matyunagニャッシ

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

太賀さんについて

d0139939_18214537.jpg
くそ暑いので暑苦しい写真ではじめてみました。茄子のピーナッツ味噌炒め。
「ドラマの感想」とかいうカテゴリ作っちゃおうかな。

「コードブルー」にハマってウカウカして(?)いたら
新しいドラマが始まっているではないですか!

でもコードブルーの話を(熱く)続けます。シーズン2のね5話目ね。

スナックを経営するおばちゃんの息子として出演されてた俳優さんがですね
高校生役でおそらく実際高校生くらいの年なのだろうと思われますが
これがまたすごく良い

上手だなあ。すごいなあ。
もうリアルに内藤芳雄くんにしか見えないわ・・・。
なんて俳優さんだろか、と考えていて
はっ!!!あの人じゃない!?と閃いた。

前に「ゆとりですが何か」をちょっと見たことがあって
それに出てくる「ゆとりモンスター」役で
ものすごい存在感を放っていた俳優さんがいたのですよ。
あの時も、わーすごいなこの人すばらしいなと思って調べて
太賀さんって人なのね、へーへーへーと・・・
で終わってて脳みそのどこかへ仕舞われたままだったのですね。

しかしこの度、呼び戻されました。

印象的ではあったけれど、その後すっかり忘れられていた人が
演技が素晴らしいというのと顔が似ている(10代の頃の顔だ)というので
思い出されたたのですよ。

すごくないですか!?

なんていうかね!
それだけ圧倒的な芝居をするんだというかね。
芝居だけであの時のあの役者と思い出させるとかね!
尊敬するわ。

わたしの記憶に作用してきた
そのやり方というかその才能に感銘を受けたですよ。マジで。
わたしの表現力が残念すぎますが。

しかし「コードブルー」は
ゲストとして出てくる役者さんたちがみんなすばらしくて
日本には良い役者さんがこんなにたくさんいるんだなあと実感できるのも良いのですよ。

そうそう太賀さん演じた芳雄のお母さん役の
キムラ緑子さんもすごーく良かったです。
頭が悪くて人が好いスナックのママにしか見えませんでした。






[PR]
by matyu_nao | 2018-07-14 18:46 | 日々あれこれ | Comments(0)

黒田先生と絹江さん

d0139939_17592856.jpg
また写真と本文は全くもって関係ないのですが
パスタの写真がたまっているのですよ。
6月によく作ってました。はい。

コードブルーの話してもいいですかー毎日見てます。
8月末まで見られるんですよ。イーネ TVer !!

腕を切断してからの黒田先生のセリフが深い。
ぎばちゃんの顔芸なども良すぎ。
わたしは特に「お前たちに出会わなければよかったなあ」というセリフに
大変感銘を受けました。
なんていろんな意味を含んだ言葉だろうか、と。

こいつらがフェローとしてこなければ
自分が腕をなくすことはなかっただろうと
でもこいつらだったから自分は危険を顧みず助けようとしたのだと
そういう運命に対するなんといいますか
複雑な感情を読み取りました。わたし的には。

コードブルーのセリフの良さはですね
わかりやすく陳腐なきれいごとを言わないところだと思います。
黒田先生がソッコー白石に気にするな的なことを言っちゃったら
これもーどこの中学生向けの漫画だ?ということになろうかと。
d0139939_17592872.jpg
あとね、絹江さん!!絹江さん、立派!!!
特別(新春?)編で認知症じゃなくなった絹江さんね。
なにげにパスタ写真を挟んでみました。肉味噌パスタです。

大学に受かって家を出て行ったっきり連絡もよこさない孫に
嬉しかった、それでいいんだよって(泣)
そんなこと言える養育者はそうそういませんよ。
孫が自立したのが嬉しいなどと。
強がりだったとしても立派すぎる。
しかしその絹江さんに育てられたはずの耕作の父が
あのヘタレっぷりだというのはどういうことだ。

そんなこんなでコードブルー世界にどっぷりハマっています。
藤川先生はいい男!






[PR]
by matyu_nao | 2018-07-10 18:19 | 日々あれこれ | Comments(0)

禅とジブリ

d0139939_20294974.jpg
お仕事のご報告。写真と本文は全くもって関係ありません。

禅とジブリ

鈴木敏夫/淡交社

undefined


「なごみ」の連載で写真を撮らせていただいていたものがまとまりましたー。
鈴木敏夫さんと臨済宗のお坊さんたちの対談です。
写真はあんまり多くないのですが
鎌倉の円覚寺の僧房などを撮ったものとか
良寛さんの書を撮ったものとかが多めに使われていて嬉しいです。

カバーもおもしろいな、と。
めくるとどういう状況の写真なのかがわかるので
ちょっと見てみてください(そんなおもしろい状況ではありませんが、笑)

どうぞご贔屓に〜。





[PR]
by matyu_nao | 2018-07-08 20:47 | 写真 | Comments(0)

お菓子のはなし

d0139939_21244749.jpg
snaq.me というのをご存知ですか。

なんかのネット記事で読んでおもしろそうだなと思いまして
それと初回お試しセットが安くなってたのでお試ししてみたの巻。
d0139939_21244742.jpg
こんな感じで送られてきましたヨ。
最初は12種類だったか送られてきまして、それの好き嫌いをお伝えしましたら
その好みの傾向で次回送られてくるお菓子が決まるという寸法です。
d0139939_21244721.jpg
先日お試しじゃないヤツの1回目が送られてきました。
8種で1600円(送料込み・税別)です。
私は月に一回のコースにしています。

ここんちのお菓子のキーワードは「ギルトフリー」だそうです。
罪悪感無く食べられるお菓子ということだとか。
ドライフルーツとかは「有機」と書いてあるし
原材料もとてもシンプルで余計な添加物は使ってない風。
米粉やおからやら体に良さそうな素材のものも多いモヨウ。

それでですね。
一回目を受け取って、うん。もういっかなーと思いました。あはは。

まずですね、私の場合
むしろ無いと食べなくていいのに、あるからつい食べちゃうという
全然ギルトフリーな感じしねーなあ、なんですよねーあれれー。
私の罪悪感はそこに向けられてしまいました。
それとちょっとしたおやつの素材にまでそんなに気を使わなくてもいいかな
という人間でした(そういえば)
それと良いものを使ってあったりパッケージがかわいかったり梱包送料などなど・・・
ちょっと高いかなと。私にとっては(慎ましく生きてます)

おもしろそうかなと思ったのは
自分の好みに合わせて(AI 的なやつが)セレクトしてくれるという点でして
ま、平たく言えば一回目のセレクトがつまんなかったということも
大きいのかもしれませんね。
お試しセットの方が楽しかったよね。
おいしいですけどね。どれも。

おもしろかったけど
私はアルフォートとおさつスナックと雪の宿(ぽたぽた焼きでも可)で十分だな
というレポートでした。

ウス。





[PR]
by matyu_nao | 2018-07-05 21:50 | 甘いものとか | Comments(0)

ダメ人間ですどーもどーも

d0139939_17535474.jpg
なんだなんだもう梅雨明けかーってのは冗談であって
ほんとに明けちゃダメでしょ。
みたいな7月のはじまりですね。
写真はある朝のフライパンです。なんかいいな、と思ったので。

ブログを放置していたのはまあちょっとは働いていたというのもあるのですが
(取材でパンケーキ屋を19軒まわるなど)
主な理由はドラマ「コードブルー」にハマっているからです(現在進行形)
きれいさっぱりダメ人間です。

いやいやいや。
すっかりドラマ感想ブログでありますな。

もうすぐ映画が公開されるんですよね?
それで TVer で全部見られるようになってるんですよ。
まんまと罠にはまったというわけです。
でも映画館にはいきませんよ(そこまで罠にはまるわけにはいかないという意地。謎の)

めっちゃ良いドラマですね!コードブルー!
キャストが華やかなのに地味な人間ドラマだったのが意外でした。
特にシーズン1、2が良い。たぶん脚本家が好き。
なんかね、ここぞというときのセリフが良いんですよ。
「ブラックペアン」と真逆だな、と。

あ、でもブラックペアンの最終回良かったですね!うんうん。

それではコードブルーを通じて世の中の成り立ちを再認識した点について語ります。
美容師さんには、そこか!?とつっこまれたけど。

ヒロインは白石先生(ガッキー)なわけですよ。
白石先生はシーズン1で黒田先生(ぎばちゃん)に救われるのですね。
そして黒田先生は鉄筋?の下敷きになり外科医生命を絶たれます。
ヒロインは救われる(まあ心の傷は大きいですが)

しかしながら緋山先生(戸田恵梨香)は新春スペシャルで
出動先で脱線した電車の上から落ちて大怪我を負うのです。
2番手は救ってもらえないので自ら怪我をしなければならないという。

世の中そういう風にできてるんだろうな、と。
人類普遍の役割ってもんがあるんですね。きっと。異論反論受け付けます。

それでは最後にいつかのパンケーキの写真を。豆腐入り。
コードブルー話はもうちょっと続くと思われます(ヒマ人なのよー)
d0139939_17531562.jpg

[PR]
by matyu_nao | 2018-07-01 18:26 | 日々あれこれ | Comments(0)