matyunagニャッシ

パリ日誌2014 5日目・ちょっと休憩

なにはともあれパン屋。
d0139939_17544551.jpg

5日目、まず行ったのはL'Autre Boulange お店の雰囲気がステキそうだったので、ゼヒとも行ってみたいと思っておりました。ステキでした。
ウワサのフランはおいしかったです!まろやかで、ぷりんぷりんしてた(上の写真)
d0139939_2327380.jpg

続いてこのクロワッサン。Blé Sucré クロワッサンおいしかったです。
ここんちはコーヒーも売ってくれるからありがたい。
次に行く時は、ベルシーヴィラージュ Bercy Village まで足を伸ばしたいものです。
元気だったら行ったんだけどね。わりとヘロヘロだったもんで。
でも歩く。
マルシェだマルシェだわっしょいわっしょい。
d0139939_1812135.jpg

d0139939_1812924.jpg

ここは、Marché d'Aligre だったはず。
蚤の市もあるみたいでしたが、時間が早すぎたのかまだ閑散としておりました。
そして、「歴史のある長い通り」だという la rue de la Roquette も覗いてみたり。
そうこうしていると、バスティーユ広場 Pl.de la Bastille にたどり着くので、そこからバスで帰ります。
d0139939_1874445.jpg

d0139939_1891382.jpg




d0139939_1811266.jpg

こんなごはんボックスもありましたよ。コンビニ弁当みたいな立ち位置?
(ちなみに Monoprix モノプリとはスーパーマーケットのチェーンです。)
d0139939_18114364.jpg

ここで土産物になりそうなモノを物色してからご帰宅。
この日は近所でブラブラする日。とはいえ、宿がいいところにありましたので、近所も観光スポット目白押しでした。
目白押しはいいんだけど、ここで右足小指限界へ。腫れて爪が内出血の巻。かわいそうに。

小指が痛いのよーと思いつつ、コインランドリーへ。
d0139939_1821935.jpg

友人の教えに従い洗剤は持参していました。
行く前にネットで使い方を下調べもしていたのですが、案の定よくわかんなくてオタオタしておりましたらば、見かねた中国語を話すおじさんが助けてくれました。
何言ってっかはわかんなかったけど、優しいおじさんでした。
宿の近くのコインランドリーですが、この周りには中華料理屋さんが多くて賑わっていました。おいしそうだった。
日本で食べるのとはまた違うんでしょうね。
胃袋には限界があるってのは残念なことであります(こんな事が言ってられるって幸せなことですね)
d0139939_1828643.jpg

洗濯も終え
d0139939_18283735.jpg

乾燥機にもかけ
d0139939_18285616.jpg

ぶどうはこうやってディズプレイするのが一般的(?)なモヨウ。
おなかが減ってきたので、お昼ごはんを食べに。ついにパンじゃないものを!!
d0139939_18301346.jpg

Marché des Enfants Rouges という市場へクスクスを食べに。
d0139939_18335246.jpg

Traiteur Marcocain トレトゥール・マロカンというお店の「シェフのクスクス」
d0139939_18352734.jpg

この店は数年前に買っていた雑誌で発見して行きました。それには12ユーロとでていましたが、14ユーロに値上がりしておりました。
でも、一緒にエビアンの500mlのペットボトルもたのんだんですが、お値段据え置きでした(笑)
ざっくりしてんなー。(飲み物付きだったのか?)
ご覧の通り、モリモリでしたが、おいしくてペロリと平らげましたよ。
一番奥に鶏の手羽元、肉団子、辛いソーセージ、肉のかたまり(たぶん牛)下に煮込んだ野菜が埋まっていて、野菜がおいしかった。
d0139939_1856256.jpg

市場は賑わっておりました。
d0139939_18564423.jpg

ごはんを食べたらちょっとお散歩。
カルナヴァレ美術館 Musée Carnavalet に行ってみることに。近くにある Musée Cognac Jay コニャックジェ美術館も楽しみにしていたんですが、休館中でした。残念。
d0139939_1951716.jpg

変な庭が展開されておった。なぜトマト?
d0139939_196428.jpg

壁紙がかわいいなあとおもったら、ナポレオンさんの胸像でした。
d0139939_1955062.jpg

この絵の遠近感(立体感?)がすごい!と思わず。
d0139939_196698.jpg

カルナヴァレ美術館はおもしろかったです!あいかわらず館内ではほぼ迷子だったけど。

入る時に受付で、若い係員の男の子が持ち物チェックをしていて、私のリュックをちらっとのぞき込んだ後に、ナイフを持ってるかと聞いてきたのがおもしろかったです。
悪意があってナイフを持っている人間が、聞かれて持っていると言うか?
そんな無意味な形式だけの質問を、フランスという国でもやるんだなあ、と興味深かったのでした。

一番気に入った展示。
d0139939_19111914.jpg

SIGN GALLERIES だそうです。
d0139939_1914891.jpg

この展示室にベンチがあって、ああくたびれた・・と休憩していました。
近くに案内のおじさんが座っていて、靴下がお洒落でした。
おじさんの靴下はどんな風に収納されているんだろう。どんな家に住んでるんだろう。
今日の晩ごはんはなんだろう。ここに勤めてどれくらいになるのかな。
とか、とりとめのない妄想をしてみたり。家を見てみたかった(笑)

かわいそうな小指にはなるべく体重をかけないように、これ内もも引き締めにもいいんじゃないの?とか思いながら内側に体重をかけゆっくりお宿へ帰ります。
途中、レンタサイクル velib' に手を出そうかと思いましたが、登録が上手くいかず断念。

この日の晩ごはんは、朝行ったパン屋さんのおいしいパン。それとおいしいバター(安くてビックリ)デザートにショソン・オ・ポム(ブレシュクレの)
足を労りおやすみなさい。
d0139939_19353168.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2014-09-24 18:45 | 旅ゆけば | Comments(2)
Commented by GH at 2014-09-25 06:07 x

Bonjour:-)

ううむ なんて充実した旅なんでしょう。

マイナーどころから 有名店まで ポイントおさえていますね!私の大好きなブーランジュリもたくさん。
そして 生き生きとした写真の数々BRAVO!

ナオコさんの食に対するひた向きさを感じます。

次回のUP楽しみです!

H
Commented by matyu_nao at 2014-09-26 22:48
Hサン
コメントありがとうございます^^
ひたむきさというか・・・ただ食い意地が張ってるだけともいいますね。あは。
語学もひたむきにがむばります!