matyunagニャッシ

<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

はじめての音声認識

d0139939_17333263.jpg
なんだかんだあーだこーだで河合隼雄「心理療法序説」というのを読みました。
メモっておきたい面白いところがあったのでヒマに任せて。


スポーツにしろ芸術にしろ、「適度」というものがあって、それをピタリときめるのが芸なのだから(以下略、p239)

写真にもあると思う。
料理の盛り付けとか。素材を撮るときのおいしそうな量とか。
こないだの山形での写真講座のとき
梅干しを上手に撮りたいというメーカーの方に
これちょっと盛り過ぎですね・・・おいしそうに見える量ってものがありますので
とお話したのを思い出しました。
そしてこれは師匠の受け売りです。ウス。


神話の分析については他に譲るが、要するに、日本神話の構造の特徴は、中心が無為の神によって占められ、その周囲にいろいろな神がうまく配置されて、均衡を取り合いながら存在しているのである。
中心に全体を統合する原理や力をもった神が存在するのではなく、中心は「無」なのである。
この特徴を明確にするため、キリスト教の唯一の至高至善の神をもつ考えと比較し、それを「中心統合型」と呼ぶのに対して、日本のを「中空均衡型」と呼ぶことにした。
「中心統合型」と「中空均衡型」はまさに一長一短であり、簡単に優劣を判定することはできない。
このようなものの言い方をするところが既に中空均衡的だと言われそうであるが、いずれにしろ、どちらかの観点に立って他方を批判することは容易である。
中空均衡型も大別すると母性原理優位の方に属するが、それなりに父性と母性のバランスをとろうとしたり、全体の構造をある程度もっているところが、母性原理中心とは少しニュアンスが異なっていると考えられる。

中空均衡型の特徴を ー分かり切っているだろうがー 一応を少しあげておく。
中心が空であるため、それは善悪、正邪の判断を相対化する。そのため対立するものでも、全体的平衡を保つ限り共存できるのが特徴的である。
中心統合型では、中心が絶対化され、それと相容れぬものは周辺部に追いやられるか、排除されてしまう。中空型は対立するものが共存できる妙味があるものの、時にそれはどうしようもない悪をかかえこんだり、すべてのことがあいまいになってしまう欠点をもつ。
このようなことは日本人の生き方を見ているとよく感じられることである。

中心が空であるために、一時的にせよそのなかに何かを取り込むことが行われやすい。日本人が仏教、儒教などを取り入れてきたことにそれが示されているが、ただ、それは中心に定着せず徐々に全体のなかに取り込まれて「日本化」し、中心は再び空になる、という傾向をもつ。
あるいは、中心への他からの侵入を避けるために、中心に「無為」の人を長として入れて象徴的に「かついでおく」という形をとるときもある。
このような形を好むときは、有能な人は長にはなれない、というような西洋的に見ると不可解なことが生じたりする。このようなときでも、全体の平衡のためには中心を「空」にして保持することが大切なので、無能な長を守るために多くの人が努力をするときもある。
中空構造について述べると切りがないので、このあたりで切りあげるが、各自は日本の政治、宗教、社会構造などいろいろな点に、この考えがあてはまることを、自ら確かめていただきたい。(p143-p144)


読みやすくするために改行など適宜入れています。
下線部は本では右に点が打ってありました。
いちいち自分で打ち込んだ方が記憶に残りやすくて良いかなあと思ったけど
ちょっと思いついて音声認識を使ってみた!!すごく賢かったデス・・googleサン。

そんなわけで、引用部分最後の方が、もうもろに今のそーり大臣を思い起こさせるな、と。


写真は先日の天王洲アイル。鳥さん。







[PR]
by matyu_nao | 2018-05-30 16:41 | 読んだもの | Comments(0)

苺と小春ちゃん

d0139939_17335500.jpg
うかうかしていたらもう苺の季節はほぼ終わりではないですか!
最近は露地物と思われる小さいのが安く出ていてジャムに・・・と誘惑されそうです。

そんなわけで苺写真を出しときます。苺サンド。

渡海先生の話書いてもいいですか?
ていうか小春ちゃんのかわいさがもうちょっとあざといくらいです。
高階先生の小指を両手で握って「うひっ」て。
40だけどやってもいいかな?今度誰かにやってもいいかな?

そして「小春ちゃん」と呼びかけて君のヒーローは「干されたんだよ」
というときの渡海先生の表情がたまらん。どんだけ性格悪いんだ。
いいわあ。
ああいうふうに生きていけたら良いですね。
なんだかんだ治療に関しては真摯なところがステキなんすよ。

あとですね、ブラックペアン公式サイトの
監修ドクターによる「片っぱしから教えてやるよ」コーナーが良いです。
監修ドクターのキャラが良いです。
他のコーナーは全然更新されないけど、ここだけやたらと充実しています。
d0139939_17335533.jpg
最近めっきりケーキは食べなくなったんですけど(大好きなんですけど)
久しぶりに。前々から行きたかったお店へ。
とってもおいしかったデス。






[PR]
by matyu_nao | 2018-05-27 17:48 | 日々あれこれ | Comments(0)

ハンドメイドアクセサリーの基礎BOOK

d0139939_17085856.jpg
渡海先生について語りたいところですがあの治験コーディネーターさんはちょっとセリフが長くなると途端にアラが出ますね、ということだけにしておきます。

というわけでお仕事のご報告。

上の写真は残念ながら採用されなかったやつです。
手袋がかわいいのでこっそり公開。

私はたくさん撮影させてもらっているにも関わらず
全くアクセサリー作りに興味を示さないので
(というかアクセサリー自体に興味が・・・)
わかんないんですけど、いろんな技法が載っててすごくいい!
とのことでしたよ。
どうぞご贔屓に!







[PR]
by matyu_nao | 2018-05-24 18:11 | 写真 | Comments(0)

ミニチュアフードのアクセサリー

d0139939_17085888.jpg
渡海先生について語りたいのですがたまには仕事の話を。
撮影させていただきました。

表紙は何かと申しますと、なんとピアスセットです。

右耳はおにぎり、左耳はタコさんウインナー的な使い方もできますよ。
年齢制限があるんじゃないか疑惑も若干ありますが(余計なお世話)
年齢制限ない感じのステキアクセサリーもちゃんと載ってますので。
上の写真は、アクセサリーに加工される前のイメージカットです。
(そして本には載ってない私の趣味カットです・・・)

それにしてもちょー細かいんですよ。
撮るの大変だったー(笑)
でもおいしそうなので楽しかったです。
超絶技巧のパン屋さんも載ってますので
お手にとっていただけたらと。

どうぞご贔屓に!!










[PR]
by matyu_nao | 2018-05-21 17:15 | 写真 | Comments(0)

ミスシャーロック第一話の脚本が酷い件(ネタバレあり)

d0139939_14580841.jpg
「ミスシャーロック」というHuluオリジナルのドラマですが
1話目だけ Tver で見られるというので見てみたの巻。

おうおうおう。
なんかどっかで見たようなシーンが多いなオイ。

と思いながら見てたんですが竹内結子さんはたいへんチャーミングでした。
いやね。
もしかしたらBBC「SHERLOCK」のパクリなのではなくて
単純に原作の方にある場面を再現したのかもしれないし。
それでお互いがかぶっているのかもしれないし、と。
判断保留にして原作を読み直したさ!

「ミスシャーロック」1話目は「悪魔の足」というお話を元にしたとのことなので
「悪魔の足」と「緋色の研究」を読み直しました。
25年ぶりくらいに読み返したんじゃなかろうか・・・。

結果発表。
BBC「SHERLOCK」のパクリ部分が目立ちます。

加えて「悪魔の足」のどこを元にした!?というくらいの出来の悪さ。
愛がない。愛が。敬意が。
なんかわりと有名なシャーロック好き(シャーロキアンというらしい)の人が
脚本に加わっているらしいのですが・・・・ほんとにー?(失礼な)

BBC「SHERLOCK」第1話「A STUDY IN PINK」をアホほど見て
(他の話もまんべんなくアホほど見てますが)
英語が聞き取れるようになってしまったアホとしては
(そして小学生の頃の愛読書がホームズシリーズだった身としては)
言いたいことはいろいろあるんですが
一番気に入らなかったのは最後の方ですわ。

あの水川あさみがそれどう考えても即死でしょってやり方で死んだのに
名前を言え!とか言うところ。アホか。
もー
バックにモリアーティがいるとか考えるにはいかにも根拠薄弱なのに
もう死んだ人間に名前を吐かせようとする!!!
それはなぜかというとー!!!
BBC「SHERLOCK」にそういうシーンがあるからー!!!

なんでそんな劣化コピーみたいなことするかな。

あと最後にお兄ちゃんが事件現場に来ていて・・・というのもパクリです。
原作の「緋色の研究」にも「悪魔の足」にも
マイクロフトは出てませんー。
でもBBC「SHERLOCK」には同じような感じで出てきますー。

2話目以降は面白いかもしれませんけどー知らんけどー
俳優さんたちが良いだけに残念極まりないですねー
イライラするからかわいい写真でバランスを取っておきます。
d0139939_14580717.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2018-05-19 15:21 | 日々あれこれ | Comments(0)

ブラックペアンの日曜日

d0139939_17135797.jpg
本日の庭。
緑が濃くなったな、と思いまして。

「アンナチュラル」後、何を楽しみに生きていけば良いのだろうか・・・・
と思っていましたが「ブラックペアン」の日ですね。日曜日!

1話目から思っていたのですが
「ブラックペアン」の脚本家さんとは若干言葉の感覚が合わないようです。
セリフの言葉選びに違和感を感じることがたまに。
まどろっこしーなあ!などと。

一方で、印象的なシーンはだいたいどうやら二宮氏のアドリブであるようで。
サイトの現場報告にご丁寧にあれはアドリブです
などと書いてあるのですよね。
あとなんかのインタビューで
もっと言葉で攻めたいなと思うことがけっこうあって
ある程度自由にやらせてもらっていいですかとお願いした
的なことを二宮氏が言っておられました。
すごいんだねあの人。

3話目のお気に入りは
「そんなに褒められたら照れちゃうよ」高階先生完敗
のシーンです(この台詞もアドリブですってー)

それといっつも気になるのは
今のところ後始末(?)やってるとこしか見たことのないあの二人のぼんくら外科医が
周りの人に指示をするときだけは声がでかくて偉そう
ってところですね。ナゼそんなに偉そうなんだ。

謙虚に生きようよ。

先日の謎料理。
そういえば「あなたには帰る家がある」も良いですね!
d0139939_17135643.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2018-05-13 17:29 | 日々あれこれ | Comments(0)

シャーロックと渡海先生

d0139939_18051365.jpg
寒いですねートーキョー

季節外れになりつつある写真がたまってきているので
放出しておこうかと。
インスタを眺めていていちごサンドが食べたくなって。
ついでに作ったオープンサンド的な。
かかっているのはカトルフィーユさんちのシュトレンを構成していたところの
ココアシュガーです。
d0139939_18052145.jpg
いつかの世田谷八幡宮。
ここはいつも気持ちが良いです。亀と鴨がいます。
d0139939_18051883.jpg
新緑ってのは美しいものだなあとしみじみ。

ところで「アンナチュラル」に続いて「ブラックペアン」にはまっています。
やるなTBS!!
「ブラックペアン」はなんだか批判も多いようで。
治験コーディネーターとやらが現実からかけ離れすぎている!とか
あんな死ぬだ殺すだいう医者はいない!とか
まあねえ。
実際、渡海先生的な物言いをされたらしい友人もいるので
その人の気持ちを考えるとなんとも言えないところもあるのですが・・・・
まあねえ。
誰もかれも
とにかく分かりやすく優しく当たり障りのないように振舞うことを要求されてしまう世の中なのですかねえ。

わたしはドラマの中でくらい
正直すぎる high-functioning sociopath を支持したいデス。
大好き。
d0139939_18051615.jpg
でもね
寄り添うだ気遣うだ赤ちゃんが大好きだ言ってた
サクラ先生を見て涙したりもするんですよ。念のため。







[PR]
by matyu_nao | 2018-05-09 18:18 | 日々あれこれ | Comments(0)

七味唐がらし

d0139939_2052692.jpg

七味唐辛子をいただきまして!!
d0139939_2054339.jpg

きゅきゅっとコンパクトでステキな包み。
d0139939_2062598.jpg

むいたらさらにステキな袋が出てきたヨ。
d0139939_2065613.jpg

ピリリと辛くて山椒のすこぶるステキな香りがしまして
うどんを作りたくなったの巻でした。
いただきものの牛肉もありましたので西日本的肉うどんを。

あとピーナッツ味噌を豆腐に乗っけてみた。
甘めなので七味唐辛子が激しく合いました。

あとどやって食べようかしらーるるるー








[PR]
by matyu_nao | 2018-05-06 20:09 | 食った食った | Comments(0)