人気ブログランキング |

matyunagニャッシ

カテゴリ:旅ゆけば( 142 )

二風谷

d0139939_11183726.jpg
なんか最近こういう写真ばっかり撮っている気がしますが(海川湖)

沙流川です。さるがわと読みます。
札幌プチ移住の話をしたらこのサイトを教えてくださった方がいまして→二風谷 匠の道(写真がとてもかっこいい)
二風谷にはぜひとも行ってみたいと思っていました。
そんなわけで、雪が降る前に行っておきたいところリストに入っていたのです。
d0139939_11243252.jpg
これはですね。むかわ町あたりかと。たぶん。
例によって道中パン屋に2軒寄り道しました。
1軒は千歳の住宅街。もう1軒は厚真町の山の中。
厚真町あたりまでは雨だったんですが、午後は晴れでした!

厚真町は2018年の胆振東部地震で大きな被害を受けたところでもあります。
まだ通行止のところも多くて、本来なら厚真町から山の中を通って(たぶん)
二風谷あたりに抜けられるはずなんですが
ぐるぐるした挙句、苫小牧方面に戻ったりしました。
厚真町で訪れたパン屋さんも結構な被害があったそうです。
d0139939_11243498.jpg
札幌を8時過ぎに出て、13時頃二風谷に到着。
普通に(パン屋に寄り道したり道を間違えたりせずに)行けば下道で2時間半ほどだと思います。
上の写真は平取町立二風谷アイヌ文化博物館 の敷地内にあるアイヌのおうちを復元したものです。
d0139939_11243452.jpg
博物館は充実の展示内容でした。
ここんちはサイトもしっかりしていて(ビジュアルも良い)
周辺地域の説明をPDFでダウンロードすることができます。量が多くてまだ読んでないけど。
d0139939_11243451.jpg
d0139939_16050628.jpg
これ祭祀の時とかに使われる冠で「サパンぺ」というそうです。
アイヌの男性が被っている写真は見たことがあったのですが。こんな感じ。いや。この人はアイヌの人じゃないけれども、便宜上。
d0139939_16083513.jpg
おでこのところにあるのが、熊や狐の木彫りだとはじめて知りました。
そして鮭の皮でできた靴!
d0139939_16050614.jpg
d0139939_16050674.jpg
スタイリッシュな博物館でおもしろかったです。
もっと知識を蓄えてから、また行ってみたいと思います。

では折りたたみますが豊かな毛並みの熊など登場します。


お昼ご飯を食べた激渋ドライブインなどもどうぞ。
by matyu_nao | 2019-11-09 10:28 | 旅ゆけば | Comments(2)

支笏湖でカヌー体験など。

d0139939_14071517.jpg
支笏湖へ。10月23日です。
カヌーに乗ってみました!!
d0139939_14055182.jpg
カメラは持って乗らない予定だったのですが(転覆の可能性もなくはないわけで)
ガイドのお兄さんがサラリと大丈夫ですよ、とおっしゃったので
相棒と一緒に乗りました。憧れの舳先が入った写真。
d0139939_14055143.jpg
カヤックに乗っている人たちも。
この日はカヌー体験が2人だけだったので、ガイドのお兄さんと3人で乗りまして
そうなると「僕が漕ぐので写真撮る時間いっぱいあると思います」とのことで。

カヌーは乗り降りする時がちょっと怖かったけど
あとは地味に楽しかったです。気持ちよかったー。
もう10月も後半だし・・・と防寒グッズも揃えて行ったのですが
ポカポカで全然必要ありませんでした。
d0139939_15280786.jpg
紅葉もちょっと盛りを過ぎているけれど美しかった。
冬に向けスワンさんたちが捕獲されていました。

でも、支笏湖は凍らないんだそうです。
なぜなら不純物が少ないから。だとか。
ほんと。とってもきれいな水でした。
d0139939_14134110.jpg
この写真なんかちょっと魚になった気分になりません?私だけ?
いやしかし。
快晴でしたーお空が青い!空を写して湖面も青い!
d0139939_14170982.jpg


千歳川の方にも行ってみたり。
by matyu_nao | 2019-11-05 10:00 | 旅ゆけば | Comments(0)

十勝平野の旅・六花の森

d0139939_13202446.jpg
帯広で行きたかったところその2が、帯広百年記念館です。
明治16年に開拓団体として帯広に入植した晩成社のことや
十勝の野生動物の紹介や農作物について、アイヌ文化についての展示など。
思いのほか充実していました。
パンフレットも裏は英語だったし、音声ガイドも日・英・中・韓の4言語であるらしい。
興味深かった資料をひとつあげておきます(iPhoneで激写、クリックで拡大できます)
d0139939_13313601.jpg
そしてお昼ご飯を調達すべく風土火水という店とくるみのランプという店(もちろんパン屋)へ。
どちらもなかなかステキなお店でした。
d0139939_13202490.jpg
d0139939_13202485.jpg
北海道の夏、ステキです。
というわけで、帯広で行きたかったところその3であるところの
六花の森へと向かいます。
d0139939_13202476.jpg


こぢんまりした良いところでした
by matyu_nao | 2019-09-29 14:19 | 旅ゆけば | Comments(0)

十勝平野の旅・真鍋庭園

d0139939_18215364.jpg
真鍋庭園は8時開園です。早くてありがたい。
d0139939_18215215.jpg
その前に朝ごはんを買ったパン屋さんの近くで撮ったもの。
町中でもひたすら真っ直ぐな道路が見られるでっかいどう。
パン屋さんのお隣にはビート資料館だかがありました。
d0139939_18215294.jpg
それで真鍋庭園ですよ。真鍋庭園。
年間パスポートが激安なんですけど(普通は大人800円→年パス1800円)
d0139939_18215372.jpg
25000坪あるんですって。
写真を撮りながら一番長いとされるお散歩コース(ノウサギコース)を歩いてみました。
たっぷり1時間半。
でも時間が許せばもうちょっといたかった。
そのくらい楽しかったです。
まあ・・・写真を撮らない人もそのくらい楽しいかどうかは謎ですが。
d0139939_18215416.jpg
かわゆい案内板が順路を示してくれます。
リスには遭遇できませんでした。残念。
鯉はいた(日本庭園ゾーンに)
14度の地下水の池だから真冬でも凍らないのだそうです(→鯉も凍らない。ここ大事)
d0139939_18335218.jpg



木の写真がいっぱいありますデス
by matyu_nao | 2019-09-27 10:20 | 旅ゆけば | Comments(0)

十勝平野の旅・豚丼温泉車中泊

d0139939_13404680.jpg
たぶん本別あたりを走っていた頃の夕景じゃなかろうかと。
いま地図を眺めて、阿寒湖と帯広って結構遠いよね・・・と。
いや。
帯広までだとすぐ着いちゃうなって・・・・思って。阿寒湖も足したんですけど。

若干距離感がおかしくなっています。
d0139939_13404063.jpg
これどこだったっけなーどこかの駅前だったと思うんですけど。
この閑散としているのに加えて雪よけで道路が広くてさらに閑散としてる様がたまらん。
d0139939_13404035.jpg
d0139939_13404015.jpg
そんなこんなで、16時頃に阿寒温泉あたりを出まして帯広へ。
途中夕焼けに見とれて道を間違うなど。
ただっ広い平野なもんで夕焼けがいつまでたってもきれいなんですね。
贅沢です。
きっとここで生まれ育った人たちはそれが当たり前だと思ってるんだろうな。

そんなこんなで、18時半頃に帯広着。
滑り込みで豚丼元祖の店「ぱんちょう」にも行けました。
d0139939_13404613.jpg
閉店間際まで満席でした。すごい。おいしかったです。
そして「モール泉」といわれる温泉に浸かるべく朋の湯という銭湯へ。
年代物の銭湯でした。満足。
ローマノ福の湯という銭湯(の名前)にも惹かれたのですがね。

さらに弥生の湯というスーパー銭湯的なところにも行きました。
なぜなら寝支度を整えたかったから。
(→歯を磨いてコンタクトを外すなど。さらにちょっと時間も潰したい。
  ここもモール泉ではないけど、温泉です。いい湯でした。)

今回は車中泊にトライしてみようと思ってたんです。
寒くて無理!とか狭くて無理!てなったらネットカフェで、と計画してました。

車中泊ってさ、朝起きて顔を洗うときどうするの?という素朴な疑問がありましたが
洗面器と、ペットボトルに水道水を詰めたのを持っていけばいいんじゃん?と。
あとまだ9月とはいえ北海道だし、毛布も持参(枕も)
車だと無駄にいろいろ積んでおけてとても良い。
d0139939_13404051.jpg
息抜きに写真を入れてみる。

そして車を停めておけるところをどうやって見つけ出そうか
まあコインパーキングでも一晩800円とかだしいっか
と思っていたのですが、弥生の湯という施設がスーパーなどに隣接しており
その辺に広大な駐車場があったのですよ。
閉店しても駐車場からは締め出されなかったし、もう一台停まったままの車があったので
ここでいけるのでは、とそのまま寝に入ってみました。

うちのかわい子ちゃんの後部座席で毛布をかぶって横になる。
意外と寝られました。
でも季節的にギリギリだったかと。
寒くて寝られないというほどではなかったけど、わりと寒かった。
11度くらいだったのではなかろうかと。

そんななので、車中が曇ってすごかった。
人間って蒸気(?)を出すものなのですねー。
4時頃、用を足しにコンビニに行くとき窓の内側の水滴を拭くのが大変でした。
そうそう。コンビニもすぐ近くにあって大変助かりました。

ちょっとあたりが明るくなってきた頃に後部座席から助手席へと移動。
一応女子なので、あんまり良く見えるところでは寝ない方がいいかと思ったんです。
でも助手席の方が断然寝やすいですね。

というわけで、そんなに楽しいことはなかったけど良い経験になりました。車中泊。
うちの愛車はもうほんとに相棒と呼ぶにふさわしくなってきてます。はい。
相棒が車とカメラってどうなのそれ。

まあそうこうしていたらどんどん明るくなってきまして
スーパーに納品に来たトラックなどを眺めながら歯を磨き
セイコーマートで用を足しつつコーヒーを買いまして
コンビニエンスストアのコンビニエントさに感謝したりなどなど。

で、朝ごはんは7時からやっている麦音というパン屋さんで調達したというわけです。
なかなか充実した一晩でした。ウス。





by matyu_nao | 2019-09-25 10:30 | 旅ゆけば | Comments(0)

十勝平野の旅・阿寒湖

d0139939_12482453.jpg
札幌にプチ移住すると報告した時に帯広のステキスポットを教えてくださった方がいまして
帯広には絶対行こうと思っていました。

それとこの本を見て阿寒湖にも行きたいなと。

上の写真は日勝峠の頂上にあるトンネルを抜けたところにて、です。
一気に視界がひらけて平野があらわれ感激しました。
d0139939_12565725.jpg
朝6時半に家を出て、夕張あたりを通過し
(その昔土産物屋だったらしいところにいたメロン熊。往時が偲ばれだいぶ切ないです。ていうか鼻・・・)

鹿追の花ねこパン屋と士幌のトカトカというパン屋さんに寄り道して、13時頃阿寒湖に到着。
d0139939_13053082.jpg
d0139939_12482488.jpg
遊覧船にも乗りました。
80分ほどかけて阿寒湖をぐるっとまわるんですが
途中で湖の中のチュウルイ島なるとこにあるマリモ展示観察センターに寄り道します。
d0139939_12482597.jpg
d0139939_13052951.jpg


例によって写真が売るほどあるので折りたたみます。
by matyu_nao | 2019-09-23 14:01 | 旅ゆけば | Comments(0)

日本最北端への旅・復路。

d0139939_16293661.jpg
ノシャップ岬です。どんよりっス。

札幌で暮らすようになるまで気づいてなかったのですが
北海道は緯度が高いので夏場の日がとても長いのですよ。
早い時は関東より30分くらい日の出が早いのではないでしょうか(適当発言)
その代わり(?)冬はとても日が短くなるんですと。
d0139939_16293650.jpg
そんなこんなで早起きしたというより寝られなかったので
(稚内ではモシリパというゲストハウスに泊まりました。
お風呂も意外とちゃんとしてて清潔で良い宿だったのですが・・・)
早朝のお散歩。港の方へ。
すぐ近くに北防波堤ドームだかなんだかいうのがありました。
これは海上保安庁だかの巡視船?そんなのでした。
d0139939_18395879.jpg
ハマナスの実。
THE BOOMの曲に「白いハマナス」というのがありまして
この旅のテーマソングのように口ずさんでおりました。
d0139939_18400135.jpg
朝のお散歩を終えたら早々に稚内を後にします。
次なる目的地へ。


音威子府に寄り道して帰ります。
by matyu_nao | 2019-08-29 10:00 | 旅ゆけば | Comments(0)

日本最北端への旅・往路。

d0139939_18234321.jpg
念願叶って日本最北端へと旅して参りました。石狩湾。

3年ほど前に北海道へ旅行した際にも稚内を目指そうとしたのですが
早春だったため断念しておりました。
というわけで、8月の最北端へ!とりあえず海。
d0139939_12340279.jpg
行きはずっと海沿いを走りました。
もちろんパニャりつつ(放置し続けておりましたパンブログも再開しますので!!)
最初の目的地は増毛町のスカンピンというお店です。
これは増毛町の近くで撮ったはず。
前日まで台風で荒れてたそうですが、この日はきれいに青でした。
d0139939_12340212.jpg
ひたすら日本海。これは小平(おびら)町の道の駅のところです。
d0139939_12340259.jpg
ニシン漁の番屋だった建物だそうです。
その昔は大変賑わっていたモヨウ。
春にニシンの群れが来ることを「群来る(くきる)」と言ったんですと。
d0139939_12340389.jpg
牛さんなども眺めつつ、留萌のブランというパン屋さんに寄り
さらに羽幌のタチハラベーカリーという渋めのお店に立ち寄り
d0139939_12340361.jpg
たぶん利尻島。利尻富士ってやつ?
途中で運転に飽きてきて自動車専用道路を通ってしまったのですが
それがおそらく内陸の方を通っていたので
利尻島やらを眺めて海沿いを走るということができませんでした。無念。

そんなわけで稚内到着(7時間ほど運転しました)
d0139939_12340324.jpg


宗谷岬!!!
by matyu_nao | 2019-08-28 18:35 | 旅ゆけば | Comments(2)

北海道開拓の村にて撮影会

d0139939_08244637.jpg
7月のあたまに札幌にお部屋探しに行った時、札幌のヨドバシカメラに偵察に行きました。
写真機材はどのようなものが売られているかなあと。
その時に、8月4日日曜日に北海道開拓の村なるところで撮影会を開催するという張り紙を発見。

このところ人物撮影というものに関心を寄せる身としては
プロカメラマンの先生方が7名もいらっしゃる撮影会に
ををを・・・と興味を示してみました。
何を教えてもらえるのだろうか、と。

加えて北海道開拓の村というのもおもしろそうだった。
しかも参加費が男性4000円なのに女性は2000円。
まあなんてお得。4000円だったら絶対行ってなかった・・・。
d0139939_18052331.jpg
(このようにモデルさんを取り囲んでひたすら撮ります。やっぱりちょっと異様だった・・・)

そんなわけで参加してきました。はじめての撮影会。
札幌でのマツナガのテーマは、東京ではやらないことをやろう、です!

全然知らなかったんですけど、ヨドバシカメラの撮影会には各カメラメーカーがやってきていて
カメラやレンズを貸してくれたり、初心者には使い方を教えてくれたりするんですよ!贅沢!!
なおかつ、開拓の村は入村料が800円もするけど
それも撮影会の参加費に含まれているのですよ。超お得!

でも残念だったのが、楽しみにしていた食堂の「屯田兵定食」がお休みだったこと。
食べたかったー。
仕方ないので「開拓そば」にしてみた。
d0139939_18024833.jpg
開拓そばもおいしかったです。そばがなんかちょっと変わった感じだった。
写真じゃなくて食べ物の話かよ、て感じですが
ちゃんとカメラも借りてみたヨ。
d0139939_18024771.jpg
これは富士フィルムの中判ミラーレスで撮った写真です。おウマさん。
高いだけあって良いカメラでしたー。
はじめて使ったからちょっとストレスもありましたが
帰って見てみたら、きれいに撮れてるねー!て感じでした。
もちろんこのカメラでモデルさんも撮ったんですが、SNSとかには出せないのです。
その代わりコンテストには出します!!いいことあるかな。

その他、モデルそっちのけでちょっと村を散策。
d0139939_18024817.jpg
d0139939_18024878.jpg
突然昭和(大正?)が出現したり。古い農業機械もなかなかイカしていました。
d0139939_18024821.jpg
とっても良いお天気で、日向はちょっとムリ・・・て感じでしたけど
日陰は爽やかで気持ちよかった〜。光もキラキラしてた。
8月に屋外で撮影会をやれるなんて、北海道ならではなのでは・・・などと。
先生方から特に身になることは教えてもらえなかったけど
大変有意義な1日でした。屯田兵定食食べたい!
d0139939_18024960.jpg

by matyu_nao | 2019-08-19 10:00 | 旅ゆけば | Comments(0)

豊平館

d0139939_19382615.jpg
勢い余って怒涛の投稿ラッシュですが
7月あたまに札幌に行った時に中島公園に行ってみました。
そんなわけで豊平館(ほうへいかん)の写真を。
d0139939_19382609.jpg
カーテンの柄も珍しくて貴重なものなんですって。
ステキな建物でした。
d0139939_19382621.jpg
これねー分かりにくいかと思いますが、ぶどうの房がぶら下がってるんですよ!
「こて絵」という伝統技法だそうです。
漆喰を盛り付けて、こてで立体的に仕上げて行くんですと。すげー。
d0139939_19382647.jpg
ステキな照明。
ところどころ赤で塗られている天井中心飾りもありまして印象的でした。
d0139939_19382772.jpg
大正だか昭和だかの頃に寄贈されたという柱時計。
ちょうど小学生の団体様が見学にいらしていました。

階段が美しかったー。
d0139939_19382628.jpg

by matyu_nao | 2019-08-14 07:23 | 旅ゆけば | Comments(0)