matyunagニャッシ

<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏のおわり

d0139939_20173926.jpg
欲しいなあと思っているカメラ(コンデジ)が毎日ちょっとずつ値下がりしてます。
買い時がわからない。
d0139939_20173049.jpg
西郷山公園の八重桜。
光がキラキラしていました。
d0139939_20172189.jpg
TVerというサイトを知ってから、連ドラを見るようになったんですが
「ハロー張りネズミ」がおもしろいです。
これはちゃんとじっくり見たいやつ。

「愛してたって、秘密はある。」が意外とおもしろい。
ごはん食べながら見るのに良いです。

「ごめん、愛してる」はツッコミどころが多すぎて・・・・
でもちょいちょい挟まれる美男美女の胸キュンシーンのために
片手間に見ています(笑)
そうかあ。律の心臓はサトルに行くのか(今ちょうど片手間に見ている)

というわけで・・・・は。やばい!!
8月終わるじゃん!!!








[PR]
by matyu_nao | 2017-08-31 20:30 | 日々あれこれ | Comments(0)

Twilight in the .......

d0139939_17183502.jpg
撮影のあれこれで、とても立派な出汁用トビウオをいただきまして。
アゴ出汁を取ってみたの巻。
贅沢でしたーおいしかったー。

というわけで、9月に中国東北部へ行く予定です。
いわゆる「旧満州」あたりに。
方々からの渋すぎるというお声もなんのその。

そんなわけで、せっせと知識を詰め込んでおるわけですが(すぐ忘れるけど)
映画「ラストエンペラー」を見ましたヨ。
ジョン・ローンがかっこよかったヨ。
セリフが英語だったからちょっとびっくりしたヨ。
中国(香港があったからか?)の俳優さんの英語力はすごいですね。

長かったー。でもおもしろかったー。
なんかすごいよね。中国。
この映画で素朴にすごいな、と思ったのが
紫禁城が思いっきり映画の舞台として使われていることです。
日本で考えると皇居で映画撮ったってことですよね。京都御所くらいか?
それを思うと、中国って激動だったんだなあなどと。

それで映画の中で「Twilight in the Forbidden City」という分厚い本が出てくるんですが
それの翻訳版「紫禁城の黄昏」もちょっと前から読んでました。
これがまたおもしろくないんだ(笑)
なんかいかにも翻訳って感じの文章でねえ。やたら長くてねえ。

監修者まえがきってところで「ラストエンペラー」の中で
「特に印象的なのは、黒い衣服を着ていつも少年皇帝の側に仕えているイギリス人であった。」
という箇所がありました。
これが「Twilight in the Forbidden City」の著者なんですけど
このようなさらっとした触れ方だったから、ちょろっと出てくるのかなーと思ってたら
ガッツリ重要な役割でしたヨ。おいおい。
黒い衣服とかあんまり着てなかったし・・・・。

いやしかし。
中国ってすごいなあ。
「ラストエンペラー」は衣装とか髪型とかもとても興味深かったです。

「皇帝」だったのに収監された挙句
一般人になるとかどんだけ壮絶な人生なんだ。
(なんてどうしようもない感想なんだ)






[PR]
by matyu_nao | 2017-08-26 17:44 | 読んだもの | Comments(0)

ことばっておもしろいねの巻

d0139939_20412634.jpg
あいかわらず写真と本文は全く関係がないです。ディルときゅうりのサンドイッチ。

『キメラ 満洲国の肖像』(山室信一)というのを読んでいます。

キメラ 満洲国の肖像 [増補版] (中公新書)

山室信一/中央公論新社

undefined


68ページにですね
「満州事変のある時期に軍部が政府を引きずったように見えたのは、
その実輿論が政府よりも却って軍部を支持したからに外ならぬ。」

という一節がありまして、これは1931年刊行の橘樸編『満洲と日本』からの引用です。

ここで「輿論」という文字が引っかかりまして。
あれ。これ「よろん」って読むのかな?
でも世論は「せろん」って読むでしょ?
輿は「せ」とは読まないような気がするけど、あれ・・これ一体どうなってんだ?
と思ったのでしたー。

で、ちょっとグーグルせんせーに聞いてみたら
こんなサイトが出てきたヨ。

(慶應MCC 夕学リフレクションとかいうところのブログです)

もともと、輿論(よろん)と世論(せろん)は違う言葉だったそうで!
わりとよく知られた話のようでお恥ずかしいですが。

上のサイトによると
「「輿論」は正確な知識・情報をもとにして、議論と吟味を経て練り上げられるべきものに対して、
「世論」はたぶんに情緒的な感覚、日本語でいえば「空気」のようなものである。」

だそうです。

おもしろいなあと思ったところは
「明治の知識人や新聞は、両者を的確に使い分けていた」というところでした。

「明治の」っていうことは、冒頭で引用した文章は昭和初期のものなので、そこで使われた「輿論」という言葉は今でいうところの「世論」のニュアンスを持った言葉だった可能性が高いということですよね。
文章の内容的にも、どうも情緒的な雰囲気が漂っていますし。

うむむー。
勉強になりますなあ。
そしてこいういう、しっかりした学者さんの書かれた本は
文章もしっかりしていて良いなあとか思いながら読んでます。

輿論と世論が違う言葉なのだと知るだけでも
社会に対する姿勢がちょっと変わってくる気がします。

ことばっておもしろいね!!





[PR]
by matyu_nao | 2017-08-07 12:14 | 読んだもの | Comments(0)

運は良いということにしておこうではないか

d0139939_17054991.jpg
季節外れでスミマセン。そら豆。

まあそれは置いといてですね!!
去年の夏から出費がすごいという話の続きですよ。

2月の愛車ドナドナで終了ではありませんでした・・・・(泣)
ここへきて、主力レンズ故障で修理。
車のタイヤに釘が刺さっていることが発覚からのすべてのタイヤ交換。

が追加されました。あうう・・・。
でもこれもまたタイヤはもう交換時期だったので
ディーラーに言われるままに交換するより、割安だったし
なんか知らないけどカーズ(アニメ)の風呂桶とかもらったし(いらないけど)
たまたまキャンペーン期間中だったらしく安くもなったし
結果オーライということにしておきます。ううう。

それに突然動かなくなりやがったレンズですが
仕事中ではなかったので不幸中の幸いでした。ううう。

ああ。
生きていくってたいへんね。
今年はアパートの更新料も発生するわよ。
トレーラーハウスとかに住みたい・・・・。






[PR]
by matyu_nao | 2017-08-05 17:17 | 日々あれこれ | Comments(0)

日いちにちとは

d0139939_1845371.jpg

衝動買いした使いにくいレンズをつけてちょっと外に出る機会がありまして。
その時撮ったネコ。
やっぱこのレンズ良いなあと思いました。

タイトルはたぶん江國香織の「ホリーガーデン」で
かほちゃんが引用していた詩の一部です。

朝起きてしばらくぼんやりして、ラジオハングル講座を聞き
朝ごはんの写真を撮って食べて写真をインスタにあげて
インスタとかツイッターとかをぼんやり眺め
なんだかんだしていたらすぐにお昼になり
お昼ごはんを食べて片付けて、しばらくぼんやりして
何かしら仕事や用事を済ませたり
やることがなければ本を読んだり(昼寝したり)
そうこうしていたらもうあっという間に夕方になっていて
晩ごはんを作って食べて、しばらくぼんやりして
お風呂に入ったらもう一日は終わりで
ぼうっとしてたら一日が終わっていてびっくりする。

こんなんで生きていけてほんと極楽だなと思います。

もうちょっと働きたいなあとも思いますが。ははは。







[PR]
by matyu_nao | 2017-08-01 18:14 | 日々あれこれ | Comments(0)