matyunagニャッシ

<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

明治神宮の森

d0139939_19305355.jpg

アースデイ いのちの森 なるイベントの中で「明治神宮の森を歩く」というのがあったので、参加してきました。
4月20日の話です。

朝の6時20分原宿門集合!!
d0139939_19325180.jpg

4時半に起きたもんね。
一番最初の写真は、森について解説をしつつ引率して下さった、東京農大・上原先生の相棒です。
アイヌの妖精ニングル。
筍かと思いましたけどね。ぱっと見。
d0139939_1936394.jpg

曇りの予報だったのですが、時々陽も差して気持ちが良かったです。
が、めちゃくちゃ寒かった・・・ヒートテックのパンツをはき、マフラー手袋という重装備でした。
4月下旬だというのに。

上原先生のお話はとても興味深く、ひとつのことを突き詰めている方の知識というのはすばらしい、と感心いたしました。

例によって写真がたくさんあるので折りたたみます。
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-28 20:06 | 旅ゆけば | Comments(0)

#SherlockHolmesAlive!

d0139939_19195240.jpg

「SHERLOCK」のシーズン3のDVDを買ってしまいまして。

しょっぱなからシャーロックがちょーかっこよくて、きゃーってなりながら見てました(ていうか見てます。繰り返し。繰り返し。)
3話入っているんですが、英語版なので台詞の解読が追いつかず、まだ1話しか見てません。
いいんです。
ゆっくりじっくり楽しむので。うきゃー☆

えとですね。
面白いかどうかはもはや判断できません。
思い入れが強すぎて。

はわわわわーシャーロックが新しい台詞をしゃべっているよー・・・
はわわわわー

て感じです。はわわわわー

なんか、聞いたことのある台詞が多いのは偶然かな〜(うふふ)
挨拶代わりに使っているのかな〜(うふふ)

というわけで、ここ数日ご機嫌です。

あ、写真はパリ空のフィナンシェです。当然旨いです。
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-24 19:16 | 日々あれこれ | Comments(0)

パン屋さん紹介コーナー新連載。

d0139939_1974939.jpg

苺の季節のおたのしみ☆

というわけで、4月から新しい連載をもたせて頂くことになりました!!!
SUMAUというwebサイトにて!!!

本日第一回目がアップされました。
「SUMAU BAKERY BANK」

4月はSUMAU全体が丸の内特集ということで、丸の内の2軒をご紹介しております。
初回ということで、いろいろ大変でした。
ベテランの編集者さんとご一緒させて頂いているので、何かと勉強になります。

愛を込めてお届けいたしますので、どうぞご贔屓に!

あとですね。
まだ書店にあると思うのですが『なごみ』4月号「しゃざきっさ」の写真も撮らせて頂いております。

なごみ 2014年 04月号 [雑誌]

淡交社


表紙がステキ!!

そしてから、もうすぐ出る5月号の「しゃざきっさ」もよろしくお願いいたします。
かっこいい写真がありますので!

以上、宣伝でした。
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-23 19:16 | 愛しのパン | Comments(0)

和菓子研究所 春の風

d0139939_1842513.jpg

蝶々です。てふてふ。
光が溢れる長閑な草原・・・が恋しいお天気が続いています。お江戸。

『辞典 和菓子の世界』「蝶」のところで、西行のうたが引用されていましたよ。

ませに咲く花にむつれて飛ぶてふの羨ましくもはかなかりけり


正岡子規の句にもなんかあるかなあと調べたら、たくさんありました。

蝶飛んでゆすらの花のこぼれけり

とかいいなあ、と。明治33年に詠んだもののようです。
これには蝶の焼き印?がありますが、全体で蝶を象る意匠もあるようです。
来年は見つけられるだろうか。
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-21 18:28 | 茶道 | Comments(0)

和菓子研究所 春の水

d0139939_20462414.jpg

桜と春。これでもか、というほど出てきますな。

桜新町の八重桜が満開です。お天気にも恵まれ長持ちしています。
プチ情報としては、サザエさんカフェとやらが19日に開店するようです。
工事の様子からして「サザエさん焼き」が名物になるモヨウ。

脱線しておりますが、この糸状のってどうやって作るんでしょうね。
ところてん方式?
きんとんは、ふるいのようなものに通してあの状態にしますよね。
玉子の黄身のと一緒。あれ。玉子のなんだっけ。
ミモザサラダのあれみたいな(グダグダである)

どうやったらこの状態になるんでしょうか。
ちなみに「猩々餅」というものがあって、能とかに出てくるあの幻獣を象ったものなんですが、同じような作りみたいです(桜はナシね)
見てみたい!

というわけで、もうそろそろ桜も終わりでしょうか。柏餅食べたいな。
・・・それにしても、水色とピンクってポップな色合いですね。
初音ミクとかなんかのキャラクターを思い浮かべてしまいます。
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-16 21:02 | 茶道 | Comments(0)

第一段階ひとまず終了。

d0139939_20562677.jpg

ガーベラは長持ちしますね。
ひと月くらい愛でておりました。

さてさてさて。
ちょっと前にTOEICでも受けようかなとつぶやきましたが、受けました。
受けてきましたよー。渋谷の國學院大學で。
立派な校舎でした。
集中力がもたなかった・・・後半「おなかへったな」とか考えていました。
リーディングセクションが全然できていない自信があります!

そのうちTOEICまでの道のりをまとめてみたいと思います。

母語とは違う言葉を学ぶというのは大変興味深いものですね。

最近おもしろいなと思ったのが
「after you」は「お先にどうぞ」と対応するらしいということ。
after you の主体はそれを発言する人ですね。
お先にどうぞ、の主体は相手です。

動作の主体をどこにもっていくかも、お国柄があるのだなあと。
言葉はおもしろい。

というわけで『SHERLOCK』関連のインタビューなどの動画を理解できるようになりたい!→何が足りないのか?→おそらく語彙力→どうすれば語彙力が付くか?→強制的に勉強せねば→目標がいるな→TOEICでも受けてみるか→勉強したらけっこう聞き取れるようになった→ひとまず目標達成。

あとはここから劣化しないように気をつけつつ語彙力増強に努めます。

そんなこんなで、明日からはフランス語です!!!!
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-13 21:08 | 日々あれこれ | Comments(0)

和菓子研究所 春の風

d0139939_2072398.jpg

ハイ!これは何を象ったものでしょうか。

すごいね〜と感心するほど鮮やかな色で。
これ某合衆国なんかのお菓子をなんだかんだ言える立場じゃないねーみたいな。

というわけで、チューリップだそうです。
言われてみたら、上の絞られ加減とかが納得の形。
葉っぱをイメージしたんだろうな、という一筋のみどりもステキです。

モダンな意匠もいいものですね。
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-09 05:07 | 茶道 | Comments(0)

天かすフライ

d0139939_17175389.jpg

お仕事をさせて頂いた本が出ています。↑その写真。

syunkonカフェごはん 4 (e-MOOK)

山本 ゆり / 宝島社


大大大大人気シリーズ4冊目です。
主に大きい写真を撮らせてもらってて、山本さんのと混ざっています。

ちょうど上のプリントを作っている時に、山本さんとメールでやりとりをしていたので、こんな感じでやってますよーと画像を送るべくiPhoneで撮りました。

4冊目も相変わらずの文字量で読みごたえがあります。
名物ドラマ仕立てレシピも健在で「天かすフライ」もそのうちのひとつです。
天かすを・・揚げるのか!?とよく読んだら、鶏肉に天かすをまぶして衣にして揚げるみたいです(これは撮っていないので試食していません)
ま、揚げるのには違いありませんが、天かすだけを二度揚げするわけではないということに安心しました。
お好み焼き作った時に余ったら、これですね。

きっと書店の目立つところに置いてあると思いますので、見かけたらお手にとって頂ければと。面白いですよ。
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-08 08:15 | 料理の本 | Comments(0)

和菓子研究所 都の春

d0139939_17115592.jpg

春ですねー
って言ってる間に桜が散ってしまう!

緑の部分は柳をイメージしての色だそうです。
八重桜が満開になったら、そろそろ新緑の季節ですねー。
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-07 17:13 | 茶道 | Comments(0)

和菓子研究所 桜餅

d0139939_1949138.jpg

花散らしの雨が一日降り続いております。東京。

桜の季節になりましたねえ=桜餅の季節
ところで、桜餅は享保二年に初めて作られたそうで、元祖のお店がちゃんと営業なう。なんだそうです。

長命寺桜もち
サイトの一番下にあるコピーライトの表記が「1717-」となっているところが、なんか不思議。すごいですね。
錦絵にもよく描かれていたそうで、それと同じように竹籠で買うこともできるんだとか。
今度スカイツリーとセットで行ってこよう。300年の時を経て(←なに?)

江戸で流行した桜餅は、全国に広がり関西では道明寺粉で作られるようになりました。
道明寺粉は、餅米を蒸して乾燥させて挽いたもの。
写真は例によって鶴屋吉信さんで購入したものゆえ、道明寺粉で作られたものです。

ちなみに桜餅の桜の葉っぱは大島桜の葉です。
「長命寺桜もち」では西伊豆、松崎産のものだそうです。
桜の葉を塩漬けにしようとか、よく考えましたよね。
まあ若い葉っぱは柔らかくておいしそうではありますが。

私は九州育ちで、桜餅と言えば道明寺のやつでした。
関東以北では小麦粉のやつの方が優勢なのでしょうかね?

んでから、桜餅は懐紙じゃないような気がする・・と、今回は吹き漆のお皿に乗っけてみました。栗の木を使った栗の形のお皿なのです。うふふふふ。
[PR]
by matyu_nao | 2014-04-03 20:03 | 茶道 | Comments(0)