matyunagニャッシ

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

秋の夜長に異文化について考える。

d0139939_182434.jpg

クリームパンを撮りおえて半分食べてしまいましたの図。

最近、和菓子の話かシャーロックの話かしか書いていない気がしますが、気にせず参りましょう。

So I'm basically filling in for your skull?
お気に入りのワトソンくんのセリフです。
一番最初のお話であるところの「A STUDY IN PINK」より。
このお話がシーズン2までの全6話のうちでいちばん好きかな。うん。

「SHERLOCK」のセリフをせっせと解読していると、推量を表す言葉の多さにうんざりします。話し手がどのくらいの確率でそう思っているかによって、選ぶ言葉が変わってくるわけですよ。覚えられんのじゃ。
しかも助動詞にも副詞にも、推量を表す用法やら意味があって一緒に使ったりするでしょ。
それだけ、自分がどう考えているかを明確に伝える文化なんだろうな、と思ったわけです。

日本語なんて、もうコレ全体的に「かもね〜」て感じですしね。で結局何が言いたかったんですかね?て人いますよねー。あははー。

まだ日本語字幕で見ていた頃に、「Thank you」てワトソンくんが何回か連発するシーンで「ありがとう、すみません」と訳されていたことが面白いなあと思いました。
そして「I'm sorry」って「ごめんなさい」という時と、「残念です」という時にも使うでしょ。同じ言葉で、そのふたつの気持ちを表す文化の人たちと分かり合おうなんて!!
昔の人たちはさぞ大変だっただろうなあと・・。

でもその一方で「more or less」は「多かれ少なかれ」という意味なんですよね。
同じだ!

違う言葉を話す人たちが、世界中に山ほどいるって面白いことだなーと素朴に感心しています。
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-30 18:57 | 日々あれこれ | Comments(0)

和菓子研究所 姫椿

d0139939_17433069.jpg

最近、和菓子の話かシャーロックの話かどちらかになっているような気がしますが、気にせず参りましょう。

ふっくりかわいらしい椿です。
椿は春の季語みたいで、1月から2月頃に作られるとモノの本に書いてありましたが、売られておりました。
東大寺二月堂の修二会で供花として飾られる和紙の椿を模した菓子が、2月から3月頃に奈良で見られるとか。
見たい(食べたい!)

外側は求肥です(たぶん)
求肥は、白玉粉やら餅粉やらに砂糖や水飴を加え加熱しながら練って作られるもの。
砂糖などの量がハンパないというウワサです。
でもそのおかげで固くならないんですって。

中は白あん。手亡(てぼ)と白小豆という表記。
白小豆は稀少なんですってよ!

以上、例の「辞典 和菓子の世界」からお届けいたしました。
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-25 17:54 | 茶道 | Comments(4)

楽しいのデス

d0139939_16532185.jpg

ブログを書こうと思ったのはいいけど写真がなくて引っ張り出してきたすずの木カフェの10月限定デザート。おいしかった・・・・来週あたりまた行かなきゃ。

というわけで、毛布を出したらお布団がぬくぬくでとたんに朝起きられなくなってしまった今日この頃。皆様お変わりありませんか。

「SHERLOCK」英語字幕付きのDVDがやってきてからひと月ほどになりますが、飽きずに毎日毎日見ています。
ハマれるものに出会えるということは、なんて幸運なんだろうと思います。
「SHERLOCK」にハマらなかったら、こんなに真面目に英語を勉強することなんてなかったかもしれません。

まあね。
覚えた単語といえばvictim(被害者)murder(殺人)tetanus(破傷風菌)goodnight,Vienna(リバプールの俗語で「おさらば、ずらかる」的な)どこで使うんだね?て感じのものばかりですが。

シャーロックが大げさな表現が好きだからか、褒め言葉がたくさん出てきます(主にシャーロックが犯罪者を褒める時に使われる、笑)
英語はすごいですね。
greatからはじまりexcellent だ elegant だ brilliant だ novel だ gorgeous に fantastic beautiful あと marvelous amazing それに You're on sparkling form. とも言ってたな。

日本語だと話し言葉で使われる褒め言葉って少ないですよね。
だいたい「かわいい」で終了、みたいな。うぷぷ。

あ、もちろんフランス語もちまちま続けていますよ。
J'adore le pain!
覚えることが多すぎてついていけてない感満載ですが・・・
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-17 17:29 | 日々あれこれ | Comments(0)

和菓子研究所 柿の葉

d0139939_2025343.jpg

柿の葉という銘がついていました。
中は粒あん。

原材料名に生あん、小豆、小麦粉、もち粉とあるので外側のは「こなし」だということでしょうかね。
「こなし」とは「こし餡に小麦粉などを混ぜて蒸し、もみこなして作ることからその名がついたとされる。」だそうです。
よく聞くのは「練り切り」という言葉の方ですが、これは「こし餡に求肥、寒梅粉などのつなぎを加え練り上げて作る。」ものだとか。
食べても違いはよくわからなけど、練り切りの方が柔らかいらしい。

以上はこの本からの引用です。愛用してます。

事典 和菓子の世界

中山 圭子 / 岩波書店


ていうかよく見たらこの本すごい高いな。
よく買ったなこんなもん・・・
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-15 20:18 | 茶道 | Comments(0)

なぜ写真なのかをふり返ってみた。

d0139939_20451166.jpg

どうしてカメラマンになろうと思ったんですか。
たまに訊かれます。
大学を出た年が就職超氷河期で就職先がなかったからちょっとカメラマンにでもなってみっかなと思いまして。と答えます。

でもこないだ見つけた二十歳くらいの時に書いてた日記で
写真家になりたいというのを発見。
あれ!
写真家になりたいと思ってたんだ!?みたいな(笑)

思い起こせば中学生くらいの時。
夕焼けがきれいで残したいなあと、ぼろいコンパクトカメラで撮ったのが最初だった気がします。
ま、その後写真を撮るようになったわけでは全然ないのですが。えへ。

高校3年の時、受験勉強をするのが嫌で写真の専門学校に行くと言ってみました。言ってはみたものの、親にも先生にももちろん反対されるし、佐賀のド田舎から花の都にいきなり出る勇気はなく(福岡とかじゃなくて、行くなら東京だろう!と思っていた)うやむやのまま、結局大学へ。

大学に入った頃には、写真の専門学校に行くとか言ってた思いつきはすっかり忘れていたけれど、同じクラスで仲良くなった二人が写真部に見学に行くというので着いていって、入る気なんてなかったのになんとなく入部。
一緒に入った友達は諸事情により写真部を辞めてしまったのに、なぜか私は辞めなかった。なんで辞めなかったんだろう。

なんでこんな事を書いているかというと、先日の結婚式の折、写真部の先輩から「よく辞めなかったよね」と言われたから。ふと思い出して。

なんだかんだで、テキトーに生きていたらこっちに流れてきたみたい。
という感じでカメラマンをやっています。
でも、好きで、なりたいという気持ちはずっとあったらしいです。
自分でもたまに不思議な気分になるけど(あのド田舎で育った人間がなんでこんなところで機材いじってんだろう・・?と)天職なんじゃないかと思います。

ありがたい。
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-09 20:50 | 写真 | Comments(0)

日奈久温泉お散歩写真

d0139939_14542583.jpg

朝、チェックアウトの前に旅館周辺を歩きました。
d0139939_1554246.jpg

温泉神社なるものがあると教えてもらっていたので行ってみた。
d0139939_14555966.jpg

d0139939_1456827.jpg

温泉神社には石舞台みたいなのがあって、なんの遺跡だ!?と思ったら、相撲観覧席だそうで。おもしろかった。
上下合わせて1時間に2本くらいと思われる肥薩おれんじ鉄道の車両激写。
d0139939_14575863.jpg

日奈久温泉は種田山頭火に所縁があるらしく、このように句が書かれた板がいろんなところにぶら下がっています。
d0139939_1457552.jpg

この句が好きなんです。「分け入っても分け入っても青い山」
しかしながら。
ちょっと調べたら、山頭火が日奈久温泉にいたのは3泊だけだったモヨウ・・・
やるな日奈久温泉。たった3泊でこの押しよう

では、山頭火コレクションを。
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-08 15:08 | 旅ゆけば | Comments(0)

和菓子研究所 亥の子餅

d0139939_21241239.jpg

2013年の陰暦亥の月初亥の日は11月5日のようです。

茶道では、11月(旧暦だと10月)に風炉から炉に替わります。
炉に替わるタイミングを炉開きといいまして「茶道でのお正月のようなもの」なんだそうです。
で、炉開きの時に頂くのが亥の子餅。

主菓子ってどういう種類があるのかしら〜とふと思いまして。
コレクションしてみることにしました。鶴屋吉信で定点観測。
というわけで、亥の子餅からのスタートで。

亥の子餅については、2年前のこのエントリーをご参照下さいませ。
この時の亥の子餅には栗っぽいのが写ってますね。どこで買ったんだろう?
鶴屋吉信のは黒ごまがぽつぽつと。
おいしかったです。しかしひとつ420円。けっこうなお値段ですよね・・・。
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-04 21:41 | 茶道 | Comments(0)

日奈久温泉

d0139939_2024010.jpg

以前、この旅館の前まで連れてきてもらったことがあって、ステキな建物だ泊まってみたいと思っていました。
日奈久温泉は肥薩おれんじ鉄道で八代から10分ほどのところです。
なにやらおれんじ食堂とかいう観光列車を走らせているみたいですね。

泊まったのは「金波楼」築103年になるそうです。丹前がイカす。
d0139939_20362543.jpg

晩ごはんはお魚尽くしでした!!8種類も出た!!太刀魚のしゃぶしゃぶ。
d0139939_20364468.jpg

お造り。
d0139939_20381533.jpg

チヌの塩焼き。その他、カレイの煮付けとイカ湯引き(酢味噌で食べました)など。
d0139939_20401067.jpg

d0139939_204023.jpg

ひとっ風呂浴びて、朝ごはん。
d0139939_2045501.jpg

朝ごはんのあとに建物探検。

ではここらで折りたたみます。
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-03 20:53 | 旅ゆけば | Comments(0)

城下町熊本。

d0139939_2021025.jpg

大学時代の先輩の結婚披露宴に出席するべく、天皇皇后両陛下と同じスケジュールで熊本へと行っておりました。
熊本市内で1泊してから、披露宴は八代にて。
d0139939_2025499.jpg

行きは台風で飛行機が飛ぶかどうか不安だったのですが、天皇陛下のおかげさまで熊本は3日間ともとてもよいお天気でした。
披露宴では、卒業以来十数年ぶりにお会いした先輩も。全然変わっていなくて楽しかった!
部室にいた頃のまま、みたいな。
d0139939_2035135.jpg

古い建物、細い路地。川とお堀、日本一観光客が多いというお城。
城下町のお散歩は楽しいです。熊本の繁華街は活気がありました。
土曜だし、天皇陛下をお迎えしようと人出が多かったというのもあるのかしら。
d0139939_205996.jpg

d0139939_2051860.jpg

なにやら宴会が開かれていました(笑)
d0139939_2053144.jpg

熊本在住元新政府総理大臣、坂口恭平氏のツイートにたまに出てくるケーキ屋さんに行ってみたいと思っていたので、ここぞとばかりに行ってきました!
トーキョーのケーキ屋さんってレベル高いよね〜・・と、以下自粛。
d0139939_20123857.jpg

次回は、日奈久温泉の写真を。大量に。
[PR]
by matyu_nao | 2013-11-01 20:15 | 日々あれこれ | Comments(0)