matyunagニャッシ

中国東北部、旧満州の旅。最終日午後。

d0139939_19502884.jpg

大連満鉄旧址陳列館です。エントランス。
d0139939_19535067.jpg

2007年に満鉄100周年を記念して修復、解放が行われたそうです。
d0139939_19565787.jpg

なんか大きなホールにあったライト。
この大きなホールではパネルやら満鉄マンホールやらの展示があり、天井以外は撮影禁止でした。
大連の歴史が説明されていたのかな。
ここ専属の日本語ガイドさんが説明してくださったのですが、日本人がこんな悪いことやりましたパネルは説明しないみたいでした・・・。
工事中のところもあり。
d0139939_19592211.jpg

続いて大連賓館(旧ヤマトホテル)へ。
d0139939_2004541.jpg

素敵な建物なのだがこのような店が入っており・・・・看板が。
d0139939_2012010.jpg

ここもエントランスホール以外は撮影禁止でした。
大連に偉い人が来た時に使われる豪華な迎賓館を見学。
溥儀が滞在した部屋(杉原千畝も滞在したとか)で万華鏡とか3重に彫られた白檀とか(今でもしっかり良い香りがした)いろいろ見せてもらいました。
ここも専属日本語ガイドさんがいて、流暢な日本語で楽しく解説してくれました。




d0139939_207462.jpg

そして南山エリアの旧日本人街を散策。
d0139939_2073665.jpg

大連にはいくつか旧日本人街といわれるエリアがあるようで、そのうちのひとつです。
旧満鉄の社員用高級住宅が立ち並んでいたとな。
d0139939_2093888.jpg

一部の貴重な建築物は保存されているけど、その他は老朽化によって手放す人も多く、地方出身者が移り住んできているところも多いそうです。
d0139939_20161454.jpg

d0139939_20112115.jpg

でもさすがに古い街だけあって、街路樹がすごく立派でした。
d0139939_20163222.jpg

さてさて。最後に路面電車に乗りますよー。

「乗り場」的なものはありません。
停車場所もいまいちよくわかりません。時刻表ありません。

電車が来たらこのようなことになりました。
d0139939_20183725.jpg

わー!とみんなが車道に飛び出す。一応信号は赤。
d0139939_2019142.jpg

わー。
たまたまこの時は、別の中国人観光客集団も電車を待っていて、それで乗客が多かったのかと。
私たちは古い車両を待ちました。
が、まさかの反対車線に来た電車に乗ることになり、さらにわー!と車道をダッシュするハメに。
d0139939_2024819.jpg

大連の路面電車はロシア統治時代の1903年から運行されているそうです。
d0139939_20273088.jpg

大連のガイドのいつも不機嫌そうだった何(か)さんは、路面電車は邪魔だから早くなくなればいいというご意見だそうです。地下鉄もあるしね・・・時刻表ないしね・・・。

夕食です!
d0139939_20301574.jpg

この日は最後の晩餐。大連賓館でのディナーですよー。
d0139939_20303828.jpg

d0139939_2034133.jpg

d0139939_2031845.jpg

d0139939_20312753.jpg

d0139939_20313699.jpg

とてもステキな内装の個室だったのですが、照明がね・・・写真向きではなかったヨ。
d0139939_20322441.jpg

d0139939_20324444.jpg

d0139939_20325534.jpg

貝が出てきたのははじめてですね!
d0139939_2033791.jpg

d0139939_20334587.jpg

d0139939_20342081.jpg

d0139939_20343320.jpg

白いのは上手く撮れなかったけど、とてもおいしかったです。たぶん卵白とカニ肉の。
d0139939_20344866.jpg

d0139939_20352626.jpg

締めのお食事にぴったりのおいしさでした。
それまでで一番上品なお味でしたよ。

満足満腹になりホテルへ戻ります。
そして前夜は行けなかった大連港方面の散策へと向かうことに!
大連埠頭には旅客待合所というステキな建物があったらしいのです。こんな。
d0139939_20421544.jpg

丸い形のは古くて、外観は変わっていたようですが、中の通路は「ラストエンペラー」にも出てきたそうな。
でも数年前に取り壊されていたようでした。

行く前に、ないと知れてよかったのですが
まあとりあえず行ってみようぜとまたしても夜の街に繰り出しますよ。
というわけで、その写真などはまた今度。


帰国前日の夕食まで終了。つづく。 
[PR]
by matyu_nao | 2017-10-02 17:50 | 旅ゆけば | Comments(0)