人気ブログランキング |

matyunagニャッシ

里芋の煮っころがし

d0139939_1346123.jpg

里芋の煮っころがしとは似ても似つかぬ写真ではございますが。

こんなんでいいのかしら。と思うくらいほげーと暮らしております。
先日の友人の結婚式でのお料理です。
フルコースってヤツでした。もりもり食べてきました。
で、引き出物のバームクーヘンを食べながら書いてます。
で、カタログギフトを頂いたのですが、それで今すんごい悩んでるんですよ。包丁にするかキッチンハサミにするか。はたまたプロダクトデザイナーなんとかさんのコジャレた行平鍋にするか、スタンダードな行平・落とし蓋付きにするか。

散々悩んで包丁(それもヘンケルスのか和包丁か。まだ悩まなければ)か行平・落とし蓋付きのどちらかにしようと絞りつつあります(そんなに悩むことかい?という声も聞こえてこなくもなくはなく)
それでですね。里芋ですよ。

割合で覚える和の基本

村田 吉弘 / 日本放送出版協会


最近、この本にハマっています。
はじめて作ったのが里芋の煮っころがしだったのですが、これがね!!すんごい簡単なのに美味しくできるんですよ。なんで!?
あと、「そぼろいも」とか「鶏肉の照り煮」とか「白菜と豚肉の煮物」とか作ったんですがどれも美味しい。
なんで?

こないだ同じ年の独身女性と話していたのですが、彼女は料理が嫌いなんですと。そりは由々しきことである。なにが嫌なのかと尋ねると「めんどくさい」とな。
めんどくさけりゃやらなきゃいいんだよ、みたいなね。
そんな身もふたもないことは言ってはいけません。せっかくそれでも料理をしようという人なんだから。そうですよ。
それでも料理を(一応)しているあなたはエラい(連休明けに読んでくれるかしら)
そんな彼女にこの本を勧めようというコンタンです。

菊乃井大将・村田先生は(前にも書いたかしら)なんていうか合理的?仰ることにいちいち納得していましたマツナガ。
油揚げの油抜きなんて家庭ではやらなくてよろしい(料理屋でやるのは、あとにお料理が続くからで、たくさん食べられるようにそういう下ごしらえをするのである。とな)レンジやピーラーや、便利なものは便利に使えばよろしい、という方です。
小難しいことをプロと同じようにやれ、というからめんどくさくて敬遠されるのである。そんなことよりまず作らせなくては、と。そして美味しくできれば、私みたいなのが増える訳です。
あれ?なんで?簡単に美味しく出来ちゃったよ。
この本に載ってるの全部作ってみたい!!と。
こうなればしめたものですよ(私はハメられすぎなのかしら・・・笑)

とまあ、そんな本にコラムが載っています。
みりん、酒、出汁、あしらいのこと。それに霜降りと落とし蓋について。
やっとでました落とし蓋。
落とし蓋は大事だよ、って書いてあるんです。アルミホイルとかキッチンペーパーとかでもいいって書いてあるけど、ある程度の重みがあるものの方がいいんだそうです。煮崩れを防ぎつつ、煮汁を全体にまわすため。
そんなこんなで、行平・落とし蓋セットを候補からはずせずにいるわけです。
ま、落とし蓋だけ買えばいいじゃんという話ですが。
私の財布の紐は固いんです!!!

というわけで、今日はひじきの煮付けを作ります。

d0139939_14205359.jpg

                     ラブラブデザート
by matyu_nao | 2009-04-30 14:25 | 料理の本 | Comments(3)
Commented by にむら at 2009-04-30 23:19 x
村田サンは関西の番組でもひっぱりだこであります!
 毒は吐きますけど憎めないんですよね〜
またマツナガさんの村田料理も頂きたいものです。

料理写真もナイスボケ味!自然光…??微妙な感じ
Commented by matyu_nao at 2009-05-01 11:18
正しい毒は吐くべきです!!(笑)
いや・・・にむらさんに食べて頂く勇気はないです・・・。

一番上のは会場の地明かりです。ラブラブデザートはクリップオンを壁にあててみました的な。
Commented at 2009-05-11 09:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。