matyunagニャッシ

他に書くことはないのかと

d0139939_17592881.jpg
ショーマッカーのロゲンブロートが大好きなのですが
久しぶりにプレッツェルも買ったから激写してみました。
袋がかわいすぎていつも捨てるのに躊躇します。

他に書くことはないのかと他に書くことはないのかと
他に書くことはないのかと(タイトル入れて4回書いてみた)言われそうですが
「高嶺の花」2話目の石原さとみがすばらしかったですね。

元彼との話し合い?を終えてかわいい緑のワンピースで
自転車屋さんで大立ち回りを演じたところがすばらしすぎて
5回は見ました。
お気に入りは「パンクしてんのか」です。

あの「パンクしてんのか」を喋るラインスタンプを売ってほしい。

今回改めて野島伸司さんという脚本家なんだなあと思い見てましてね。
あの90年代のは見てたけど脚本家が注目される時代でもなかった・・・
ような気もするし私10代だったので・・・。

なんかさ・・・たぶんちょいちょい90年代ですよね?セリフが。
あと若干説教くさいですね?
今のところ一番きついなと思ったのが
宇都宮なんとか会の黒いお兄さんが草食系の若者がどーのこーので
自分はライオンなんだニャとか言ってたところですね。ええ。
たぶん実際の若者はそういう風には思ってないんじゃないのかなあ
おじさんから見た若者像なのではないかなあと感じた上に
ニャって言われて・・・役者の技量もあるかもね、とも思ったけれども
なかなかムズムズしましたね。あのシーン。

でも、3話目で運転手さんが解雇してくださいと言った時に
甘えないでと言わせたのは、おお。そうだよね、と思いました。
それはまさに
コードブルーで灰谷先生が、お前のせいでヘリが落ちたんだと責めて欲しかった
と言った時に白石先生に言って欲しかったセリフなのでした。
あの時のが今週末にスペシャルドラマになりますね。楽しみ。

というわけでドラマブログをお届けしました。
ここ数日は「5→9わたしに恋したお坊さん」を見て
キュンキュンなってました。
20年前に見られていたら、あの石原さとみで
モテ仕草を勉強できていたことだろうと残念です。





[PR]
by matyu_nao | 2018-07-26 19:13 | 日々あれこれ | Comments(0)