雑誌フォーブスで、イスラエルで三指に入る最高級店のひとつと評されたそうですよ。

サラーム海上さんのこの本の最後の方にも登場します。私はこの本で知りました!

おいしい中東 オリエントグルメ旅 (双葉文庫)

サラーム海上 / 双葉社


というわけで、アペリティフ。
フレッシュフルーツとペルノーのフローズンカクテル
Cocktails au Pernod et fruits frais glacés
d0139939_18365732.jpg

キレイな色でしょう。アルコール強かったです・・・。
そして会場の食堂に入るとすんごいアニスの香りが。これのせいだったもよう。
d0139939_18431994.jpg

コリアンダーとハチミツのクッキー Biscuits à la coriandre et au miel
は手前のチーズが乗っかってるものです。コリアンダーシードが埋まってた。
串に刺さってるのは、メニューになかったけどおそらく、カダイフとやらにチーズとオリーブが乗っかっているのだと思われます。
d0139939_18463626.jpg


それではここらで折りたたみます。
[PR]
by matyu_nao | 2013-09-28 19:34 | 食った食った | Comments(0)

感覚を研くこと

d0139939_1758587.jpg

お仕事で撮ったやつの趣味カットです。
昨日夕方に煎茶をがぶ飲みしたからか、ぜんっぜん眠れなくて困りました。
カフェインに弱いわけではないハズなんですが・・・

それはどうでもよく。
長風呂のお供に、谷崎潤一郎の『文章読本』を引っ張り出してきて読んでいます。
何年前に買ったんだかさっぱり覚えていませんが、売りもせず持ち続けています。
読んだのなんて1,2回だと思いますけど。

『文章読本』なんてものを書くだけあって、谷崎せんせの文章はいいですね。
するすると流れるようにとても読みやすい。
上田秋成の『雨月物語』「白峰」の書き出しのところが「古典的名文のひとつ」として引用されているのですが、なんとまあ。美しいですのう・・と思いながら読みました。
きっと高校生の時なんて、意味をとるのに必死で、良さなんて感じなかったんだろうと。
年をとったってーことですかー
古典をきちんと読んでみようかしら、と思いました(寝るけどね。たぶんね)

少し前から思うところがあり、もっとわかりやすい文章を書いた方が良いのではないか、とか考えてていたのですが、谷崎センセイはというとですね。
がんがん省略しちまえ。それでこそ日本語だ。的な事を書かれていました。

やっぱりー?そうだよねー!
読んだ人が勝手に補えばいい話じゃーん?みたいな。

でもその後に、名文と悪文は紙一重。
調子こいてると支離滅裂な文章になりますぞ、とも。

・・・きゃー。
支離滅裂とかこころあたりがありすぎる。

それで、名文を感じ取るにはどうすればよろしいかと申しますと「感覚を研け」と。
なにごとも同じであると。

習い始めたばかりの頃は、三味線の調音などできないが、1年もすれば自分で出来るようになるのと同じことである。
名文を暗唱するくらいに読み倒せとのお達しでした。

写真はどうすればよいのでしょうね。
名作をありありと思い描けるようになるまで眺めるのか?
そういえば写真学校で、とりあえず自分の写真を部屋に貼ってひたすら眺めろ、そうすれば足りないものが見えてくるとかいうことを言われたような。そんな気が。しなくもない。

でもワタクシめは、もうそういう時期は過ぎて、それを元に実際に撮ることを通して研いていく段階に入っていると信じたい。いえ。そうでなければ困ります。そうなんです。と言い聞かせる。

おなかがへりました。←こういうところが支離滅裂なんじゃ・・・!!
[PR]
by matyu_nao | 2013-09-24 18:34 | 読んだもの | Comments(0)

ピリ辛豚味噌→昆布の炒り煮

d0139939_20594065.jpg

お仕事のご報告ー。

万能旨味だれできれいになる100レシピ 美腸にいい 酢、オイル、麹・発酵食品がベース

検見崎 聡美 / 世界文化社


撮影させて頂きました!100レシピ!!

18種類のたれ、そのたれを使ったレシピが載っております。
もちろんどれもおいしかったんですけど!
豚味噌おいしかったなあ〜。昆布の炒り煮とか大好きー(渋い)
写真は、ご覧の通りオムライスです。
「チリトマト塩麹」というのを使った大人のオムライス。のアザーカット。かわいーでしょー。
あと、「ピーナッツ味噌」とか「油揚げおかかじょうゆ」とか作りたい。
「ハーブにんにく塩麹」とかもそそるわー。

そんな本です。
なんといっても美腸にいいというのがステキではございませんか。
美腸。だいじ。なりたい。子供の頃から思ってる。

というわけで、どうぞご贔屓に〜☆☆
d0139939_2182522.jpg

鯵生姜味噌→担々麺(てっぺんの赤いのは豆板醤です、念のため)
[PR]
by matyu_nao | 2013-09-17 21:09 | 料理の本 | Comments(0)

むねにてをあててかんがえてみよう

d0139939_19365058.jpg

こないだR25の記事で、なんとか肥満の話を読みました。
筋肉量が少ない人は危険!みたいな記事でした。
筋肉率の出し方が出てたので計算してみたわけさ。してみたさ。

「サルコペニア肥満」でした→こちらの記事。

なんかねー・・・・
で?女性の標準値はどのくらいだったっけ、と確認してからねー
3回計算し直しちゃいましたー 算数苦手だし。

なんでかねー・・・・
女性どころか男性の標準値より高いでやんの。

何かおかしいんじゃないの!?この計算!くっそー
でも冷え性で低体温なのですよ・・・これは筋肉率は関係ないのか?なぜだ?
なんか釈然としない。くっそー
筋肉率が高いのに低体温とか詐欺だ。むうー

しかしながら、パンブログ(「今日もパニャる。」よろしくお願いします☆)を始めてから、やはりパン屋巡りに拍車がかかっておりまして・・・。
今日はですね。ピュイサンスに行ったんです。
あれどこだ。青葉台とか?神奈川のあの辺のケーキ屋さんです。
どれもこれも美味しそうで、いやはや。舞い上がりました。買いすぎました。
買いすぎた=食べすぎる

わたし、小麦粉と砂糖とバターを食べる頻度を減らすだけで、けっこう痩せる気がする。筋肉率高いし。

と、こころから思いました。
間違いない気がする!

でも。
ま、それでも今の水準に保っているだけでも良しとするか。筋肉のおかげだ。

ということにしておきます。
というわけで、写真はピュイサンスのケーキです。ムッシュ・トヨダというケーキだったはずです。おそらく(このいい加減さからして、パニャる。を書く時にどんだけがんばっているか、分かって頂けるかと)
おいしかったー。

すぐり、チョコの板、ピスタチオのクリーム、ミルクチョコのクリーム、酸っぱいクリーム(ジャム?)ピスタチオのビスキュイ(かな?)という組み立てでした。たぶん。
どこかにアーモンド的なカリカリも入ってた。
すぐりは飾りだと思いますが、チョコの板は飾りじゃないです!
これも食感のアクセント。絶妙。

ふふふふふ。デブのもと。
お尻に手を当てて考えた方がいんじゃないか。
[PR]
by matyu_nao | 2013-09-15 20:00 | 甘いものとか | Comments(4)

なんて愛くるしいのだろうか。

d0139939_19435337.jpg

今朝、自転車こぎながらすずめを見て「生まれ変わったら鳥もありだな」と思いました。
自由に空を飛んで、考えるのはだいたいエサのことでしょ。
・・・・あれ。
でも私も考えてるのはだいたいエサ(今日のおひるは何にしようかな〜等)のことだな・・・と思い至るの巻。

太平楽だ。
いま、太平楽じゃなくてもっといい言葉はないかと探していたら面白いサイトを見つけました。
日本語を味わう辞典 フリペディア
能天気の解説も面白い→こちら。
というわけで、着付けだフランス語だ新しいブログだと浮かれてのほほんと生きていますが、先日友人夫妻のお宅へお邪魔してきました(上のはその時に出してもらったお茶とケーキ。かぼちゃプリンタルト。おいしかった)

6月(だったはず)に第一子を出産されたので、赤ちゃんを眺めがてら。
去年とか一昨年あたりから親しい友人に赤ちゃんができはじめ、便利な世の中SNSを通じて成長を眺めています。
かわいいのう・・・と、目尻をさげつつ。いや。マジで。みんなかわいすぎ。

私は遠くからかわいい・・なんだその破壊力。かわいい・・と思ってるだけなのですが、やはり子育ては大変なんでしょうね。
特に今どきのご夫婦は親と同居とかしてない人が多いですからねえ。
ほんと大変そうだなあと思うけど、その分、見てるだけの私の目尻の下がりっぷりよりさらに、ほっぺた落ちそうになるくらいの喜びがあるんだろうなあと想像します。
みんなの子育てがそうであるよう祈ります。
電車の中で泣いている赤ちゃんの泣き声に、微笑むことができる大人が増えるように願います。

あと汚染水がじゃぶじゃぶ海に流れ出ないように。
アンダーコントロールって堂々と言ってのけた人が、ちゃんとほんとにアンダーコントロールにしてくれるようくれぐれも。
あれ本気で言ってんのかな。
信じられると思ってんのかな。素朴に疑問だわ。

話がそれてきたのでこのへんで・・・。
[PR]
by matyu_nao | 2013-09-09 20:19 | 日々あれこれ | Comments(2)

ソジャとノワとボワ。

d0139939_18212399.jpg

『キレイ食 』秋号、発売されています。

キレイ食 秋号 2013年 10月号 [雑誌]

ジョルダン



「朝食がまちどおしくなるパン図鑑」その2では、
中野富士見町にあるブーランジェリールボワを紹介させて頂きました。
今日の写真は、パン図鑑アザーカットというか食べちゃったカットを。
ソジャというパンです。
フランス語で「大豆」

そいでから、ボワはフランス語で「森」
「ル」を付けると名字に出来る(?なる?)からルボワは森さんです。
と、店長の森さんがおっしゃっていました。

で、ノワは「くるみ」
ルボワのノワというパン(呪文のようだ)がおいしいのです。

というのを、例の「今日もパニャる。」でご紹介しております。
(あと、「パン図鑑」の冒頭でも触れております)

さあ!ご覧下さい!!
http://matyupanya.exblog.jp/

ルボワさんは9時開店です。
パンは二人で製造されています。お二人とも早朝からひたすらパンを焼く。
森シェフが休憩にいけるのは17時頃だそうです・・・・
働き者だー。
ほんと。好きじゃないとできないですよね。尊敬。私の睡眠時間を進呈したい。・・ちょっとだけ。


キレイ食は薬膳のレシピが特集されています。なんか体に良さそうです。
私はパン図鑑の他に、キレイ食堂というコーナーで撮影を担当させて頂きました。
こちらも体に良さそうです。
アプリカメラも、さらにもらえる情報が充実してきているようです!

食欲の秋に向けて、どうぞご贔屓に〜☆☆
[PR]
by matyu_nao | 2013-09-04 18:50 | 日々あれこれ | Comments(0)