matyunagニャッシ

パリ日誌2014 7日目・後編、旅って感じ〜

マルシェだマルシェだわっしょいわっしょい。
d0139939_15242089.jpg

マルシェで買ったこのパエリア、今まで食べたパエリアの中で一番おいしかったです。

7日目、15区をウロウロしております。の続き。
次に目指すパン屋は Laurent Duchêne 13区に本店があるのですが、お菓子中心の15区のお店でも似たようなものが買えるとのことで、こちらに来てみました。マカロンとクロワッサン購入。
と同時に、Marché Convention というのにも遭遇できたらいいなと思っておりました。
狭い歩道がぎゅうぎゅう。賑わってましたー。
d0139939_1524225.jpg

d0139939_15182975.jpg

パリのマルシェはほんとに生活の一部って感じなんですね。
どのお店も大忙しです。
ちなみにこの Marché Convention は、メトロの Convention駅近くでした。

で、また自転車を使おうとしたけど、動かしてみたら前輪がパンクしてた・・・・
ええ。後輪しか確認しなかった私が悪いんデス。はい。
通りがかりのおばさんが、同情してしばらく見守っていてくれました。メルシー。
気を取り直して、別の自転車を。
じゃ。チャリチャリっとエッフェル塔のふもとに戻ってお昼としますかー。

パリは街中になぜかメリーゴーランドがあるよね。
d0139939_15285257.jpg





そんなこんなで、自転車でエッフェル塔の近くの駐輪場到着。

スタンドにガチャンと自転車をおさめました。おさめましたよ。
おさめましたが、緑になるはずのランプが赤いまま。
ナゼだ。
おさめたんだから、おさまっているので、いくらガチャガチャ動かそうとしても、全然動きません。外せません。
外せないと、もう一回入れ直すとかもできません。
ランプは赤いまま。
ナゼだ。

・・・・・えー・・・・・
なんでー・・・えー・・・どうすんのこれー・・・えー・・・・・

と、途方に暮れる。
いやほんと、途方に暮れるとはこのことだ。

えー・・・と思いながら、ガチャガチャやってみたり、ボルヌ(登録とかするための機械)に自分の番号を打ってみたり、またガチャガチャやってみたり・・・。
しかしどうにもならず。
また間の悪いことに、エッフェル塔のふもととかだから、観光客しか来ないし、そもそも自転車を借りに来る人があまりいない。
たまにいても救いの手はさしのべられない・・・・(泣)
こういう時に手当たり次第声をかけられる度胸と図々しさがないとね・・・。ダメなのね・・・。

ボルヌに書いてある電話番号に電話してみるも、英語での案内は1を押してっていうから押したら押たで、その後またフランス語の案内が流れて何も言わなくなるから、よくわかんない。
そもそもフランス語なまりの英語聞き取るのムリ(泣)

もう泣こうかな・・・と思いながらお昼もそっちのけで、ネットでちょっと調べてみると、自転車をスタンドに返したはずが返したことになってなかったから、えんえん課金され続け25ユーロくらい取られたというブログの記事などが出てくるの巻。
クレジットカードを登録しないといけないから、こういうことになるのですねー。
こわいですねー。
こわいですねーとか言ってる場合じゃなかったですけどねー。その時は。

3回目くらいに泣こうかな、と思った頃に、日本人観光客がやってきて、大丈夫ですか?と声をかけてくれました。ありがたいー。
いえ、全然大丈夫じゃなくて泣きそうです。
4人組だったかしら、あーだこーだと相談に乗ってくれて、英語を話せるという女性がドイツ人観光客も巻き込んでくれて、あーだこーだとやってはみたものの、やはりどうにもならず。
もう30分くらいここで途方に暮れていると言うと、ドイツ人が「そこのカフェでお茶でもしてたらよかったのに」(英語)て。
ねえ。
そこですぐに「C'est une bonne idée」とか出てくるような人でありたかったです・・・。ムリ。

声をかけてもらえただけでも、ちょっと心が静まりましたが、結局解決策は見つからず。
もうここにいてもどうしようもない、とそこの駐輪場の番号などをメモして、オペラ座辺りの日本の旅行会社がある辺りに行けば、誰か相談に乗ってくれる人もいるかも・・・ああもう最悪だ。なんてこったい・・財布をすられた方がまだ対処のしようがあるよ・・・とか思いながら歩き始めました。

浮かない顔して黙々と(一人だからどんな時も黙々とではありますが←どうでもいい)と15分くらい歩いたでしょうか(もっとあったかも)
とある交差点のベンチに、犬を連れた日本人らしき女性が座っているではないですか。
犬・・・。
犬を連れているってことはあれだ。フランス在住だ。フランス語しゃべれるよね。
あの人に助けを求めてみようか・・・どうしよう・・・しかし!

と一回通り過ぎて信号を渡ろうとしていたのを、引き返して事情を話してみたのでした。
そしたらねー(泣)大当たりでねーめちゃくちゃ親切だったんですよー!
天使かと思った。
わざわざその問題の駐輪場まで行ってくれて、電話して解決して下さいました。
待ち合わせていたお友達を待たせてしまっていたのに。快く。
ありがたかったー。ほんと。ほんとーにありがたかったー。

結局、システムエラーだと。おいコラ。
他のスタンドはまったく問題なかったのに、私がガチャンとはめたスタンドだけ。
そこだけ。大当たり。
やめてー観光客にそんな仕打ちやめてーちゃんとやってーほんと勘弁してー

1時間半ほどの出来事でした。
スリやひったくりにあんなに怯えていたのに、こんなトラブルが待っていようとは。
この話をすると「旅って感じだねー」とか「あるあるそういうこと」とか言われますが、他人事だとあの焦燥感やら心細さはそんな言葉で終わってしまうのですねー(遠い目)

そんなこんなでしたよ。
困っている人(困ってなくても)には親切にしよう。
英語くらいちゃんと話せるようになろう。

と、こころに誓いました。

ミナサマももしパリに行かれることがありましたら
Vélib' は要注意。です。
実際トラブルも多いみたいですので。覚悟してお使い下さい。

ありがとうありがとうを繰り返し、連絡先を交換してからその天使さんと別れ、
はあああああと撮ったエッフェル塔。うん。脱力感が良く出ている。
d0139939_1830039.jpg

本当はこの辺でお昼ごはんを食べ、そのあと16区のパン屋1軒とバルザックの家とやらを訪れようと思っていたのですが、もうギブアップ。
歩きたくない。自転車なんてもってのほか!

というわけで、えっちらおっちらシャンゼリゼ通りまで歩きます(←結局歩いている)
何か飲みたい・・・と、シャンゼリゼ通りのモノプリを目指していたのですが、休みでやんの!
あんな観光地にあるのにちゃんと日曜休むんだ!すごい!エライ!
マジか・・・とスタバの行列に並ぶか、それともポールは席が空いてるか・・・と悩んで、マックに行きました。コーラを一気飲み。
炭酸抜けてたけど、一気飲みにはちょうど良かったもんね。
幾分生き返って、観光客やらでごった返すシャンゼリゼ通りのベンチで休憩。
ここでやっとマカロンが食べられました。

しばらく休憩して、バトビュスの発着所へ。シャンゼリゼからノートルダム大聖堂までぐるりと。
朝は空いていたけど、午後のバトビュスは混んでいましたー。
朝乗った時に撮れなかったから、船上からのエッフェル塔を撮ろうと船の先頭の方に陣取っておりました。
係のおねいさんが、この辺は水がかかることがあるから気をつけて、と教えてくれたけど、まあいっかとそこに居続けていたら本当にザバッときまして。
結構濡れたんですが、もうね。こころの声→いいよこれくらい。さっきのトラブルに比べたらかわいいもんだよ、こんくらいすぐ乾くでしょ。乾燥してんだし。いいよいいよ。どってことないよ。なんでもこいだよ。もう。
で、撮ったエッフェル塔。
d0139939_15573344.jpg

ちょっと気持ち悪かったけど、船を下りる頃(30分後くらい)には乾きました。さすが。
d0139939_15583993.jpg

d0139939_1558507.jpg

ここからバスでご帰宅。脱力しつつメールをチェックしたら、なんと先ほどの天使さんから晩ごはんのお誘いが!
わーい。
とばかりに、お誘いに乗っかりガレット屋さんに連れてって頂きました。
d0139939_1621311.jpg

お酒は好きですが、あんまり飲めないので一人で飲むことはほぼないので、せっかくフランスに来たのに私はこのままワインも飲まずに帰国するのか・・・とちょっと残念に思っていたので、この日おいしいシードルを飲めてたいへん満足いたしました(安上がり)そして写真に写っているのは水だという残念さ。
d0139939_1642291.jpg

定番の具材が乗っかったガレットと、マロンクリームと生クリームが乗ったデザート☆
d0139939_1653622.jpg

この生クリーム(でいいのかしら)ちょっと酸っぱくて爽やかで良かったです。
ちなみに3区にある Crêperie Suzette というお店でした。

はー。そんな盛りだくさんな一日でした。
明日はいよいよご帰国の日ですよー。
[PR]
by matyu_nao | 2014-09-28 20:22 | 旅ゆけば | Comments(4)
Commented by yuca at 2014-09-30 07:16 x
確かに他人事なので「わー大変だ♪大変だ♪」と思ってわくわく読んでた…!そしてその天使、助けてくれたうえにご飯にも誘ってくれるとは、そんな方に旅先で出会えるまつながさんラッキー!
英語は話せると便利だけど、外国旅行に行った時のアドベンチャー感ががくっと落ちる気がします…
もうすぐ旅行記が終わるなんてさみしい。
Commented by matyu_nao at 2014-09-30 21:24
yucaサン
ほんとラッキーだったよー(泣)ありがたかったー。
アドベンチャーねえ。アドベンチャー・・・の代わりにコミュニケーションが生まれるという利点があるではないですか!
また旅行記が書けるようにがんばって働くよ〜☆☆
Commented by Jg at 2014-10-02 12:28 x
しっかり地に足のついた天使です :-)

たぶん悪魔でも 休日の昼下がりあんな不安な様子で歩いてる人をみたら、本職を忘れて 何かしてあげたいと思いますよ。

十数台のスタンドの中で直子さんの選んだ 場所だけ、ほんとに大当たりでしたね〜

それにしても やはり玄人はちがう、
クレープが来て、食べる前に一瞬パシャリ、お料理が覚める前に撮られた写真がこの出来栄え、シェフもにんまりです きっと!
Commented by matyu_nao at 2014-10-04 00:07
天使さん。
そんな不安げでしたか(笑)やだなあ。

パリは何を撮っても絵になる街でした。
ありがとうございます!